<   2012年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

僕も流星

10代のころのことだけど、中島みゆきの新しいCDを買うと、「流星」って歌が入ってた。

この歌、サビの歌詞が超斬新!
“香川 新潟 大阪 宮城 姫路 山口 袖ヶ浦”って、地名の羅列が、メロディにのってるの。

これって、車のナンバーのこと。
この歌は、深夜の高速道路のサーヴィス エリアが舞台なんだ。
そこには、いろんな地方からの大型トラックが停車してる。
その様子を、ナンバープレートに書かれた地名の羅列で表現しているというわけ。

この歌の主人公は、もしかしたら中島みゆき本人なのかもしれない、歌を歌っている、って設定。
で、缶コーヒーを買ったときなんかに、トラックの運ちゃんと、他愛もない会話を交わすんだよね。
そのとき会ったら、それっきりの相手なわけだけど、缶コーヒーと一緒で、そのときのちょっとしたぬくもりみたいなのが、歌になってる。

で、タイトルの流星っていうのは、トラックの光が高速道路を走って流れていく様子のことをなんだよ。

10代のころは、深夜の高速道路なんて、よく知らなかったから、この歌のこと、とくになにも思わなかった気がするんだけど、今、すごくよくわかる。
深夜のサーヴィス エリアにおりたったことがある人なら、誰でも、ある、なにかわびしさのようなものを感じると思うんだけど、それを、こうやって歌にするのってすごいな、って思っちゃう。

深夜の夜行バスって、たまに利用するけど、ある時間に、まったく知らない場所で、トイレ休憩で降りるときがある。
それは、たいてい、早朝だけど。
みんな・・、ここにいる人は、どこから来てどこへ行くの、みたいな気持ちになっちゃう。
あの感じ・・、ちょっと好きなんだけど。

てゆうか、夜行バスの大事故が昨日あって、それで、こんな歌を思い出しちゃった、ってわけ。
ほんと、深夜走る人、深夜でなくても、だけど、しっかり休憩をとって安全運転してほしい、って思うわ。
そんな僕も、3日から、福岡ドライヴ旅行だから、気分を引き締めないとね!
[PR]
by ishokuju | 2012-04-30 22:55 | MUSIC | Comments(0)

恋するニワトリ

カセットテープをデジタル化する作業とかして、昼間、過ごしたよ。
近所を散歩したり。
ヤマダ電機で乾電池を買ったり、ダイソーでフルーチェを買ったり。

「Wの悲劇」の第一話を見てから、プリモピアットでディナァ。
その後、お風呂に移動。

体を洗いながら、谷山浩子の話題で盛り上がってたら、別の友達が泡まみれで近づいてきて話しかけるものだから、驚いた!
風呂から上がったあとも、長い間はなししてた。
映画を観に行く約束をした。

明日も休みかぁ。
なにしよっかな。
3日からの福岡旅行の準備の準備みたいなこと、始めようかしらん。
[PR]
by ishokuju | 2012-04-30 01:38 | ちょっと聞いて

数字と鉛筆

家にいて、番号や日付をひかえなきゃならないときってあるでしょ。
たとえば、電話でバスの予約をして、発券に必要な何桁かの数字とか。

そういうの、机に鉛筆でさらさらっと書いちゃう。
で、書いたら、ケータイやスマホで写真にとる。
これで、必要な数字を持ち歩ける。
バスに乗る、など、数字の必要性が初めてなくなったとき、その画像を削除。

僕の机は、数字や日付でいっぱい。
たまに消ゴムで消す。
でも、なんか、文字だらけ。

鉛筆は、カッターで削る。
鉛筆削りがないから、なんだけど、これがなかなか、気分がスッキリする。
削るの、うまいよ。
[PR]
by ishokuju | 2012-04-28 23:27 | ちょっと聞いて

悲劇、猛アッピール

ドラマ「Wの悲劇」は、今夜9時から始まるよ!

って、FacebookでもTwitterでも、あちこちで言いまくり。
剛士やひでには、忘れてないかしらんって思って、じかにMAILまでしたり。

だって、自分が楽しみにしてるドラマを、まわりのみんなも楽しみにしてたら、うれしいもんね!
感想とか言い合いたいし。

武井咲がボッコボコにやられるのかな?
Ah...、楽しみ!
[PR]
by ishokuju | 2012-04-26 19:58 | テレビや映画、本のこと

久しぶりのおじさん

日曜、久しぶりに、めいとおい(姉が産んだふたりの子)に会った。
めいは、今月、小学校に入学、おいは、1才3ヶ月。

おいに会うのは、ちょうど1年ぶり。
めいは、それ以上ぶり。

前回、おいは、産まれたてで、頭蓋骨がまだ固まっていない、とか、そんなときだった。
それが、今回は、ちゃんとした人間になってて、もう歩き回ってる。
言葉のようなものをたまに言ったりするのも、かわいいし、見ていてあきない。

めいは、すっかりお姉さんきどり。
どうしても、みんなが弟のほうを注目しがちなので、なんとかして、自分のほうを見てほしいって、がんばってるのが見え見え。
たまに、弟を高く抱っこしたりしてるけど、抱っこしたいんじゃなくて、それって、みんなの気をひきたいだけよね?

めいは、体がとても大きい。
なんと、4年生くらいの体格なんだとか。
今月入学した新1年生、男女合わせて、いちばん身長が大きいんだって!
学年全員で、よ!
たしかに、まだ6才なのに、もう、ひざの上に乗せる、なんてのは、ちょっとしずらい体格なのであった。

とくしまマラソンのあと、実家に寄って夕食をいただいたんだけど、そこに、姉とふたりの子どもがやって来た、って感じ。
自分の孫と接している両親を見るのも、なんとも不思議な気分。

次は、1年後といわず、もっとひんぱんに、この子たちと会うようにしよう、って思った。
f0207134_16163893.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-04-26 16:16 | こんな週末 | Comments(0)

灰色の震え

バリバリバリバリバリ・・、バリバリバリバリ!!

日曜の、とくしまマラソンの音。
みんな、ごみ袋かポンチョか雨がっぱを着て走ってるから、暴風で音がすごいの。
ビュービューって風の音と、このヴィニールの音。
破れて、首からマントみたいにひるがえらせてる人もたくさん見た。

雨が痛い、小石みたいになって顔に当たる。
腕が赤黒くなってきていて、指が動かなくなってて怖い。
ポーチのファスナーをあけられない・・。

歯をかみしめようとすると、奥歯がガチガチ音をたてる。
手作りポンチョが、パラシュートみたいに開いてしまわないように、ずっと手でたぐりよせてる。
道路も空も吉野川も、全部が灰色だった。

なんていうか、マラソンの苦しみってのとは、ちょっと違うよね、これ。
寒くて寒くて、ちょっとだけ限界を超えてたと思う。
今思い出しても、ぞっとする。

これから、どんな大会に出ても、たいていのことはがまんできると思うわ。
[PR]
by ishokuju | 2012-04-26 05:48 | ジョギング/マラソン | Comments(0)

ハウス フルーチェの知られざる仲間

昨日、お昼、近所のダイソーに出かけた。
ビーサンでお散歩。
(うちの、ひびの入ってた植木鉢がついに割れちまったため。接着剤を買いに。)

接着剤と、ハウス フルーチェなんて買っちゃう。
100円。
150g。
普通のフルーチェは200g。

いつも買うフルーチェは200gで148円。
計算してみると、ダイソーのが安い!
これから、フルーチェはダイソーで買おうっと。

ダイソーで売られてるお菓子とかって、特別なのあるよね。
例えば、森永チョコボールは、あのエンジェルがついてるパッケージではないもの。
フルーチェも、100円用のパッケージなのかな。

100円ショップ用の商品を別にわざわざ製造しているってことなのかな。
ま、別にいいけど...。
[PR]
by ishokuju | 2012-04-25 21:06 | 食べる!

あの人は今どこを走る

おとといのとくしまマラソンだけどさ、制限時間内の完走者、少なかったみたい。
完走率、84.3%なんだって。
制限時間7時間の大会としては、とても低い数字なんだって。
参加した僕から言うと、あんな暴風雨で、そんなに完走できたんだ、って、思えなくもないんだけど。
今さらながら・・、完走できてよかった・・。

同じ目的を持って集まってきている大会では、新たな出会いがあったりも、するかもしれない。
僕は、今回、新たな出会いというのはなかったけれども、それでも、まったく知らない人との関わりは、あった。
今となっては、ゼッケンナンバーもわからないし、名前も当然、わからない。

僕のゼッケンナンバーは、12000番台。
これは、エントリーするときに、それまでのマラソン経験を答えなければならなくって、過去のタイムとかから判断して、ナンバーが割り当てられる。
2000番台とか3000番台の人は、相当速い人ってこと。
僕みたいな初めてだと、いちばん数字の大きい12000番台になって、スタートの位置もいちばんうしろになる。

朝、ホテルの控え室で、シゲクンとストレッチしたりおはなししてたりしてたら、横にいる子が、僕に声をかけてきた。
彼のゼッケンも12000番台。
20代半ばくらいかな。
初めてなんですか? とか、そんな感じだったかな。

12000番台同士だと、お互い、すごい親近感がわくからね。
声をかけられるのは、うれしいし、なんか連帯感があった。
○○です! なんて名前を言われたけど、その名前も忘れちゃったな。
めがねをかけてて、オレンヂの大きなポーチをしてた。
また会えたらいいなあ、って思ってたけど、結局、ホテルで別れてそれっきりだった。
なんと、彼、初めてのマラソンの大会なんだって。
初めてがフルマラソンって・・。

スタート1時間前には、外に出て待機した。
暴風雨があまりにひどいので、屋根のあるところで待つ。
傘や帽子やタオルが飛ばされまくっている。
すると、横にいた男性が、声をかけてきた。
ゼッケンを見ると、彼も12000番台。
40代後半くらいかなあ。
彼も、初めての大会なんだって。
初めてがフルマラソン・・、2人目・・。

今までは、とくしまマラソンをしてるの、釣りをしながら横目で見ていたらしい。
それが、嫁の兄弟とかが走り出して、自分も走るようになって、で、今回のマラソンに申し込んでしまった。
今まで、最高で15kmしか走ったことがないのだとか。

この彼とは、9時のスタートの瞬間も一緒にいたし、30分間はいろんなはなしをしたんじゃないかなあ。
僕が、スタートラインを超える直前に、歩道に友人を見つけ、手を振ったりしているあいだに、その話してた彼とははぐれてしまった。
それっきり。
ホテルで話した20代半ばの彼、スタートを一緒にした彼、あの12000番台ふたりは、その後、どうなったんだろう。
ゴールできたのかな・・。

最後に、もう一人、話した人がいる。
第6関門から第7関門に向かう、レース中いちばんつらかったとき。
第7関門の場所と時間・・、不安になってきて、横を走ってた男性に思わず声をかけた。
なんて声をかけたか、忘れたんだけど、そこから、いくつか言葉をかわした。
僕も彼も、そうとうあせってる。
彼の顔もナンバーも、何もわからない、黒いタイツをはいていたことしか。
彼は左の太ももがそうとうひどいみたいで、つらそうだった。
第7関門は、この彼と一緒に超えたのだった・・、でも、それから、特に最後の言葉もなく離れていってしまった。

こんな、名前もなにもわからない相手と話したり励ましあったりするの、いっぱいいっぱいあるんだろうね。
しかも、それっきりの。
なんか、それって、ちょっと切ないことだけど。
でも、小さいそういうのがいっぱい集まって、こういう大会ってできているんだな、とも思う。
f0207134_1522054.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-04-24 15:24 | ジョギング/マラソン | Comments(0)

涙の第7関門

っんーー!
とくしまマラソン、昨日、走ってきたよ。
完走した!

制限時間7時間、で、僕のタイム、6時間51分5秒!
ぎりぎり!
(ネットタイムは6時間36分30秒。
つまり、スタートしてから約15分後にスタートラインを超えた、ってこと。)
朝9時スタートで、午後3時51分にゴールしました。

今?
ヴァルコニーで、昨日のシューズを乾かしてる。
なんなの、今日のこの晴天。
昨日と入れ替えて欲しい・・。

レース中のことは、また、別の機会に書くとして(書かないかも)、昨日の感動ポイントのことを書かねば。
走ってて、とてもとてもつらくて、こりゃあ、ゴールラインを超える瞬間は、感動して泣くかも、なんて、思ってた。
ゴールの瞬間、きれいに泣いて写真に写らねばね、みたいな?
そしたら、意外なところに、最高感動ポイントがあったという。

レースの制限時間は7時間なんだけど、それ以外にも、42.195kmのあいだには、関門があるの。
7ヶ所!
それぞれに「閉鎖時間」があって、その時間にその関門を通れないと、失格になる。
各関門には、デジタル表示があって、で、恐怖なのは、観光バスが幾台か、待機してるの!
時間を過ぎたランナーは、強制的にバスに乗せられて、運ばれてしまう。

最初は、関門を、特に難なく過ぎてたんだけど、次第に、時間を気にしなきゃいけない状況になってきた。
あせるよ・・。
最後のほうは、足が痛くて走れず、歩いてる。
でも、早歩きさえもできぬ状態、たぶん僕、苦悶の表情だった。

最後の第7関門は、38.9km地点、ここを15時20分に超えなければいけない。
第7関門・・、やばいかも・・。
第6関門を過ぎたくらいから、ここまで、ほんとうにつらかった。

第7関門に近づくと、町のおばさんとか、応援の人たちがいっぱいいて、必死で手招きしてる。
みんなが、あと3分! あと3分! って声を合わせて叫んでる。
これを聞いたとき、こみ上げてきて泣いてしもうたわ。
なんとか第7関門を通過したのは、残り3分を過ぎていた・・。
あぶなかった・・。

しばらく過ぎると、うしろのほうで、制限時間です! ってアナウンスが聞こえてたもんな。
ここで待機してる観光バス、5台か、それ以上あったはず。
ここでひっかかって失格になるランナーは多いんだと思う。

で、第7関門を過ぎると、次は16時までのゴールってことになるんだけど。
ぶっちゃけ、それは、時間に余裕がある。
第7関門でピークを迎えてしまってて、競技場内のゴールのシーンは、かなり冷静だった。
(ポンチョと帽子をとって顔とナンバーをアッピール、ゴールラインを超える瞬間には感動の表情さえ作る、余裕。)

ところで、昨日、低体温症で搬送されたランナーも多かったらしい。
実は、僕も、ちょっとやばかったのかも?
がくがく震えてたんだよね、途中。

-Start、00:14:35
-5km、0:38:28
-10km、0:37:47
-15km、0:36:24
-20km、0:42:31
-25km、0:49:32
-30km、0:55:22
-35km、1:00:27
-40km、0:53:56
-Finish、0:22:03
f0207134_13231054.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-04-23 13:23 | ジョギング/マラソン | Comments(0)

走りながら願うこと

てことで明日の準備もできたし、寝ようっと。
寝ようとしたら、世にも奇妙な物語が始まって、仲間由紀恵のはなし、見ちゃった。
仲間由紀恵の本当の顔をやってたのって、誰よ? みたいな。男? みたいな。

4時半に目覚まし合わせてる。
明日、天気荒れるのかなぁ。
なんとかなりますように。

もっと自分が強くなれますように。
そんな僕に素敵な出会いがありますように。
僕の周りの人が幸せでありますように。
友達のお母さんの体調が悪くなりませんように。

そして完走できますように。

おやすみー。
[PR]
by ishokuju | 2012-04-21 21:51 | ジョギング/マラソン