青春っぽい

先週の土曜日、10日の夜のこと。

その日は、朝から仕事で。
で、仕事のあとに、友達と会って、飯食って風呂に行く約束してた。
風呂の次はカラオケ? みたいな感じで。

10月のあたまに、その友達のお母さんが亡くなって、僕はお通夜に行かせてもらって。
お通夜の帰りに、僕は実家にちょっと寄って、両親に会ったりしたけど、そのときが、父と会う最後だって・・。

2ヶ月後、今度は、僕の父が亡くなった。
この友達とは、長い付き合いで、同い年で、考えることもよく似てるし、LINEしてても、同時に同じ発言をしたりして、大笑いしたりする。
「でも、こんな、親を亡くすタイミングまで一緒ってすごいよな」、って。
だいぶたったあとで、話したことがあった。

友達と会うのは、10月のお通夜以来。
いろいろ話したいこと、話さなければいけないことが、たくさんあった。

“D”の個室を予約してたんだけど。
料理を注文したあと、とりあえず一度、二人で泣いた。
その10分後には、また、いつものようにバカ笑いしてるんだけど。

たらふく食って、いろいろ話ししまくって。
で、仏生山温泉(ぶっしょうざん おんせん)に移動。
ここでも、お湯の中で話しが止まらない。

お湯につかってて、もう、22時半とかだったかな。
友達が、「今から松山に行く?」って言い出した。
「行く!」って、即答した。

松山って、かなり飛ばして、高速で2時間はかかるところ。
そんな、思いつきで行くところではない。

最近は、寝る時間をおしんで遊ぶなんて、そんなこと、ずっとしてなかった。
夜は、しっかり寝たいもん。

でも、このときは、突然の松山行きに、ワクワクが止まらなかった。
明日とか、相当、体はダメージを受けるんだろうけど、そんなのも、おかまいなしだった。

こんな、1日を1.5日分くらい遊ぶのって、いつ以来だろう。
こんな無理して、バカみたいで、なんか、青春っぽい、って思った。

松山に着いたのは、1時を過ぎてたかな。
僕と友達が好きな店があって、二人で行くのは初めてだし、来月からママが少しお休みをするので、二人であいさつをできてよかった。

さっきまで、仏生山温泉にいたのに、今、松山でお店のカウンターに座っているのが、とても不思議な感覚だった。
相当、眠かったけどね。

帰りの高速は、交代で運転。
朝日に向かって、高松へ向かった。

今年、僕と友達は、40代に突入する。
こんな夜遊びすること、今後もあるかな?
この友達となら、たまにはいいかもしれない。
[PR]
by ishokuju | 2015-01-19 03:46 | あの日 | Comments(0)
<< 「ゴーストライター」、「流星ワゴン」 お金がありすぎて困る >>