ザ グローリー ディ -土曜の部-

サンマルクから、また、はがきが来てたので、昨日、哲也クンと食いに行った。



明日が、ヴァレンタインズ ディだからかしら、最後、デザートは、ブラウニーが出てきた。
おいしかった。
ブラウニーって、大好き。


ブラウニーを食べようとする、哲也クンの動きが、一瞬、止まった。
なにかに気づいたみたい。

哲也クンのブラウニーに、毛がはえてる。
まつ毛のような、短い、明らかに人間の毛が、ブラウニーからはえてる。



てゆうか、哲也クン、こういうの、多い。
前も、パパスキャフェに行ったとき、哲也クンのコーヒーの底に、蚊が沈んでた。
沖縄に行ったときも、朝食のごはんの中に、ラップが入ってたり。



なんで、いつも一緒にいて、哲也クンばっかり?! って思うと、おかしくって。
しばらく笑いが止まらなかった。


そんで、ラップが入っていようが、蚊が沈んでいようが、毛がはえていようが、それを残したりせず、ちゃあんと完食しちゃうのが、哲也クンのいいところ、だ。



哲也クンに、貸してってお願いしてたCDを借りた。
『ザ グローリー ディ』。
これを聴きながら、今日は、帰郷してた。
[PR]
by ishokuju | 2010-02-15 02:24 | Comments(0)
<< ザ グローリー ディ -日曜の部- さくらとCD >>