人気ブログランキング |

三宅裕司の正体

“高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』”を観て、疑問点があった。
それは、声優クレジットに、三宅裕司の名前があったこと。


映画を観終えて、あらためてポスターを見たとき、あれ? 三宅裕司、誰をやってた? って、なった。
わからない。
連れが、パンフを買ったから、見してもらっても、載ってない。
ほかは、声優陣、写真付きで説明されてるのに....。

なんか、不自然だなあ、って。
気になってた。

そしたら、三宅裕司の正体がわかったよ。
朝の芸能人ニュゥスでやってたの。

声の録音がすべて終わった状態で、画面の絵を描く、という順番らしいんだけどね。
録音後に、おじいさん役の地井武男が亡くなられて。
あとから、修正だか声の追加だかをしたくなったとき、三宅裕司が担当することになったのだと!
そういうことかー!

そりゃあ、名前は出るけど、ひっそりとしていたいよね。

このことを知らずに、映画を観られたことは、幸運だったかもな。
もし、知ってたら....、やっぱ、地井武男のせりふで、気になる箇所を無意識に探してしまったかもしれないもん。

Ah…、でも、ほんと、いい映画だったよ、これ。
ジブリが苦手で、さけてる人も、これなら観られるよ、ほんと。
僕も、まさか、こんな年齢になって、好きなジブリ映画ができると、思ってなかった。
しかも、初めての!
ほんと、自分でも驚きなのだが。
ぶっちゃけ、そのことに、安堵している気持ちが大きいの。
by ishokuju | 2013-12-11 12:55 | テレビや映画、本のこと | Comments(0)
<< 残念/五枚/紅白 神戸の「月夜のタンゴ」 >>