<   2011年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大竹しのぶに広瀬香美に...

今、オールナイトニッポンって、オールナイトニッポンゴールドって名前で、22時からしてるんだね。
今、吉野家に来たんだけど、カーレイディオで、大竹しのぶが、そのDJをしてた。

てゆか、昨夜よ。
山下達郎の鳴門市からの帰り、22時から、広瀬香美のオールナイトニッポンゴールドが始まって。
えー、毎日毎日、こんなメンバーでやってるの?
すげー。

ゆうべは、広瀬香美のハイテンショントークを聴きながら高松に戻ってきた。
1曲目にかかるのが、レベッカの「ラズベリードリーム」!

深夜1時でなくて22時ってのが、なんかむかしと違うよなー。
でも、毎日聴いてみたい。
[PR]
by ishokuju | 2011-11-24 22:38

山下達郎の徳島県!

あと1時間くらいで、山下達郎のライヴが始まるよ!
初めての徳島県公演だって!
で、僕にとって初めての彼のライヴ!

今、並んでるとこ。
1500席にも満たぬような、小さな、古い会場。
なにかの遺跡みたいなコンクリートのかたまり。

日も落ち。
川沿いで寒い。
不思議な客層。
年齢層は、松任谷由実の客と比べるなら、ちょっと若め、で、男が圧倒的に多い。

てゆか、3時間もあるみたい。
明日の夜には、滋賀県公演なのに。
タフ!

もうすぐ開場!
[PR]
by ishokuju | 2011-11-23 17:19

ダンスのように抱き寄せたい

今日は、僕が、ユーミンの歌の中で、いちばん好きな歌のはなしをします。


僕がいちばん好きなユーミンの歌は、「ダンスのように抱き寄せたい」って歌です。
彼女が56歳のときにリリースしたシングル。

この歌が好きすぎて、ひどいときは、朝晩、1日2回聴いてました。
さすがに、今は、熱もそれなりにひいて、そんなには聴かなくなったけど。
決して派手ではない歌、でも、じわじわ・あとから効いてくる、って感じかな。

この歌って、ラヴソングってカテゴライズされるんだろうけど、僕は、パートナーシップの歌だなあ、って思ってる。
ちょうど10年前、46歳のときに、「パートナーシップ」ってシングル曲があったんだけど、その歌をより深めたような内容だと思う。

こないだ、ユーミンのコンサートに行ったら、この曲が演奏された。
MCで、今年の震災の話になって、そのあとに、この曲のイントロが流れ出すものだから、かなりこみ上げるものがありました。

僕は、この歌は、自分の親のことを考えながら聴いてしまいます。
両親のことを思いながらこの歌を口ずさむと、歌詞の1行1行すべてに無駄なところがなく、心にしみこんでくるから、すごい歌だなあ、って思います。

僕は、もうすぐ誕生日で、みんなから、おめでとう、って言われる立場なんだけど、その言葉って、自分の親にこそ、向けられるものではないのかな、って感じるようになりました。
親に感謝の言葉って、なかなか、言えないね。
できることなら、「ダンスのように抱き寄せたい」を、両親の前で歌いたいくらい。


そんな、超名曲な「ダンスのように抱き寄せたい」なんだけど、シングルジャケットが、これまたぶっ飛ぶような派手な感じで、笑えます。
[PR]
by ishokuju | 2011-11-22 16:38 | MUSIC | Comments(0)

チケット5枚、購入

昨日は、チケットを、5枚、購入。

土曜に観る、舞台のチケットを3枚と、翌日、日曜に観る、サーカスのチケットを2枚。
どちらも楽しみ。

ゆうべは、トマト アンド オニオンに行った。
こないだ、観光通りにできた店舗。
なぜ、今、トマオニなんだろう、みたいな。

ナポリタンの上にハンバーグが乗っかってるやつをオーダー。
鉄板の上に乗ってて。
一番下には、薄焼きの玉子。
これが、意外にも、おいしかった。

デザートも食って、談笑してたら、あらら、はなしが盛り上がり始めて。
ここで、初めて、ドリンクバーを追加オーダー。
最初から頼んでおけばよかった、みたいな。
f0207134_15521230.jpg

[PR]
by ishokuju | 2011-11-21 15:52 | 買う/捨てる | Comments(0)

秋のバーベキュゥ

日曜、峰山公園(みねやまこうえん)で開催された、バーベキュゥ会に出席してきました。
11人だか12人だかの男女が集いあい。
みんなでわいわい。
(ただし、その中の2人とは、いっさい口をきかず。)

峰山公園へは、病院坂を越えて、向かった。
僕のポロに、ふたりの友達を乗せて、会場へ向かったのだけれど。

病院坂にある、その病院、かつて、友達が入院していた場所。
その友達を、今、助手席に乗せているわけで。
彼は、仕事中の事故で、指がチョン切れて、ここに入院していたのであった。

僕も、助手席の彼にとっても、久しぶりの病院坂。
坂をのぼりながら、おもわず、指、うずいてきた? なんて、彼に言っちゃった。
彼は、手のひらを僕の前に出した。

さて、今回のバーベキュゥも、すごかったよ。
料理人の友達がオーガナイザーとなって、定期的に開催されるバーベキュゥなんだ。
食材とか調理とか、はっきり言って、普通じゃない!
普通じゃなさ過ぎる!

今回、いろんな部位の牛肉をいただいたけど、どれもおいしいの。
なんつうか、牛肉って、焼肉とかすき焼きとかステーキとか、いろんな食べ方があって、それなりに、どれもおいしいものだけれど・・。
今回のは、本当に、肉がおいしい、って思った。
牛肉なんて、それなりのものは、それなりにおいしくて当然なんだ、って思ってたけど。
え・・、もしかして、今回のって、今までで食った牛肉の中で、いちばんおいしかったのかしらん・・?
なんか、今、思い出しても、うっとりするような肉だった。

次々に、いろんな食材が出てきて、驚きの連続。
ものすごいごちそうよ。
最後、ぜんざいで終わるまで、めくるめく展開だった。

おいしいものをいっぱい食べられたり、仕事で遠方に行った友達と久しぶりに会えたり、幸せな秋の日曜。
オーガナイザー様、おつかれさまでした。
f0207134_23275590.jpg

[PR]
by ishokuju | 2011-11-18 23:28 | 食べる! | Comments(0)

赤灯台と宇治抹茶

さっき、赤灯台までジョギングしていたんですけど。
赤灯台の下で、缶コーヒーをいただきながら休憩してたら、小豆島からの、たぶん最後の船が、着岸しようとしていた。

明日、小豆島の友人と会うけれども、この船に乗っているかもしれない・・。
今、Mailしたら、甲板から手を振りあったり、港でちらりと会えたり、するかもしれない。
でも、走っているとき、ケータイを不携帯で、どうすることもできないのであった。
その、もどかしさ。

(友人は、この船には乗っていなかったことが、あとで判明。)

ちなみに、赤灯台の下では、ジョージアの新しいコーヒーをいただいた。
ミケイラの自販機にあった、宇治抹茶が入ってるってやつ。
コーヒーと抹茶って!
そしたら、それが、意外とおいしいのであった。
てゆか、これってコーヒー?! みたいな味だったけれども。
[PR]
by ishokuju | 2011-11-13 00:07 | ジョギング/マラソン | Comments(0)

シングル未収録でいいや

シングル曲が入ってないアルバムって、かっこいいよね。
シングルを入れたほうが、売れるだろうに。
アルバムの世界感を最優先、みたいな?

レコード会社だって、売れる商品を作りたいはずだし。
こういうアルバムを出すって、よほどの意思がないとできないことなのでは?


シングル曲未収録アルバムで、真っ先に思い出すのが、中山美穂の『Mind Game』よ。
大好きなアルバム。
僕が、唯一聴いた、中山美穂のアルバムなんだけど。
シングルヒット連発のころのアルバムなのに、よくぞ、こんなアルバムを作ってくれたな、って感じ。

今、中山美穂のことをいろいろ調べてて。
彼女のアルバムで、シングル曲未収録のアルバムは、全部で5枚あるのだと。
『Mind Game』以外に、『ONE AND ONLY』、『De eaya』、『わがままな あくとれす』、『OLIVE』がそうなのだと。

で、びっくりしたことが!
『De eaya(デ イーヤ)』っていう1991年のアルバムには、僕が敬愛する大貫妙子様が楽曲を提供していることが発覚!
うそー?! 知らなかった!

てゆか、中山美穂と大貫妙子って、なんか結びつかない!
そいえば、前に、大貫妙子が工藤静香のアルバムに楽曲提供していることを知ったときも、違和感感じまくりだった。
大貫妙子って、こういう、地味な楽曲提供をしてるんだよね。

でも、この『De eaya』は、大貫さんがアルバムの主要曲を提供しているみたいだから、大貫さんファンの僕としては、ぜひ聴かねばならぬアルバムだと思われる。
詞が中山美穂で、曲が大貫さん、なんて曲も含まれてる!


(このタイトルの「デ イーヤ」って、日本語の「でいいや」をスペイン語風にしてみた造語なんだって・・。)
[PR]
by ishokuju | 2011-11-10 06:38 | MUSIC | Comments(0)

望郷(3週連続)

3週連続で、日曜日、帰郷することに(四国の右下・徳島県が僕のふるさと)。



先々週は、徳島市で開催された、リヴァ サイドを走るマラソンに出るため。
先週は、美馬市(みまし)のファミリー レストランで、友人と談笑。
今週は、徳島市で開催される、とくしまマラソンっていうのを、友人と見にいくの。


3週連続ったって、先週の美馬市なんかは、2時間だけの滞在だったんだけど。
徳島市内の、都市部で生まれ育った僕にとっては、美馬市は、奥地、秘境って感じの場所。
大人になるまで、行ったこともなかったし。
先々週は、吉野川っていう大きな川沿いを走ったけれど、先週の美馬市で談笑した場所だって、同じ吉野川の川沿いなのであった。
ただし、ずっとずっとずっと上流部分。


そいや、今月は、あと、山下達郎に会いに、鳴門市(なるとし)にも行かなきゃだし。
遠くて近い、ふるさと。
f0207134_2571910.jpg

[PR]
by ishokuju | 2011-11-06 02:57 | ジョギング/マラソン | Comments(0)

美幸になりたかった夕方

昨日、夕方、車で移動中、カーレイディオで聴いていたABC。
川中美幸の番組が始まった。
ゲスト・眞鍋かをり。

(川中美幸の番組、知らない?
酒造メーカーの一社提供で、最初に、ゲストと美幸が、乾杯! チン! とかやるやつ。)

オフのときとか、なにをしてますか? 的な質問が、美幸から投げられた。
「海外旅行にひとりで行っちゃいますね」的な回答をするかをり。



このときのかをりが、「旅行」でも「海外」でもなく、「ひとりで」の部分にアクセントがあるように感じられる答え方をしたの。
そして、「ひとりで」の部分に驚かずにいられない様子の美幸。

夕方、急にどこかに行きたくなっちゃって、すぐに空いている便を調べて、そのままニューヨークに行っちゃったこともあります、なんて、かをりの経験談。
ええー、ひとりで? こわくない? と美幸。


まあ、こういう番組の台本があったのかもしれないけど。
でも、ひとりで行動するのが好きな人って、たいてい、ひとりで行動することを強調したがるよね。


なんつうか・・、この放送を聴いていて、僕が思ったこと。
僕が、美幸だったら、こんなトーク展開しないのになあ、って。

「海外旅行にひとりで行っちゃいますね」なんて答えられたりしたなら、「ひとりで」の部分は完全にスルーするの。
かをりが最も強調したい部分を話させない。
どこの国がよかった~? なんて、どうでもいい質問で返す。
[PR]
by ishokuju | 2011-11-05 02:46 | Comments(0)

真珠ちゃん、18歳に

野沢直子んちの長女の真珠ちゃんが、18歳になったのだと。
ブログを見てみると、野沢直子が手作りケーキを作ってるところがレポートされてる。

野沢直子んちには、3人の子どもがいるんだけど、しょっちゅうブログに登場する。
よほど、仲がいいんだろうね。
こないだも、ハロウィンのことが書かれてた。
日本の、最近変に盛り上がってるハロウィンは、なんかいんちきって思えちゃうんだけど、彼女のは、本場だもんね。

真珠ちゃん、ママより、頭ひとつ大きくなっちゃてるらしい。
もう18歳、大人だね、って、書かれてて、ママと並んでる写真、ほんと、とっくに背を抜いてるの。


あの子がこんなに大きくなったんだー、って、僕も思わずにいられない。
こんな言い方、僕が真珠ちゃんに会ったことがあるみたい?


実は、僕、真珠ちゃんと、大昔に会ったことがあるのだ。
あれは、1997年、僕が福岡県で大学生をしてたときのこと。

野沢直子が、だんなのボブと組んだファミリー ユニット“ジ アス バブーンズ オブ ヴィーナス”が、「ネイキッド レディ レスラー ヴァーサス マンゴ マン」ってCDを出したとき、プロモーションで来日したんだ。
家族全員で!
福岡のタワーレコードで、インストアライヴがあって、握手してもらったりしたよ。

そのとき、直子のひざの上にちょこんと座ってたのが、真珠ちゃん。
つまり、あんとき、3才か4才だったってこと。
まだ小さかったから、僕のことは覚えてはないだろうね(直子も覚えてない)。


最初に言った、手作りケーキなんだけど、仕上げは、次女がデコレーションを手伝ってたり。
なんか、この家庭、貧乏だけど、ほんと愛があふれてる。
前までけんかばかりだった長女と次女も、最近、とても仲がいいんだって。

これからも、遠い日本から、この家族のことを見守ろう、と思いましたとさ。
f0207134_3504537.jpg

[PR]
by ishokuju | 2011-11-03 03:51 | Comments(0)