<   2014年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

そういうことか!!!!

親愛なる野沢直子女史がね、今、帰国というか、来日してるの。
ほんの数日だけ、みたい。
ちなみに、51歳の誕生日を、機内で迎えたらしく。

夏でもないのに....?!
ブログでは、なんか、思わせぶりで。

で、気づいたよ。
もしや、今夜のいいとも! のフィナーレに出るんじゃないのか??!!!
[PR]
by ishokuju | 2014-03-31 11:06 | 興奮/驚き | Comments(0)

アナと雪の女王

今話題の、『アナと雪の女王』?


だったら、今夜、観に行くよ。
楽しみ。
今、港。
高松市に到着するお友達を待ってる。

えっと、これって、ディズニーの映画?
初めてかも。
ディズニーとは、なにかと、縁が、ない。
ディズニーランドもシーも行ったことないしな。



女王、って、前に職場のMacで文字を打とうとしたら、どうしても変換できない。
じょうおう、って打ってた。
じょおう、が一応正しいみたい。
iPhoneだと、じょうおう、でも変換されるけど。
f0207134_18224315.jpg

[PR]
by ishokuju | 2014-03-29 18:18 | テレビや映画、本のこと | Comments(0)

昨日のユーミンライヴのチケット

急な用事、急な体調の悪化とか。
今日、これからコンサートってときなのに、誰にも譲ることができず、チケットをあまらせてしまっている人って、いるみたい。

昨日のユーミンライヴは、そんな人から、チケットを買った。
18時開場、18時半開演の公演。
チケットを入手したの、18時15分くらいの出来事だった。

仕事のあと、会場にかけつけて、当日券の販売がないか、問い合わせた。
でも、昼に電話で聞いたのと同じで、ない、って、はっきりと言われて..。
落胆というか、呆然というか、途方にくれてた。

会場のすぐ前は、海。
岡山の船からの客が右から、高松駅からの客が左から、会場めがけて押し寄せてる。
会場の階段の前で、あたかも誰かと待ち合わせみたく、立ってた。
立ってたからって、なにもアクションを起こすわけでもなく、どうしようもなく、って感じで。

18時になって、開場、人の列が動き出した。
さすがに、もう帰ろう、って思ってた。
こんな気持ちのままじゃ、どこへも行けやしない。
って、これ、ユーミンの歌の歌詞なんだけど....。

そしたらよ。
チケット........(もぞもぞ)、って、話しかけられたの。
中年、てゆか、初老くらいの男性。
え! いまどき、ダフ屋?! って思った。

チケット?
僕なら持ってません、って、はっきり言った。
そしたら、買いませんか、って言われて。

今日、2万くらいなら持ってる。
いくらなんだろう....。
ちらっとチケットを見ると、1階17列!!

そしたら、向こうから、女性も登場。
このふたり、夫婦だった。
はなしを聞いてみると、この夫婦と息子の3人で観るはずだったが、息子さんが腰をいため、椅子にも座れない状態で、みたいなことらしい。
息子さんのチケットを持ったまま、会場に来た、ということみたい。

買います!! って言う自分の声が、うわずっているのが、自分でわかる。
8000円でいいですよ、だって。
えーー!! いんですか??!

開演15分ほど前に、こんな感じで、いきなり、チケット、ゲット。
信じられなくて、宙に浮いているような感覚だった。

(今になって、気になるのが、あの夫婦のお父さんの方、どうして、僕に声をかけたんだろう。
僕が、そんな物欲しそうな顔をしてたのか....。
あるいは、僕が不当なチケットのやりとりをする系の人に見えたってことなのかなぁ....。
まぁ、いいけど。)

席についてみて、あまりに前の席で、びっくり。
しかも、真ん中。
2階席には、悪友のbinoがいる。
さっきまで、会場の前で、話をしてた。
まさか、僕がこんな席に座ることになろうとは....。

僕の横に、さっきの夫婦が座った。
開演まで、おしゃべり。
お父さんの方は、中島みゆきのライヴに、たまにいくけど、ユーミンは初めてらしい。
ユーミンのライヴを観て、卒倒しなければいいけど。
(卒倒はしなかったけど、ライヴ中に、たんがしつこくからんでしまうハプニング、発生。
お母さんの方が、バッグからティシュゥをがさごそ探し出してた。)

てゆか、このご夫婦、ノリがものすごくよくて、かなり面白い人たちだった。
息子さんは、僕と近い年齢じゃないかなぁ。

ライヴがはねたあと、もう一度、お礼を言いたかったのに、ふたりで競うようにトイレに行ってしまって、それきりだった。
[PR]
by ishokuju | 2014-03-28 20:08 | MUSIC | Comments(0)

これから

ユーミンのライヴ、楽しんできまーす!
[PR]
by ishokuju | 2014-03-27 18:20 | MUSIC | Comments(0)

空席、なし?!

さっき、12時半、今夜のユーミンのライヴ会場に電話してみた。
もう、ステージ組んでるころかなー、って。

当日券の発売はない、って言われた。
イベンターさんにも、聞いてみてくれたみたい。

Umm…。
でも、あきらめない。
仕事が終わったら、会場にかけつける。
で、もう一度、聞いてみる。

客席のPA席は、まだ、今、作ってる途中かもしれないし。
席のあき、発生するかもしれないし!

観られますように....!
[PR]
by ishokuju | 2014-03-27 12:42 | ちょっと聞いて | Comments(0)

ユーミン、高松公演

てゆか、明日、高松のユーミン ライヴの日で。
少し前から、この話題になることが多い。
チケット、準備してる友達も多いし。

僕は、チケット、持ってないんだけど。
こしたんたんと、狙っては、いる。
当日券。
どうかなー、あるかなー。

ありますように。
おととしの山下達郎につづき、夢の当日券、その2、なるか?!
[PR]
by ishokuju | 2014-03-26 12:37 | ちょっと聞いて | Comments(0)

あぁ、デイリーヤマザキ

さっき、前を通って気づいた。
セシールのとこのデイリーヤマザキが、つぶれてる!
びっくりした!
(ローカルネタ。)

今回、11年ぶりに引っ越ししたけどさ。
11年前までの5年間、栗林方面に住んでたの。
だから、通勤のとき、自転車でここのデイリーヤマザキの前を通るから、毎日、利用してた。

ちょっと、品ぞろえ、不思議というか。
竹下のブラックモンブランが、なぜだか売られてたり。
なんで?
九州のアイスなのにね。

1998年の春から、仕事始めて、5年間、毎日、利用した。
1999年には、驚きの事件。
この夏、ユーミンの『シャングリラ』という公演が行われたんだけど。
スポンサーが、なぜだかデイリーヤマザキ!
当然、ここのデイリーヤマザキにも、スペイシーなユーミンのポスターが、入り口にはられてた。
あれから、もう15年もたつのかー。

夜勤の帰りに、ちょっと遠回り、安くなったお菓子やパンを、たまに買ってたのに。
あの、黒ぶちめがねの店主は、どうするんだろ。
さよなら、僕のデイリーヤマザキ....。
[PR]
by ishokuju | 2014-03-24 20:11 | 興奮/驚き | Comments(0)

動線がぐちゃぐちゃ

暮らしのなかの動線って、いきなり決まるものではなく、長い時間をかけて、形成されていくものよね。
なんのとどこおりもない、なめらかな動線の暮らしをしていたけれど、それは、昨日で終わった。
今、新居で、立ち止まってばかりの生活をしている。

今朝、起きて。
新居、2度目の朝。

たとえば、寝るときに着ている、よれよれトレーナー。
それを、脱ごうとしたけれど、それをどこに置いたらいいのか、わからない。

そこらへんに脱ぎ捨ててもいいんだけど...、暮らしの堕落とは、そういった、床に落ちた1枚のよれよれトレーナーから始まるのかもしれない。
(てゆか、堕落以前に、荷物もまだ、片付けられていない状態なのだけれども。)

この、よれよれトレーナー、今まで、どこに脱いでたかというと、ベッドの上にポイってしてたんだった。
今度の部屋は、ベッドルームが独立してあって、ポイってわけにもいかない。
着替えたりする場所から、離れているから。

Ah...、生活で、見直さねばならぬ場所、多そう...。
ゆうべ、初めてシャワーを浴びたけど、濡れたタオルのかける場所も、いまいち決定していない感じだしな。
[PR]
by ishokuju | 2014-03-24 12:32 | ちょっと聞いて | Comments(0)

初夜

ゆうべ、初めて、新居で夜を迎えた。
寝具やテレビを、車で運んだ。

テレビをつけると(無事についた)、外国人が歌を歌う番組をしてて。
いきなり、審査員の関根勤の顔のアップだった。
ソングスは矢野顕子だったり、チューボーですよは夏目ちゃんだったり、した。

早い時間にふとんに入った。
ベッドはまだないから、床にエアウィーヴ(airweave)をひいて。
なぜか、無性にさみしい気分になってきたけど、すぐに眠りに落ちた。
[PR]
by ishokuju | 2014-03-24 00:05 | ちょっと聞いて | Comments(0)

もう戻れない

16時、不動産の人と部屋で待ち合わせ。
部屋のチェック。
あちこち見られて、きれいですね、って言われた。
そう言われるのと言われないのとでは、気分がかなりちがうだろうな。
言われて、すごい、うれしかった。
この11年の暮らしを、ほめられた気分。

鍵を渡して、どうもありがとうございました、って言って、部屋を出た。
なにが、ありがとうなんだかわからないけど、とりあえず言葉にした。

うわー、もうこの部屋に入ることがないんだ、って。
急にさみしくなってきたけど、もう引き返せない。

今、新居でいるけど、なんだか、くつろげない。
窓から、大池の周りを走ったり、散歩している人が見える。
ほんとは、部屋の片付けをせねば、なんだけど、なんだか、気持ちも落ち着かないし、ちょっとジョギングしてこよっと。
[PR]
by ishokuju | 2014-03-23 16:40 | こんな週末 | Comments(0)