<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ミリヤちゃんの時代

昭和が終わって、平成が始まったのは、僕が中学1年のときのおわり。
13歳のとき。
そんな平成も、もう23年?!


僕が、大卒で就職して、14年目。
ということで、今年の春に就職してきた大卒の子たちは、13下・・。
つまり、その中には、平成生まれが混入していることになる!



1988年生まれの代。
有名人でいうなら、最近、僕がこよなく愛している、加藤ミリヤちゃん。
あと、体操の内村航平クンとか、清水翔太クンとか。


(ミリヤちゃんは昭和63年、内村クンは昭和64年、シミショーは平成元年生まれ。)



んー、なんつうか、世代が違いすぎる感じ!
はなしとか、合わなさそう!
でも、最近、加藤ミリヤちゃんは応援してる感じ。
[PR]
by ishokuju | 2011-08-29 00:02 | Comments(0)

How To Catch Cold

長くひいてた風邪が、やっと、治ったっぽい。
しんだかったーー!!


(「しんだい」って、僕のふるさとの方言で、しんどい、の意味。)



お盆休みが終わってから、風邪をひいたっぽい。
数年に一度、こういう、本格的な風邪を、ひいちまう。
今回、せきこんだり、たんが出たり、ほんと、本格的だった。



最初のほうは、薬を幾度か服用したけど、途中から、飲むの、やめた。
体を、風邪と戦わせねばならないもんね。
風邪って、体のそうじだし。


で、仕事は、一応ベテランなので、穴をあけず、ポキポキこなしたけど・・。
休みたかった・・。



ところで、これって、僕だけなのかなあ。
風邪をひく直前って、体が、異様に元気にならない??
朝、やたらと体が軽いなあって思ってたら、その日の午後から、“微熱かナ”って感じになったり。



今回の、ひどい風邪で言うなら、お盆休みの、福岡ドライヴ旅行の帰りが、異様に元気だったんだよね。
W加藤のCDを聴きながらの帰路だったんだけど、ほんとテンション高くって。
思えば、あン時、すでに、僕の体は、風邪のウイルスをキャッチしちまってたんだと思う。



(W加藤って、いづみとミリヤね。
それにしても、福岡のホテルで、これでもかってくらい寝まくってたのに、いったい、いつ風邪を・・。)



てゆか、日曜に、友達ふたりと会ったけれど・・、うつしてないかな?
ま、今ンとこ報告がないから、うつしてないんだと・・思う。
てゆか、同僚にもうつってないっぽいから、よかった。
f0207134_21552354.jpg

[PR]
by ishokuju | 2011-08-25 21:55 | 苦笑 | Comments(0)

雪が降ってる!

日曜、久しぶりに会った友達と、昼、飯、食った。



友人は、沖縄出身。
なんとなく、修学旅行のはなしになった。
沖縄の子って、どこに修学旅行に行くんだろう?



中学の修学旅行は、九州だったそうだ。
船で九州に上陸、福岡、長崎、熊本、大分、そんな感じかな。
で、帰りは、飛行機で戻ってきたんだそう。


(修学旅行って、小学校では歴史ネタ、中学校では戦争ネタをからめるらしいよ。
僕も、中学のときは、広島の原爆系、見たもん。)



熊本は、阿蘇山の観光だったそう。
そして、ここで、ハプニング発生!
なんと、空から、雪が舞ってきたんだって!!


なにがハプニングかって、みんな、本物の雪を見るのが、そのときが初めてだったんだって!
ええーー!!
そのはなし、かなり、衝撃だった。


突然の雪に、みんな興奮。
急遽、熊本の滞在時間を、延長することにして、雪との戯れタイムがもうけられたらしい。

中学の卒アルにも、その、熊本での雪の写真が載せられてるんだって。
みんな、雪とは不似合いな薄着で写っているんだけど、誰もが興奮してて、寒さとか、気にならなかったんだって!


なんとも、ほほえましい、でも、おもしろい話だった。
僕の出身は、徳島県(四国の右下)だけれど、冬、雪、必ず、幾度かは、降るし。
初めての雪の記憶なんて、ないし。



その思い出って、かなり貴重よね。
そんで、同じ日本に住んでいながら、そんな体験ができる人がいるのって、すごいな、って思ったり。
今、その友人は、冬に雪が当然降る地域に住んでいるけれども、初めて見た雪の興奮を、いつまでも忘れないでいてほしい、って思った。
[PR]
by ishokuju | 2011-08-23 04:00 | 興奮/驚き | Comments(0)

福岡銀行さようなら

学生時代、わけあって、通帳を、ふたつ持ってた。
郵便貯金のと、福岡銀行のと。


ゆうちょの通帳が、メイン。
実家からの仕送りは、ここに入金されるし、公共料金とか、クレジットカードとか、引き落としは、ここから、されてた。





じゃあ、福岡銀行の通帳は、なぜ、必要だったか。
それは、家賃を払うためのものだったの。
福岡での、大学生活4年間、僕がお世話になってたのは、“三好不動産”ってとこだったんだけど、ここ、なぜか、家賃、ゆうちょからは引き落としができないのであった。



毎月、一度、家賃分のお金を、福銀の通帳に、いちいち入れねばならぬ。
4年間!
本当にうざかった!!
なんで、ゆうちょじゃだめなの?
今も、だめなんだろうか・・?




福岡での生活を終え、13年半がたつんですが、いまだ、福岡銀行の通帳を持ってて。
それを、今回の福岡旅行で、やっと、解約してきた。
今回、印鑑を持っての旅だった。



通帳と印鑑と免許証を、福銀の窓口に出した。
古い通帳だからか、かなり時間がかかった。
通帳の、残高751円が、13年半の時をかけ、手もとに戻ってきた。




いつか、解約せねばって、ずっと思いながら、通帳、持ってたから、やっとできて、ほっとした反面、やはり、ちょっと、さみしさもあるよね。
大好きな、福岡とのつながりを、ひとつ、消してしまったのであった。
[PR]
by ishokuju | 2011-08-19 05:57 | ため息が出る | Comments(0)

夏、終わる、げほげほげほ

ぐほー、風邪ひいたー。
お盆休み4日間のこと、書かなきゃなのに。
カプチョ、まさかの消失、とか。
ワイパー最速でも前見えない、とか。
福岡銀行、とか。
志賀島(しかのしま)、とか。




あー、だりーよー。
阿波おどりと、福岡3泊4日旅行をしたんですけどね。
気力があれば、また書きます。



博多の女(ひと)、好き。うめー。
じゃあね。また。
[PR]
by ishokuju | 2011-08-19 02:12

最後の夜

実は、今、福岡県にいるのでした。
3泊旅行の最後の夜。
あー、よく寝た...。



今日は、汽車と電車を乗り継いで、博多や天神でお買い物。
シャツ2枚とアクセサリーを買った。
イムズの12階で食事したり。



3泊4日もの長い旅って久しぶり。
もう戻れないわ。
[PR]
by ishokuju | 2011-08-17 00:40

“写ルンです”!

こないだの、愛媛旅行。
友達が、“写ルンです”を持ってて。
なつかしくて、びっくり。
自由に使ってよい、とのことで、久しぶりに使ったよ。




てゆか、“写ルンです”って言っても、わからない人のほうが多いのかなあ・・。
富士フィルムが出してた、使い捨てカメラのこと。



「決められた枚数」しか、撮ることのできないカメラ。
写真を撮っても、どんな写真が撮れてるのか、そのときはわからない。
すべて、撮影が終わったら、そのカメラを、写真屋やコンヴィニに行って、『現像』を頼む。
のちに、写真が出来上がって、取りに行く。
そこで、初めて、撮影した写真を見ることができる!
使い捨てだから、カメラは戻ってこない、・・というもの。




決められた枚数、写真を撮影して、現像をお願いして、そして初めて写真を見ることができる、このプロセスの、「写真を早く見たい」、という、わくわく感って、今の人には、理解できないだろうね。



カメラを買った時点で、枚数が決まっている、とか、現像するまでできあがりがわからない、とか。
こういう、めんどうくさい制約みたいなの、なつかしくて仕方がなかった。


愛媛で、写真を撮るとき、ものすごく緊張したもん。
そうそう、写真って、本来、こういうものだったな、って、なつかしさ。


写真もデジタル化されて、便利になったと同時に、こういう、わくわくやどきどきは、失われてしまった。
ちょっと、残念な気分がする。




ところで・・。
愛媛旅行で、友達が突然持ってきた“写ルンです”。
数枚残ってて、まだ、現像に出してない。

実は、使用期限が2008年のもので、もう3年経過したもの。
だから、“写ッテナインです”なのかもしれないのだが・・。


・・あー、アナログってどきどきさせるっ!!
f0207134_3374112.jpg

[PR]
by ishokuju | 2011-08-11 03:37 | Comments(0)

Viva! 高橋研!!

日曜に観た、加藤いづみのステージには、高橋研がギターで、ちょっと驚いちゃった。
高橋研って、昔、写真で見たとき、スナフキンみたいだな、って思ったけど、本物は、ほんと、そんな感じだった。


高橋研って、川村かおりへの楽曲提供のイメェヂ。
子どものころ、彼女のCDをよく聴いてたから。


今、高橋研のことを、いろいろ調べてみてて、びっくり。
川村かおり以外にも、知ってる曲、いっぱい、彼が手がけてるんだもん。



中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」とか。
おニャン子クラブの「じゃあね」とか!


中でも、驚いちまったのが、小泉今日子「スターダスト メモリー」!
作詞作曲、ジ アルフィーの高見沢さんだと思ってたんだけど、作詞は、高見沢さんと高橋研の共作だった。


なんで、「スターダスト メモリー」で、そんなに驚いたかって・・。
だって、この曲は、僕が初めて買ったレコードなんだもん!!
今から25年前に!!


すげー・・。
僕の音楽の原点が、まさか、高橋研にあっただっただなんて・・!!
(おおげさ。)



こんなことなら、日曜の公演、加藤いづみだけじゃなく、高橋研にも、もっと、熱い視線を送っておくんだった。
握手もしてもらえばよかった。
公演後、いづみさんと談笑したとき、僕らの横で、高橋研さん、うろうろしてたんだよね。



中村あゆみやおニャン子クラブ以外にも、知ってる曲、ほんといっぱいあった。
すごい人だったんだ・・。


ところで、昨日、Amazonで、加藤いずみのCD、購入しちゃった。
来週の福岡ドライヴ旅行までに、届くといいな。
[PR]
by ishokuju | 2011-08-10 07:26 | 興奮/驚き | Comments(0)

MASAKIのいづみ

日曜、加藤いづみの愛媛公演に行ってきました!
本物の加藤いづみを見るのは、2001年9月以来、ちょうど10年ぶり!


会場は、愛媛県伊予郡(いよぐん)にある、“エミフルMASAKI”。
(エミフルっていうのは、「笑み」と「FULL」をたした造語、だとさ。)
MASAKIとは、この会場のある町の名前で、エミフルMASAKIは、伊予郡松前町(まさきちょう)にあります。



そもそも、今回の愛媛旅行、当初は、加藤いづみの公演を観る予定じゃなかった。
というのも、連れが、ホテルの予約とかしてくれた数日後に、この公演のことを知ったという。
いづみさんが(いきなりさんづけ)、以前、ブログで紹介してた、松山のパスタ屋(イタリア料理 でゅえっと)に行く予定にはしていたのだけれど、まさか、同時に、その本人の公演を観られることになるなんて・・。
かなり、衝撃でした。



ところで、会場について、いきなり、驚いちまった。
なんと、加藤いづみと一緒に、高橋研も来るってわかったから。
高橋研って、あの高橋研?!


(高橋研って、写真でしか知らなくって、スナフキンみたいな人、ってイメェヂだった。
そしたら、本物は、ほんと、そのとおりだった。)



ライヴは、高橋研のギターと加藤いづみのヴォーカルだけの、シンプルなもの。
(あと、加藤いづみが、タンバリンをたたいたり、鍵盤ハーモニカを吹いたり。)
オリジナルのほかに、ガロや松任谷由実のカヴァもあったりして、かなり感激しました。
愛媛県は、加藤いづみのふるさとでもあるので、MCは、地元トークも多かったです。



ライヴがはねたあと、いづみさんとドキドキ談笑。
昨日、初めてでゅえっとに行きました! とか、来月、高松のユーミンのライヴに行くので、今井クンによろしくお伝えください! とか、なんか、支離滅裂で、ろくなことが言えなかった。
(いづみさんのだんなさんの今井マサキクンが、ずっと、ユーミンのライヴのコーラスをやっている。)



Ah...、とても、すてきなライヴだった。
かなり、いやされました。
CDも聴いてみなきゃだな。
[PR]
by ishokuju | 2011-08-09 03:13 | 興奮/驚き | Comments(0)

フォーラムにかさねて

すっげーよな。
いつも、うっとり、眺めちまう。



なにがすごいって、東京国際フォーラムよ。
ホールA。
座席数が5012席!



いろんなコンサートホールの、座席表を見るのが大好き。
わくわく。
そんな中で、いちばん座席数が多いのが、ここ。



ざっと計算してみて、1階席3000、2階席2000ってとこかな。
2階席、横一列に90席とかあるの!
Ah...! 興奮する!



来月、高松でユーミンのライヴを観るけれど、チケットをとってくれた友人が、いい席でなくてごめん、とか言うわけ。
1階席の18列目とかで、


確かに、高松の会場の座席表を見てみると、1階席の真ん中より後ろだ。
悪い席のように見えたりする。



でも、よ。
高松の座席表を、頭ン中で、国際フォーラムホールAの座席表とかさねてみたら...。

アラッ!
すごく前の方のような気がする!
なかなか、捨てたもんじゃない、って思えてくるっ!




高松の客席数は2001。
東京の半分以下。
てことは、東京公演の倍以上の価値のあるステージを観られるってことよね。
うっふふ。




ライヴのチケットを発券してみたら、悪い席だったとき。
落胆する前に、国際フォーラムホールAの座席表を見てみるといい。
自分のホールの座席表とかさねてみると、悲しみがやわらぐはず。



僕の地元、徳島県徳島市で、いちばん大きなホールは、徳島市立文化センター。
座席数1151!
29列目までしかない。
横は最高で47席。



ユーミンは、20年以上、徳島でホール公演をしていなくて、最後にしたのが、1989年、ここ、徳島市立文化センターだった。
やっぱ、2000席クラスのホールはあってほしいなぁ。
いろんなアーティストに来てほしいし!
[PR]
by ishokuju | 2011-08-06 01:40