<   2013年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

お嫁においで、ろくでなし

ゆうべ、平日だけれど、久しぶりに、カラオケ、行ってきたーーー。

岩谷時子さんて方が、亡くなった。
いろんな作詞をしてたみたい。
彼女関連の歌も、ゆうべは多く歌われたよ。



ゆうべ、オレたちにカヴァさせた楽曲たち。
(☆がついてるのが、岩谷時子系の歌。)

平井堅「瞳をとじて」(日曜のマラソン完走記念カヴァ)
郷ひろみ「花とみつばち」☆
及川光博「僕のゼリー」
ザ ピーナッツ「ウナ・セラ・ディ東京」☆
鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)「潮騒のメモリー」
薬師丸ひろ子「探偵物語」
町田よしと・コロムビアゆりかご会「宝島」☆
山下達郎「Paper Doll」
加山雄三「お嫁においで」☆
越路吹雪「ろくでなし」☆
尾崎紀世彦「また逢う日まで」
山下達郎「スプリンクラー」
谷山浩子「恋するニワトリ」
とんねるず「ガニ」
手島葵「さよならの夏〜コクリコ坂から〜」
竹内まりや「消息」
矢野顕子「夢のヒヨコ」
矢野顕子「BAKABON」
エレファントカシマシ「悲しみの果て」
安室奈美恵「The Meaning Of Us」
中川晃教「I WILL GET YOUR KISS」
加藤ミリヤ「ディア ロンリーガール」
EXILE「Together」
安室奈美恵「WILD」
宇多田ヒカル「traveling」
槇原敬之「僕の彼女はウェイトレス」
シング ライク トーキング「離れずに暖めて」
中島みゆき「湾岸24時」
椎名林檎「りんごのうた」
Folder「パラシューター」(映画『夏の終り』鑑賞記念カヴァ)
Folder5「Final Fun-Boy」
DA PUMP「Stay Together」
三浦大知「Free Style」
Cocco「樹海の糸」
宇多田ヒカル「Kiss & Cry」
松任谷由実「ジェラシーと云う名の悪夢」
平井堅「even if」
久保田利伸「永遠の翼」
福山雅治「虹」
原由子「花咲く旅路」
小沢健二「大人になれば」
スピッツ「スカーレット」
オリジナル ラヴ「夢を見る人」
今井美樹「Ruby」
中西圭三「You And I」
久保田利伸「TIMEシャワーに射たれて」
EXILE「Choo Choo TRAIN」
f0207134_12575067.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-10-31 12:57 | MUSIC | Comments(0)

シーサイドな一日

7時45分、ラで待ち合わせ。
庵治町(あじちょう)へ向かう。
道中、コンヴィニでおにぎりなどを買い、食う。
庵治小学校・中学校の校庭が駐車場。
(そういえば、先週、瀬戸芸で行った、ハンセン病の療養所がある大島には、庵治第二小学校があった。)
受付を済ませたり、着替えて軽くそこいらを走ったり。
快晴。
暑い・・。
塩あめとか帽子とか、持ってきていない・・。
3kmの部とかもあって、ファミリーで走る感じで。
スタート地点の町役場あたり、大人も子どもも、いっぱい。
トイレの行列に並んだり、連れの美輪明宏のモノマネに軽くほほえんだり、バナナ食ったり、開会式したりして、スタート時間を待つ。
3kmの部がスタート、ゴール、そんで、12kmの列に並ぶ。
これからスタート、ってときに、愛媛のフジトシおにいたまから、山下達郎的なMailが届く。
10時50分、スタート、1時間12分21秒後、ゴール。
記録証を発行してもらい、アイスを買って食いながら、車に戻る。
近くの、入浴施設の無料券をもらってたので、歩いて向かう。
建物の3階。
お風呂の中、ランナーだらけ。
露天風呂もあって。
いいヴュゥ。
セカチューの舞台の、ブランコがある公園とか、防波堤とか、見えた。
お風呂のあと、さらにその近くにある、うどん屋に行くことに。
うどん屋ちゅうか、見た目、喫茶店、ちゅうか?
あさりの入ったうどん、がプッシュ商品らしく、その看板が出てて。
うまそうだから、走る前から、食いに行こう、って言ってて。
店に入ると、ランナーと近所の人(たぶん)で混んでて。
あさりの入ったうどんは、売り切れだと。
僕は、かつとじが乗ったうどん、っていうのを頼んだんだけど、すっげうまいの。
かつとじって、ごはんに乗ってるのが普通よね。
うどんとも合ってた。
てゆか、走った後だから、なんでもおいしく感じられたのかしらん?
で、安い。
店のオバサンも気さくな感じ。
食事を終え、中学校の車に戻る。
ちょうど14時、カー レイディオで山下達郎のサンソンを聴きながら、わが家をめざす。
庵治町って、普段、離れてて行かないところだし。
庵治町を離れると、そこだけ記憶が切り取られて、なんだか、離島に行ってたような錯覚。
瀬戸芸で、あちこち、島を渡ってるから、そんな気分になるのかな。
部屋に戻って、サンソンを最後まで聞いて、しばらく、仮眠。
適当な時間に起きて、綾歌郡(あやうたぐん)を目指す。
宇多津町(うたづちょう)で、映画『夏の終り』を観るため。
(庵治町も宇多津町も、海沿いの町。)
宇多田ヒカルを聴きながら、宇多津町に着いたときには、すっかり暗い時刻。
久しぶりに、いたずらたまごに入った。
ここ、10年以上ぶりだ。
牛すじのオムレツをいただく。
僕らが座った席の横にかかげられてる絵は、誰の絵なんだろう、と話す。
原マスミ? とか思ってたけど、シャガールだったみたい。
映画の時間まで、宇多津ヴィヴレを散策。
19時過ぎから、映画が始まる。
映画は、僕は、いまいちだったかな。
とても長くて、時空列が複雑で、やたら難解だった。
ものすごい、シンプルな話だと思うんだけど、どうしてこうなった?
テンポも悪くて。
ちらしに、センセーショナルな、とか書いてあったから、もっと性愛シーンとか、あってもよかったんじゃないかな。
主人公の女性を演じるには、満島ひかりは若すぎるような?
ドラマ「Woman」のほうが、よかった。
映画が終わって、カー レイディオで有吉弘行のサタデーナイトドリーマーを聴きながら、高松へ戻って、ラで解散。
長い一日だった。
[PR]
by ishokuju | 2013-10-30 03:52 | こんな週末 | Comments(0)

第8回 高松ファミリー&クォーターマラソンin AJI

昨日、マラソン大会、出てきたーーー。


「第19回 高松市民スポーツフェスティバル 第8回 高松ファミリー&クォーターマラソンin AJI」!!
タイトル、長い!!

小豆島で5月にあった、「第36回大会 2013小豆島オリーブマラソン全国大会」以来の5ヶ月ぶり。
海岸沿いを走る、ってことくらいしか知らなかったんだけど、猛烈なアップダウンだったよ。

12kmってことで、キロ6分以内で走ろうと、決めてた。
つまり、最低、1時間12分よりは早く(速く)。

そしたら、タイム、21秒、オゥヴァ・・。
っんーー! くやしい!!

折り返し地点で、37分かかってて、すでに1分オゥヴァ、帰りの6kmは、気合い入れて走ったつもり。
特に、最後の1km、なんとか間に合わそうと、さらに力入れたぜ。

まあ、12kmをキロ6分で走れないって、練習不足以外のなにでもないっつうか。
もう!
昨日のをきっかけに、ちょっとは練習するもん。
来月の小豆島のハーフは、いいタイム目指す!
[PR]
by ishokuju | 2013-10-28 12:42 | ジョギング/マラソン | Comments(0)

12月31日

はがき、書いた!
書いて書いて書いて書きまくって出した!
3世帯分、合計25枚!

で、23日で応募締切に。
往復はがきのかたわれは、12月のあたまに送り返されるんだって。
そこに、当選か落選かが、記されているのだと....!

大みそかの、紅白歌合戦の観覧の、ね。
もう、かけてるんだから。
飛行機もホテルも、もうとってるんだから!

頭ン中、イメェヂ トレーニングもしちゃう。
番組終盤、鼻の穴いっぱいに吸い込む紙吹雪。
清き一票は、一応、紅組に投じる。
蛍の光のあと、23時45分、スピューンって光るテープが吹き出して、番組終了。
人にもまれて、NHKホールを出たら、気づけば2014年に。

ホテルは新宿だけれど、そぞろ歩いて、原宿のじゃんがらラーメンってお店に寄っちゃう。
(この夜は、オールナイト営業なのだと。
今日、ここの本部に電話して確認した。)

そのあと、JR代々木駅前も通るから、下手したら、『HK 変態仮面』ごっこもできるかも?

新宿に到着。
ホテルの前が花園神社だから、初詣的なことをしてから、部屋に戻ったりね。
Umm…、すてきな一年の始まりだ....。

みたいな。
広がり続ける夢....、あー、観覧、当たらないかなぁ。
f0207134_19505417.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-10-26 19:49 | ちょっと聞いて | Comments(0)

in AJI!!

あさっては、5ヶ月ぶりのマラソン大会だーーー。
練習量、驚異的なんだから!
(少なさ、で。)

高松市庵治町(あじちょう)ってとこの、海岸線を走るのだが。
ここ、『世界の中心で、愛をさけぶ』のロケ地ってことで。
DVDをレンタル。
久しぶりに観た。
マギー、津田寛治、杉本哲太、宮藤官九郎といった、あまちゃんファミリーも出てるしね。

Umm…、いろいろ、つっこみどころ、満載だけど、とりあえず、マラソンは、楽しみになった。
柴咲コウの顔の輪郭が、今とは全然違ってて、たまに、保田圭ちゃんに見える瞬間があるよ、とか。

今週あたま、瀬戸芸で、大島(おおしま)っていう島をたずねたんよね。
ガイドさんの説明で、あそこに見えてる島は、森繁久弥が買い取った島、ってのがあって。
小さい無人島なんだけど。

映画の中で、森山未來と長澤まさみが行ったのって、この島なのかな、なんて、勝手に想像したり、した。
あばらやになってるお屋敷が出てきたりするから。
違うのかな。
あのオーストラリアの写真は、森繁久弥撮影? なんちて。


てゆか、今週あたまに行った、大島のことを書かないとね。
島じたいが、ハンセン病の療養所なの。
この島も、庵治町にあるんだよ。
f0207134_2317672.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-10-25 23:27 | テレビや映画、本のこと | Comments(0)

ひめぎんホールの高校生

先週の土曜。
夕方、働いてたら、愛媛県のお友達•フジトシおにいたまからmailが。

今、ひめぎんホールにいて、これから山下達郎のライヴ、っていう報告だった。
いいなー。
5階席だから、高くて怖い、だって。
(ちなみに、ウ○○中にmailくれたみたい。)

このホール、むかしは愛媛県県民文化会館って名前だったとこ。
ネーミングライツで、こんな名前に。
愛媛銀行の命名権によるもの。
(えひぎんホール、ではなく、なぜか、ひめぎんホール。)

僕も、幾度か、ここに行ってるけど、5階席って、見上げて圧巻。
上の人は恐いだろうなぁ、って思う。
で、キャパシティが3000!
地方では、この数はすごい!


で、いきなりだけど、話題を変えるよ。
ひめぎんホールで、とても印象深いはなしがあって。

むかし、友達の高校生が、この会場で、ユーミンのライヴを観た。
当然、客席は、大人の世界よね。
その高校生いわく、「会場が香水くさかった」らしくって。

なんか、香水くさいユーミンライヴって、いいなー、って思ってしまったの。
禁断の大人の世界に、入ってしまったみたいでない?!

今は、ユーミンと同じだけ、お客さんも歳を重ねているし。
僕も、十分すぎるほど大人になってしまった。
なんか、香水....って雰囲気ではないもんな。
(湿布と防虫剤のにおい? 言い過ぎ?)

ところで、その高校生ったら、その日のライヴを、カセットテープに............。
時効時効、26年もたってる!
[PR]
by ishokuju | 2013-10-25 03:24 | ちょっと聞いて | Comments(0)

「海の上の診療所」

てゆか、“月9ドラマ「海の上の診療所」”よ。
第二話から、いきなり、予約するの忘れて、観られてなかったりして。

第一話放送の前日。
瀬戸芸で、丸亀市の本島とか、海を渡ったんよね。
そしたら、第一話の舞台が本島で。
うわ! ここ、昨日行ったし! みたいな。
....それを、言うのを忘れてた。

船に乗ってるメンバーの福士クンが、せりふで「じぇじぇ!」とか言ってて、一気に冷めた。
でも、今後も観る。
瀬戸内の島々が舞台だから....。

おもしろいドラマを作るのって、難しいんだね。
あ、高橋かおりを久しぶりに観られたのがよかった。
f0207134_2231436.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-10-24 22:01 | テレビや映画、本のこと | Comments(0)

まぼろしの石川セリ

海は〜女の〜涙〜〜
海は〜女の〜涙〜〜〜

こないだ、石川セリのCDを買って、車で、ずっと聴いてるよ。
20曲入りのベスト。
新しいのから、さかのぼるような曲順。
でも、いちばん新しい1曲目でも、1985年の曲だったりして。

彼女の公式サイトで、久々のテレビ出演の情報を得ていた。
10月21日!
動く石川セリ!
これは見逃せぬ!

"行列のできる法律相談所"のスペシャルだって。
なぜに、こんな番組なんだろ。

おととい、20日の日曜ね、明日の番組の放送を楽しみにしていることを連れに話した。
すると、"行列のできる法律相談所"って、日曜の番組ではないのか? と。
え?
21日は月曜だよ??

で、もっかい、石川セリ公式サイトへ。
ちょ!!!

それは、2012年10月21日放送の番組のお知らせなのであった、みたいな。
1年前!!
ちょっと!!
古い情報をサイトに残すなーー!!

連れには、さんざんばかにされ。
CDを買ってから、この1ヶ月くらい、忘れないように、心の中にメモしてたのに....。
動く石川セリは、まぼろしになった。
f0207134_1557383.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-10-22 15:57 | 苦笑 | Comments(0)

島の宿

おとといは、夜、電話、してしてしてして・しまくった!


なんの電話かというとね。
11月24日に、小豆島である、マラソン大会に出るんだけど。
前日は祝日だし、せっかくなんで、小豆島に泊まろう、ってことになったの。

ホテルとっとくー! なんて、連れに言ったのはいいものの、ホテル、どこも空いてない!!

ただでさえ、紅葉シーズンってのもあるし、翌日のマラソン大会の出場者で、とにかく、人が多いみたいで。
満室です満室です満室ですって、Ah…、何回聞いただろう。

もう、泊まるのはいいかな、って。
島の友人に相談したりもしてたけど、もう、ほぼあきらめてた。
国民宿舎とかだって、ダイアルした。

最後、「土庄 民宿」で、ググってみたりして。
土庄(とのしょう)って、マラソンがある、町の名前なんだけどね。

そしたら、数件目で、空室発見!!
Wow!!
うれしさより、なんかびっくりしてしまって、受話器を持つ手、震えたわ。
(ま、受話器っつうか、iPhoneだがね。)

すごい奥地の変わったところ。
島の友人に言うと、『あんたよく見つけたわねこれ』って、驚かれた。
ログハウスなのかな。
なんか、楽しみ。

自転車ごと、船に乗ることにした。
初めて、小豆島をサイクリングしちゃうよ。
マラソン後は、オリーヴ温泉にも行かねば。
すてきな秋の日になりそうな予感!
f0207134_12212535.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-10-19 12:09 | 興奮/驚き | Comments(0)

紅白への道

今年の年末は、東京で過ごすんだけどね。


どうせ東京にいるのなら、ということで、紅白歌合戦の観覧を申し込むことにしたーー!
往復はがきで申し込み、観覧は無料!

ただ、当然、倍率はすごいよ。
数年前から、白組司会を、某5人組が担当するようになってからは、すごい確率になっているのだとか。
Umm…、司会、降りてほしい....。

昨日、NHKに電話して、自分のお客様番号、ってのを確認した。
当然、NHKのお金をちゃんと払っている人が、当選の対象になるらしくって。

いつも、テレビで観ているあのステージを生で観られるだなんて。
どうしよう、興奮。
「潮騒のメモリー」も、聴かれるかしらん。

なんだか、紅白を観覧、ってか、自分が出場するような気さえ、してきた。
白組にも紅組にも、負けたくない。
f0207134_12415254.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-10-18 12:33 | テレビや映画、本のこと | Comments(0)