人気ブログランキング |

610円

610円。
安い? 高い?


高松市役所で投票を終え、その後、商店街を少し歩いて。
で、車でブックオフにやってきた。

車に積んだままだった、売るつもりの書籍、金額は610円だった。


小説、映画のパンフ、雑誌、そのようなもの、紙袋3つぶんが。

高校のときに買った小説の初版本『120%coool』『昭和歌謡大全集』『ぼくは勉強ができない』、あと『エクスタシー』、黒木瞳の随筆、映画のパンフは『マディソン郡の橋』『家なき子』『スワロウテイル』『タイタニック』、カヒミ・カリィと為末大がセッションしてる雑誌、まど・みちおを特集した文芸雑誌、和食の作り方の本、あとあと・・・・何があったか忘れた。

ほとんど開かなかった本もあれば、カタミ離さず15年ほど持っていたものも。
思い出の映画のものも。
610円。


僕にとって想いのあるそれらのものも、[ブックオフ的]視点からすれば、そんな値ってことよね。
変に高い値をつけられるより、そんな安い値のほうが、気持ちに踏ん切りがつきますよ。


本を売って、店の外に出たのが16時半とかだったかな。
車に乗って、窓を開けて、そのままエンジンを切った。
あたたかくて、風は涼しくて、シートを倒して・・・・眠りに落ちる。
40分くらい寝たかな、ほんと気持ちよかった。
18時から仕事なのに、寝過ごしそうになるくらい気持ちいい眠りだったわ。

***

市役所なんて入ったの、引越しをしたとき以来、4年ぶり。
数枚、ケータイで写真をとった。
市役所前に公園があるでしょう?
あそこの地下が駐車場なんだけれど、1時間無料になるの。
市役所について、今日、イロイロ思うことがあったんだけれど、また後日書きたいと思います。

バイナラ。
by ishokuju | 2007-04-21 00:00 | 買う/捨てる | Comments(0)
<< ドキドキ! 昭和の日、合コン! 土曜,奄美大島(コウスケ)/日... >>