<   2013年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

スタンバイ完了

今?

もう、お菓子とか飲み物とか準備して、スタンバイしてる。
シャワーも浴びてるし。

あと50分ほどで、紅白、始まるよ!
Ah…、楽しみ!

さっき、軽く、新宿を散策した。
今年、最後の食事をすませたり。
伊勢丹(いせたん)で、おしゃれなかばんを見つけたよ。
あさって、買いにいこうかな、品番とか、ひかえてもらった。

大瀧詠一氏、死去のニュゥスに驚き。
[PR]
by ishokuju | 2013-12-31 18:26 | 興奮/驚き | Comments(0)

Viva! 藤澤眼鏡店!

僕が、コンタクトをはずしてるときに愛用しているめがねは、藤澤眼鏡店で、7年前に買ったものだ。
部屋でいるときは、いつもかけてるし、外ででも、たまにかけてる。
つるの内側に、藤澤眼鏡店、の名前が入っているんだぜ。

こないだ、僕の不注意で、机から落としちまって。
つる、片方、はずれちまった。
ねじとか、どこかにいってしまって。

昨日、藤澤眼鏡店に行って、修理をお願いした。
時間がかかるのかと思ったら、5分で終了。
しかも、お金を払おうとしたら、無料だった!
Wow!

数カ月前、藤澤眼鏡店から、はがきが来てた。
めがねを買って、7年たちましたが、具合はどうですか、的な。
そしたら、今回の、めがねの故障。
購入7年は、めがねの厄年?!
エクスキューズ?!

7年前はね、大失恋をして、やけを起こし。
大散財した。
しゃにむに。

このめがねも、そのなかのひとつ。
そのとき買ったもので、今、まだ持ってるものは少ないし、そういう精神状態で買ったものって、結局、持ってて、自分にとって運気がよくないような気がする。

唯一、このめがねだけは、いい買い物だったようだ!
[PR]
by ishokuju | 2013-12-30 17:39 | ちょっと聞いて | Comments(0)

年賀状より速く

昨日、商店街を歩いてたら、愛媛県のお友達とばったり遭遇。
びっくり。
あと、10秒ずれてたら、会わなかったはず。

しかも、ばったりは、今月、2回目。
今月あたま、大阪フェスティバルホールのユーミンのライヴ、偶然、同じ会場にいて。
開演まで、地下のプロントで談笑したんだ。

会わないときは、3年とか、よゆうで会わないのにね。

こないだ、コメダで、このお友達にも年賀状を書いたとこ。
また、高松でも会おう、みたいなことを書いたばかり。
年賀状が届く前に、先に高松で会っちゃった、みたいな。

ダーンのライヴを観て、別れた。
[PR]
by ishokuju | 2013-12-30 16:50 | ちょっと聞いて | Comments(0)

今年最後のサンソンを聴きながら

さっきまで、山下達郎サンデー・ソングブックを聴いてたよ。
今年、最後の放送。

先週と今週、年末恒例、夫婦放談。
竹内まりやさんが、ゲスト。
ま、先週は、徳島でマラソンがあって、聴かれなかったんだけど。

今年のことを、いろいろ回想しながら、おしゃべり。
リリースしたCDとか。
あと、山下達郎は、全国ツァーをしてたから、そのこととかね。

リスナーから、ライヴに関する、ほっこりする内容のはがきが読まれたり。
で、僕も思い出したことがあるん!

今回のツァー、9月の、岡山県公演(倉敷市民会館)に、行ったんだけどね。
チケットが、余計に2枚、ペアチケットがとれてしまってて。

友達に、いらないか、声をかけてた。
そしたら、ある友達が、ご両親にチケットをプレゼントする、ってことになった。
お母様が、喜寿になるとかで、そのお祝いもかねて。

無事、ライヴも終わって。
あとから、友達から、連絡が来た。

お母様が、ライヴにひどく感動してたって。
ずっと、そのことを言ってたみたい。
公演時間も長いし、高齢の人、大丈夫かなあって、心配もあったんだけど。

僕も、別に、ご両親のためにチケットをとったわけではないんだけども。
それを聞いて、うれしくなった。
たぶん、会場で、最高齢のお客じゃない?
そんなお客さんをも感動させる、達郎もすごいな、って。

てゆか、このことこそ、はがきに書いて、ラジオに送るんだったな。
放送で読まれたい、というより、達郎本人に知らせたかったかも、だ。
[PR]
by ishokuju | 2013-12-29 16:08 | MUSIC | Comments(0)

最後の晩餐、最初の朝食

先月23日、土曜の夜は、小豆島にいたよ。
翌日、24日が、朝からマラソンの大会で。
連れと、民宿のようなところにスティした。

島に泊まろうと決めたのが遅くて、ホテルは、なかなかとれなかった。
やっととれたのが、その山の中腹にある、“コスモイン有機園”だった。

地図で見ても、とてもへんぴな場所。
実際、自転車で向かってみると(島へは自転車で上陸した)、とんでもなく時間がかかった。

山道を自転車をおして歩く。
完全に夜になってしまっていて、街灯もない山道に、ぽつんと、“コスモイン有機園”があった。

おそるおそる、敷地内に入っていって・・。
すると、若い女の子と、おばさんが登場した。

滞在中に、ここで会ったのは、このふたりだけ。
おばさんは、ここのおばさんで、女の子は、香港から来てる、長期スティしてる子だった。
今夜、ここのお客さんは、僕らふたりだけのようだ。

今夜の僕らの部屋、ログハウスにとおされた。
1階に、テーブルがある部屋と、流し。
2階が、ふとんをしいてくれてる部屋。
テレビは、ない。
トイレと風呂は、別棟にある。

古いカラオケセット(レーザーディスク!)のセットがあったり、古い、ここの滞在者の写真をおさめたアルバムがあったり・・。
あと、ギターがたてかけてあったり。
なんか、「ノルウェイの森」に出てきた、山奥の施設を思い出してたんだけど、連れも、同じことを感じてたみたい。

ここは、ホテルじゃない。
ドアは、オートロックでないし、ドントディスターブの札もないし。
はっきり言って、ホテルのような居心地のよさは、ない。
おばさんは、勝手に入ってくるし、トイレは、つっかけをはいて、外に出ねばならないし。

そういうのは、予約をした段階で、だいたいの予測というか、覚悟はしていた。
公式サイトも見てたしね。
でも、まさか、テレビがないとは、思わなかったな。
アド街ック天国とかチューボーですよとか、観たかったんだけど。

お風呂に入ったあと、晩飯の時間になった。
ログハウスまで、おばさんと香港の女の子が、運んできてくれた。
料理を見て、びっくり!

すごい! 豪華すぎる!
次々、テーブルに並べられるの!
野菜なんかは、ここの施設で作っているものだそう。
天ぷら、焼き魚、サラダ、海鮮・・、ちょっと、今、もう、全部、思い出せない。
食べ終わるころ、お鍋まで登場。
どれも、むちゃくちゃおいしくて、満腹になったし、感動した。

これと同じような食事は、探せば、他の店ででも、いくらでも食べられるかもしれない。
でも、なにより感動的なのは、この豪華な食事が、今夜、僕らふたりだけのために準備された、ということ。
そう思うと、いとおしくなってしまうよね。

食事が終わると、とくにすることもない。
早々と、就寝した。
そして、24日の朝。

朝食も、豪華だったよ。
ジャムとかも、手作りって言ってたな。
なんか、和と洋の2食分いただいたような内容だったよ。

明るくなって、初めて、ログハウスのまわりの景色を見た。
やぎがいたな。
とにかく、空気がよくて気持ちがいい場所。

ゼッケンのついたシャツを着たり、タイツをはいたり、走る準備をして、“コスモイン有機園”をあとにすることに。
最後、ログハウスの前で、写真をとってもらった。
あのアルバムに、僕らの写真も追加されるんだな。

さようならを言って、通りに出て、もう一度ふりかえると、ふたりがずっと手を振ってくれてたよ。
あとは、ものすごい坂道をすべりおりた。

24日は、僕の38歳の誕生日だった。
つまり、37歳最後の食事、38歳最初の食事が、ここのごちそうだった、ということになる。
なんだか、いい記念になったな。

ホテルとは違う居心地もふくめ、場所といい、とても印象的な夜だった。
また、ここをたずねるのもいいかもな。
そのときは、トランプとかウノとか、あと、音楽かラジオを持参して。
[PR]
by ishokuju | 2013-12-29 15:43 | あの日 | Comments(0)

バリカン、こわれちまう

バリカン、こわれちまう。

愛用していたバリカンが、ついに、こわれっちまった。
なんだか、そんなふうな予感は、してた。

12年くらい、使ったのかなあ。
まだ、前の部屋に住んでいたころ、お友達が寄贈してくれたものだ。
寄贈?
もしかしたら、貸してくれただけだったのかもしれないが・・?
今となっちゃぁ、わからぬ。

で、ちょっと驚いたことがあったよ。
バリカンがこわれた、2日後くらいかな?
新年会へのいざないのMailが、お友達から入ったの。

この、新年会のMailをくれたお友達こそ、その、こわれたバリカンを寄贈してくれた張本人なの!
このお友達とMailするのって、年に1度、あるかないかのことなんだよー!
ちょっと、すごいタイミングでない??

新年会に参加する、って返事したあと、愛用していたバリカンがこわれた、って、送ってみた。
もしかしたら、バリカンのことなんて、大むかしすぎて、忘れてるかなー、なんて思いつつ。

そうなん?!
結構もったんちゃうん(笑)

って返事が来たわ。
f0207134_18145071.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-12-28 18:15 | 買う/捨てる | Comments(0)

きよしこの年賀状

おととい、クリスマスの夜。

きよしこの夜、退社後、コメダ珈琲店へ。
コーヒーをいただきながら、年賀状を書いた。
初めて、ひとりでコメダに入った。

けっこうな時間をかけて、13枚、書いた。
僕の年賀状は、表も裏も、全部手書き!
だから、時間がかかるの。

いつも、家で、なげやりな気分で、書いてた。
あー、めんどくせー、って。
あれ、あんまり、よくないね。
こういう、コメダみたいな場所で、きちんとはがきに向き合うの、なんかいいな、って思った。
人によっては、けっこうな長文を書いちまったり。

もう、15年は、会ってない人もいたりして。
向こうは、僕の顔、もう忘れてると思う。
(向こうがくれるはがきには、家族写真がついてるから、僕はわかる。)
年賀状って....、不思議だ。

今はメール時代だし、年賀状なんて、そのうちすたれてなくなる、なんて、思ってたけど。
おとといは、そんなこと、まったく考えなかった。
年賀状も、いいものだ、なんて。
[PR]
by ishokuju | 2013-12-27 12:38 | ちょっと聞いて | Comments(0)

「ごちそうさん」の電話

今朝、出社前のこと。
撮ってある、昨日の“NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」”を観た。

原田泰造が、近藤正臣の家をたずねる、ってシーンがあった。
はなしの流れ上、この2人の対面、大丈夫なんだろうか、って、ヒヤヒヤするところ。

近藤正臣の家で、なんとか打ち解けた雰囲気の2人。
そんなとき、近藤正臣んちの電話が鳴り出した。

でも、おかしくて。
近藤正臣、電話に出ない。
ずっと鳴ってるのに....。
不自然すぎる。
笑って、はなししてるけど、電話に出られない事情があるのか?!

そのうち、笑ってた原田泰造が、またキレるんじゃないかと思って、冷や汗。
「電話鳴ってるのになんで出ねェんだ!」、みたいな。

そして、気づく。
鳴ってるのは、ドラマの電話でなくて、僕のiPhoneのアラームなのであった、みたいな。
あらら。
たくさんあるアラーム音のなかで、よりによって、アナログな黒電話が鳴るものだから。
うっかり、“NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」”の世界に混入させてしまった。

てゆか、そもそも、“NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」”で、電話のシーンなど、いまだかつて、一度もなかったことに気づいた。
一般家庭に、電話が普及したのって、いつごろのことなんだろうね。

ちなみに、ドラマは、今、関東大震災の起きた年の年末。
大正何年だっけ。
f0207134_12345978.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-12-27 12:32 | 苦笑 | Comments(0)

夢の途中-MIND CIRCUS

大麻のあと、登山とかもしたのに、さらに、夜、カラオケ行ったーーー。
年忘れ的な、クリスマス的な感じの。
曲目、教えたげるね。
『マリヤズ ソングブック』の収録曲も、何曲か歌ったよ。



あの夜、オレたちにカヴァさせた楽曲たち........。

山下達郎「クリスマス・イブ」
ユニコーン「働く男」
槇原敬之「雪に願いを」
宇多田ヒカル「Prisoner Of Love」
EXILE「I Believe」
松任谷由実「ロッヂで待つクリスマス」
辛島美登里「サイレント・イヴ」
DREAMS COME TRUE「おやすみのうた」
桑田佳祐「白い恋人達」
Wink「One Night In Heaven 〜真夜中のエンジェル〜」
小沢健二「痛快ウキウキ通り」
薬師丸ひろ子「終楽章」
レミオロメン「粉雪」
大貫妙子「色彩都市」
DREAMS COME TRUE「SNOW DANCE」
中森明菜「ミック・ジャガーに微笑みを」
ユニコーン「雪が降る町」
柏原芳恵「花梨」
SMAP「夜空ノムコウ」
堀ちえみ「夕暮れ気分」
SPEED「White Love」
広瀬香美「ゲレンデがとけるほど恋したい」
広瀬香美「ストロボ」
松田聖子「Pearl-White Eve」
EXILE「Lovers Again」
松任谷由実「恋人がサンタクロース」
槇原敬之「北風」
中谷美紀「MIND CIRCUS」
来生たかお「夢の途中」
チューリップ「虹とスニーカーの頃」
小坂明子「あなた」
中島みゆき「うらみ・ます」
平井堅「LIFE is...」
崎谷健次郎「もう一度夜を止めて」
f0207134_12544359.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-12-25 12:52 | MUSIC | Comments(0)

「Subject:さようなら」!!

松浦亜弥の、「Subject:さようなら」、初めてちゃんと聴いたけど、歌詞がすごいわ...。
なんて悲惨な設定....、Ah…。
グサっときたわ。

あ、竹内まりやの『マリヤズ ソングブック』のはなしだけれどもね。
このCD、いいわー。
ずっと聴いてる。
1枚目の最後の曲が、このあややの歌なの。

彼氏が、私の友達に手ェ出してた、って内容の歌。
シチュエィションとしては、よくあるけどさ。
この歌の主人公は、ケータイを手に持ってて。
ケータイのmailの歌なんよね。
だから、タイトルにSubjectってついている。

この曲、あややの10周年ベストのために書かれたものなんだって。
あややのデビュー曲が、つんく♂の「ドッキドキ! LOVEメール」でしょ?
だから、同じmailつながりの曲を提供したんだって!

なんか、歌手を、ここまで悲劇のヒロインにさせてしまうのがすごい。
ドッキドキ! だった女の子を、ここまで突き落とす?!
もはや、楽曲提供というより、映画監督をしてるみたい。
お互い、やりがいがあるだろうなぁ。

まあ、こんな感じで、このCD、次々とドラマが展開されていくーー。
あ、今日は、山下達郎のサンソンにゲストで嫁さん出るけど、映画観に行くから聴かれないや。
f0207134_546561.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-12-22 05:44 | MUSIC | Comments(0)