母と京都ふたり旅

僕が小学校の低学年のときだから、もう30年も昔のことだけど。
母と、京都を旅したことがある。

1泊の旅で、京都では、バスツァーにふたりで参加した。
観光地をまわる、いろんな時間設定のコースがあるんだけど、僕はとにかく乗り物酔いがひどい子どもだったから、いちばん短いコースだった。
そのとき、平安神宮とか三十三間堂に初めて行った。

子どもながらに、その旅はとても楽しいものだった。
年齢的に、神社や仏閣を見て感動したりすることはないんだけど、その母とのふたり旅は、とても印象に残ってる。
バスに酔わなくって、安堵したっていうのもあったと思う。
泊まったホテルで、朝、初めておかゆを食べたこととか、平安神宮でお守りを買ったこととか、覚えてる。

6年生のとき、修学旅行でふたたび京都をたずねてるけど、そのときのことは、よく覚えてない。

今回、久しぶりに京都を旅して、平安神宮とか行って、なにか昔のこと、思い出したりするかな、って思ったけど、特に何もなかった。
平安神宮で、昔買ったお守りと同じやつがあるかな、って探したけど、なかった。
変なお守りを買ったんだよね。
ガラスの円柱の筒の中に鈴がついた矢が入ってる、4cmくらいの大きさの....。

両親に、健康だか長生きだかの意味があるお守りを買った。
今度、帰郷したら渡そうっと。
母とは、昔の京都旅行の話をしたいな。
by ishokuju | 2012-11-06 02:10 | あの日 | Comments(0)
<< 再放送 京都慕情までもうすぐ! >>