<   2012年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「力」!

「力」!!

「力」というのは、宮本輝の短編のタイトル。
新潮文庫の、『五千回の生死』って短編集に収録されている。
こないだ、久しぶりに書店で立ち読みしてて、涙が出てきて困った。

主人公の私が、初めて、小学校へひとりで登校した日のことを、詳細に描いてる。
バスに乗って、繁華街を歩いた先に、入学した小学校がある。
最初のころは、母が一緒に着いて来てくれてたけど、いよいよ、ひとりで登校するという日・・。

子どもにとっては大冒険であり、困難に巻き込まれながら、やっと小学校の門に入っていく。
実は、ずっとあとになって知ったことだが、そのうしろを、母がつけていて、ずっと見てくれていた。
それは、絶対に気づかれないようについていくようにと、父に言われていたとのこと。

母は、無事に息子が門をくぐるのを見届けて、帰宅、で、そのことを父に報告。
父は、「これであいつも一人前の人間だ」って言って、大笑いしたという。
いつも商売がうまくいっていなかったお父ちゃんが、あんなにおかしそうに笑うのを見たのは、あとにもさきにも、あのときだけだった、と。


僕が初めてこの本を読んだのは、高校のときのこと。
このころって、子どもでも大人でもないような年齢だから、この話が、そんなに心に残らなかったかもしれない。

でも、今はちがう。
父と母と幼い主人公の3人、どれにも感情移入できるというか。
責任感と緊張をもって、初めての通学をしてる息子、気づかれないように、はらはら後ろから見つめている母、そして、無事に学校に行けたことを聞いて、喜ぶ父。

自分の子どものころのことを思い出したり、自分の親のことを重ねてしまったり。
僕もがんばって学校に行ってたし、両親も不安があったり期待をしてたりしてたんだろうな、って思ったら・・。
涙腺ゆるむって!
[PR]
by ishokuju | 2012-12-31 02:13 | テレビや映画、本のこと | Comments(0)

吉田美奈子のライヴ

今日は、仕事が早く終わったので、歩いて、商店街へ。
ちょっと、フラワーコンタクトへ行きたくって。

フラワー後、歩いてたら、オリーヴホール前でびっくり。
吉田美奈子のポスターが!

3月に公演があるみたい。
日曜日!
行かれる!!

てことで、3月に、初めて吉田美奈子を生で観てしまうことになった。
わーい。

そういえば、こないだ、山下達郎のベストを買うと、吉田美奈子がたくさん作詞やコーラスをしてるから、名前を見る機会が多かったな。

彼女の公式ウエッブ サイトで、公演のこと、調べてみた。
~TRIM~ CARAVAN TOUR 2013 吉田美奈子 & 河合代介 meets 沼澤尚、ってツァーみたい。
2013年3月21日より、全国で計42本の公演が行われるのだと。

スケジュール、すごいタイト!
たとえば....。
ツァースタートの3月21日から31日までで、九州と四国の公演を9公演!
21宮崎、22熊本、23佐賀、25長崎、26福岡、27大分、29愛媛、30高知、31香川、って、すげー。
こんな感じで、全国をまわるみたい!
タフだなー。

........、って今これを書いてたら、FMのビッグスペシャルから吉田美奈子の「扉の冬」が流れた。
すごい偶然。

来年は、正月からユーミンや大貫妙子を観るのに、さらに3月に吉田美奈子って。
なんだか、恵まれてる!
[PR]
by ishokuju | 2012-12-26 01:40 | MUSIC | Comments(0)

大麻町ジングルベルマラソン

おととい、第23回大麻町ジングルベルマラソン、ってのに参加してきましたーー。

大麻町(おおあさちょう)というのは、徳島県鳴門市(なるとし)にある町の名前で、ここを舞台とした大会。
初参加だったんだけど、むーちゃくちゃ楽しかった!!

徳島のタウン誌でこの大会を知って、エントリーした。
大会の説明のとこに、仮装ランナーが多い、サンタクロースくらいじゃ目立てない、的なことが書かれてて。
ほんと、いろんな仮装ランナーがいたよ。

AKBぽいグループとか、キャッツアイとか、小学生女児(に扮した男性)とか、ケーキとか、地味な本気女装とか、宇宙人風とか、大谷焼(このあたりで有名な焼物)とか、あと、忍者やスーツ姿のサラリーマンもいたな。

てゆうか、そのスーツ姿のサラリーマンて、僕だったりして。
仮装、どうしようっていろいろ悩んでて、思いつきでスーツにしたんだけど、思いのほか、好評だったかも。
スーツって、ありふれたかっこうなのに、マラソンではかなり異様で、そうとう目立ったみたい。

沿道の応援の人たちから、サラリーマン! って声をかけられたり、すれ違うランナーに一瞬ぎょっとされたり。
お勤めご苦労様です、は、2回言われた。
ちょっと見られる快感に目覚めてしまったかも....。

コースは、山道を5km走って戻ってくる、というもの。
かなり高低差があるんだけど、最近よく走ってるからか、まったくしんどくなかった。
ただ、スーツは暑い、って当然か。
のんびりめに走って62分。

走ったあとは、豚汁、焼き芋、あめ湯がふるまわれた。
鳴門金時、うまかったーー!

なんつうか、規模とかノリとか、すごいよくて楽しかった。
これは次回も参加したい!
[PR]
by ishokuju | 2012-12-25 12:23 | ジョギング/マラソン | Comments(0)

週末は大麻

大麻、この週末!

日曜、一応、コスプレ....でなかった、仮装なんてしてみるつもり。
寒いみたいだなあ。
せめて晴れてほしい。

てゆか、道路が凍結、なんてこと、あったりして?
山道っぽいけど⁈
[PR]
by ishokuju | 2012-12-21 05:06 | ジョギング/マラソン | Comments(0)

ひろ子にいざなわれて

寺岡呼人(てらおか よひと)主宰の、ゴールデンサークルのライヴに行くことになったっぽいよ。
来月に開催されるやつ。
日曜の夜、決定した。
なんだか、信じられぬ。

1回だけ開催のライヴだから、行かれるわけない、なんて思ってたけど、ひょん(Hyon!)なことから、行かれることに・・。
ええー、やっぱ、なんだか、信じられぬ。

日曜は、ドラマ「誘惑」のはなしを2回もして。
最近、見かけない、篠ひろ子の話題を出しまくったからか・・。
たぶん、“ひろ子運”が、にわかに上昇したんだと思う。

そう、この来月あるライヴには、ひろ子が出るの。
薬師丸、ひろ子が!
ひろ子がひろ子へ、・・僕をいざなってくれたんじゃないかな。

今回の、このゴールデンサークルのライヴは、メインは、松任谷由実。
彼女の、デビュー40周年を記念したもの。
当然、ユーミン目当てでこの公演に行くわけだけれど。

でも、それ以外の出演者もすごいんだよ。
僕のあこがれの女性である大貫妙子様とかね。

でも、人に自慢するときには、ユーミンでも妙子様でもなく、薬師丸ひろ子の名前を、なんだか出したい。
ひろ子の歌を生で聴く、というか、その姿を見る、って、すごい特別な感じがするっぽくない?
「Woman」とか、聴かれるんだろうな・・。

来月の公演、楽しみ!
f0207134_5135237.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-12-20 05:14 | 興奮/驚き | Comments(0)

ひろ子の長い一日

日曜なのに、早起き。
投票に行くため、ではなく、免許証の更新に行くため。
更新は、25日まで。

家の前の小学校で投票をしたのち、免許センターへ朝一へ向かった。
10時半とかには、終わっちゃった。
(前回、5年前、ここに来たとき、建物の中に貼られてるポスター類を夢中で見てた。
指名手配犯なんかのもそうだけど、謎の失踪者の一覧ポスターとかあって。
今回も、いろんなの、まじまじと見てきた。)

連れの部屋で仮眠、その後、徳島県へ向かう。
徳島のお友達と、談笑の予定があるため。

病院坂でマクドのチキンタツタを食ったりしつつ、サンソン(山下達郎のサンデー・ソングブック)を聴きながらドライヴ。
来週・再来週は、年末恒例、年忘れ夫婦放談、竹内まりやがゲストだ。

サンソンのあとは、山達のベストを聴く。
「Endless Game」が主題歌だった、「誘惑」っていう、超おもしろいドラマがあったんだけど・・、連れは知らないみたいで、解説。
篠ひろ子のだんなと息子が、女に誘惑されて、家庭が崩壊していく、というはなし。
だんなと息子を誘惑していたのは、2人の女ではなく、実はひとりの女だった・・、みたいな。

ひろ子、最近、見かけないね、なんて言ってたら、コメダ珈琲店(徳島県の)に着いて、シロノワールとか、食う。

日も暮れ、実家にちょっと寄って、お土産の、とらや(TORAYA、虎屋)のようかんと、こないだの京都旅行のときに平安神宮で買ったお守りを渡す。
そんで、18時、お友達と待ち合わせのファミリー レストランに到着、合流。

お友達と会うのは久しぶり、1年以上ぶりか。
ユーミンのライヴ以来かな。

いろんなはなしをしてて、たまたま、山下達郎の話題になったら、友人が「Endless Game」が好きとか言い出して。
ドラマ「誘惑」の! みたいな。
さっき話したばかりなのに、もう一度、崩壊するひろ子一家のはなしをする。

4時間ほど談笑、よいお年を、と言い合って解散。
高速に乗って高松に戻ってきた。

早起きしたせいで、すっげ長く感じる日曜日だった。
篠ひろ子の話題がたまたま重なったんだけど、ひろ子の連鎖はこのあとも続くのであった・・。
f0207134_445050.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-12-20 04:45 | こんな週末 | Comments(0)

コメダ珈琲店!

コメダ珈琲店!!

うちの近所に、今週、コメダ珈琲店ができた。
“さぬき高松今里店”だって。
変な名前。

今まで、徳島県吉野川市(よしのがわし)にできた、四国初出店のお店にしか、行ったことがなかった。
この、わざわざ、となりの県まで山を越えて行く、という感じがよかったのに。
あまりに近所にできちまって、なんだか、拍子ヌケ。

シロノワール、だあいすき。
それ以外のフードも、どれもおいしそう。
Ah...、全部、食べたい。
[PR]
by ishokuju | 2012-12-13 21:19 | 食べる! | Comments(0)

丸亀製麺!

丸亀製麺!!

うちの近くに、丸亀製麺ができたので、行った。
広い駐車場、同じ敷地内に、ジーユーもできてる。

兵庫県が元のチェーン店。
で、丸亀、なんて香川県っぽい店の名前をつけてて、それを、香川県にも出店しているという。
すっげ。

店内には、カマアゲとはなにか、みたいな、説明のポップがあったりして。
へえ、そういう意味かー、なんて感心してたんだけど、香川県民的には、そんなの常識みたい。

うどん後、ジーユーで靴下を買った。
[PR]
by ishokuju | 2012-12-13 21:12 | 食べる! | Comments(0)

リンガーハット!

リンガーハット!!

日曜のこと。
香川県綾歌郡(あやうたぐん)に行ったので、リンガーハットで、飯を食ったよ。
香川県で唯一のお店が、綾歌郡にあるの。

リンガーハットに行くのは、約2ヶ月ぶり。
10月に、福岡県福岡市で、お店に行った。

その10月までは、15年以上、お店に行ってなかったのに。

麺増量、なんてしてみたりね。
あ、同じ系列の、浜勝(はまかつ)にも行きたいな。
[PR]
by ishokuju | 2012-12-13 21:06 | 食べる! | Comments(0)

ノルウェイの森の20年

てゆか、先月、僕、37歳になったんだった。

37歳がどうしたかって、村上春樹の「ノルウェイの森」が、主人公のトオルが今37歳、ってとこから本が始まるんだよねー。
うわ、ついにあの年齢になったんだ、みたいな。

トオルが、高校2年のときのことを回想する物語の始まり。
偶然にも、僕が初めてこの本を手にしたのが、高校2年のとき。
徳島県立図書館にて。

暗記するくらい読み返した小説なんだけど(ここ10年ほどは読んでないけど)、まさか主人公と同じ時間を過ごしてしまうとはな。
高校2年から37歳までの20年。

僕も、今まで、それなりにいろんなものを喪失してきたけど、37歳のトオルより、今、間違いなく幸せであると思うわ。
あの小説って....、本が終わったところから、冒頭の37歳になるまでのあいだの、描かれてない部分とか想像すると、複雑な気分になる。
よくないこと、いっぱい考えてしまう。

てゆか、なんで「ノルウェイの森」のことを思い出したかというと、今、村上春樹の本を久しぶりに読んでいるから。
本って、夢中で読んでたら、しおりなんていらない。
[PR]
by ishokuju | 2012-12-09 02:35 | ため息が出る | Comments(0)