<   2010年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

灼けた夜のともえ

こないだ、加藤いづみが、日記に、「堂本兄弟」のゲストに篠原ともえが来て、その収録をしたことを書いてた。
今日は、てゆか、今さっきだけど、その放送がありました。
かーなり、今日の放送、楽しみにしてた!
(加藤いづみは、あの番組で、コーラスを担当している。)
曲は、「レインボー・ララ・ルー」!
ゲストミュージシャンに、森若香織!
Umm...、篠原ともえ、やっぱり、いいゎ~。




今日は、疲れてて、眠くて眠くて。
「堂本兄弟」が始まるまで、寝てた。
というのも、今日は、峰山公園(みねやま こうえん)で開催された、バーベキュゥ会に出席してたから。
すっげ天気よくって。
かなり灼けた。

バーベキュゥ会のあとは、“煎濾(せんろ)”でお茶をして、そんで、カラオケに行ったり、した。
なつかしの面々と会えたりもしたし、楽しい1日でした。




じゃ、あらためて、また寝ます。おやすみぃいいいぃぃぃえぃっ。
[PR]
by ishokuju | 2010-06-28 00:06 | こんな週末 | Comments(0)

もう愛媛県で迷わない

明日、愛媛県を旅するんですけど(ライヴに行く)、一応、カーナヴィ、持って行くつもりです。
ちゃんと、使えるかしらん・・、不安・・。


こないだ、ノリで、カーナヴィ、購入。
で、先月、星空ビーチに行くのに、初めて、使用した。
(こんときも、愛媛県・・。)


星空ビーチの会場の「施設名」を指定しなきゃなのに、僕ったら、「住所」を入力しちまって。
なんと、高速道路走行中に、目的地に着きました、とか言いやがるの。
ぎゃっ!


結局、そのまま少しだけ高速道路を走って、県境を越えちまう。
ほんの数分間、広島県に滞在・・。


(この翌週の日曜、安室のライヴで、広島に行った。
広島って久しぶりに来たなあ・・、いつ以来だろう・・。
あ、6日ぶりだ・・、みたいな。)


このときの失敗をふまえ、明日、ちゃあんと、愛媛県のライヴ会場に、たどり着いてみせます。
たぶん・・。



(そんでね、星空ビーチの帰りよ。
高速道路走行中、ガソリン、空っぽになっちまう。
途中で、高速道路を降りるはめに・・。
同乗者を不安にさせちまって、大反省したわ。)
[PR]
by ishokuju | 2010-06-23 06:31 | Comments(0)

広島の林檎

今日は、近所のスポーツ用品店で、買い物をしました。
走るとき用の、シャツとパンツを。



走るようになってから、買ったもの。
靴、シャツ2枚、パンツ、帽子。
Umm...、やっぱ、ランニングって、お金がかからなくていいわ。


今日、買ったシャツは、夜間用に目立つように、白にした。
パンツは、今までは、普通の短パンだったんだけど、スポーツ用の素材のものにしました。



帰宅して、今、買った、白シャツとパンツに着替えてみた。
なんか、すごく、かっこいい。
衣装もかっこいいんだけど、それを着ている自分が、すごくかっこよく見える。
まあ、ちょっとした、コスプレ感覚よね。


今まで、スポーツというものに、ほとんど縁がなかったから、こんな格好をするの、実は、すごく恥ずかしかったり、するんだけどね。
かたちから入る、っていうのが、すごくかっこ悪い気がしてて、走り始めたときも、靴を買っただけで、なにも、ほかは準備しなかった。
先月、マラソンの大会に初めて出たんだけど、自分の格好が、すごく変であることに改めて気づいてしまって。
ああ、しろうとだからといっても、もうちょっと、まともな格好をしなきゃだなあ、なんて思った。
で、ちょっとずつ、必要なものを買い足して行ってる、って感じ。



今日も、昨日と同じ19時45分から、走ってきた。
8km弱の距離を、1時間かけて、ゆっくり走った。
昨日も、結構走ったのに、足に痛みも違和感もなくって、なんだか好調かも。
ちょっと、右のお尻が痛いから、帰って「新参者」を観ながら、大臀筋(だいでんきん)、ストレッチした。

** ** ** **

あ、走るようになってから、買ったもの、もうひとつあった!
キーホルダー。
家の鍵をつけるやつ。

今まで、車と家の鍵をひとつにしてたんだけど。
走るようになってから、そのたび、家の鍵をはずして、ポケットに入れて走ってたんよね。
車の鍵、でかいから。

それをいちいちやるの、めんどうになってきて。
で、こないだ、広島県を旅したとき、アンデルセンで、林檎のかたちのCuteなキーホルダーを買ったのだった。

プラスティックの林檎のCuteなキーホルダー、いざ使ってみると、走ってるとき、ポケットで、カチャカチャ音がするのだった。ま、いいけど。
てゆか、小銭の音もちゃりちゃりいったり、する。
[PR]
by ishokuju | 2010-06-21 03:38 | 買う/捨てる | Comments(0)

寝すぎて元気な土曜

今週は、仕事が遅い日が続いた、でも、昨日は18時に終わった、仕事帰り、ドラッグストアで、“ブルボン チョコリエール”購入、一袋、一気に完食。



19時45分から、ランニング、21時15分まで1時間半、走った、前まで、距離をはかることにハマってたのに、それに、すっかりあきてて、今は、まったくはかってない、今は、時間だけ、はかってる、だから、腕時計はかかせない、でも、時間をはかることにも、そのうち、あきたりして。

高松自動車道の下の道を、ひたすら西へ、ドン・キホーテ前を通り、JRAまで行って右折、栗林トンネルに行く坂道の手前で右折、中央通りへ出て北上、栗林公園の前はひんやり、菊池寛通りへ右折、吉野家(元・銀座ジュエリー マキ)を左折、商店街突入、ルイ・ヴィトンを右折、轡堂(くつわどう)・ボッテガ ヴェネタ前を通って商店街を出る、そのまま直進、高松市福岡町プール、高松市総合体育館まで突き当たって右折、で、職場まで来てしまって、初めて、いつもの通勤路を走る、いつもの“まいどおおきに食堂”で飯を食って帰宅。


すぐにシャワーを浴びたいのをがまんして、着替えとタオルを持って、ビーサンにはきかえ、仏生山温泉へ、Ah...、すっきり、2週間ぶり。今日は、いっぱい走ったのに、足、全く違和感も痛みもない、よく寝たからかなあ、ゆうべは寝て寝て、なんと寝坊、会社、遅刻しちまったのだった・・。
カルピスが出してる、「黒豆黒茶」ってお茶があって、それは、仏生山温泉でしか売られてるのを知らないから、買って帰った。
[PR]
by ishokuju | 2010-06-20 23:48 | こんな週末 | Comments(0)

フラワーズ

『FLOWERS』?



だったら、おととい、レイトショーで観てきた。
日曜に、『告白』をレイトショーで観たばかりなのに。
3日ぶりの劇場。


この日、夕方、『FLOWERS』、行かないか、と、連れからMailがはいって。
21時半からの上映。
平日のレイトショーだなんて、行くつもり、なかったんだけど、仕事が21時まであって、タイミングもいいし(職場から劇場は近い)、行くことにした。



そもそも、日曜の夜、『告白』を観に、ワーナーマイカル高松に行くと、別の友達2人組みと遭遇。
われわれは、21時20分からの『告白』を観に来てたんだけど、友達2人組みは21時半からの『FLOWERS』を観に来てたんだった。
『FLOWERS』も観なきゃねぇ、とは、思っていた。



そんで、映画なんだけど、これが、予想外によくって、感動。
予想外、というのは、「有名女優がたくさん出ているだけの、そんなに内容もない映画」みたいな、先入観があったから、かしらん。
よくできた映画だったよ。



主演の女優が6人(広末涼子、仲間由紀恵、蒼井優、鈴木京香、田中麗奈ら)。
昭和11年から平成21年までが描かれてて。
京香・涼子姉妹のおばあさんが優、みたいな。



昭和52年に、由紀恵が涼子を出産するんだけど、そこは印象的だった。
由紀恵・涼子の母子って、「僕の母と僕」の親子と、年代がほぼ一緒なんだな、って思って。

涼子は、ある理由があって、自分なんか産まれてくるんじゃなかった、みたいに思ってたとこがあったんだけど、今はせいいっぱい明るく生活してる、ってとこが、結構、じんときた。



優が死んで、お葬式があるんだけど、大往生ってことで、誰もそんなに悲しんでいないのも、よかった。
ちなみに、映画は、優の結婚式の前日、から始まるんだよ。
この映画が、優の娘たち、孫たちのはなしであるから、まさしくその始まり、だよね。



この映画って、家族で観るのが理想的かもなー。
母と一緒に観てみたい、とか思ったわ。
[PR]
by ishokuju | 2010-06-18 06:09 | 興奮/驚き | Comments(0)

TSUBUYAKI; 2010

■■蓮舫って、「れんほう」って読むのね。なんとなく「れいほう」って読んでた、この20年くらい。むかし、たけし軍団とかが、番組で、蓮舫の目の前にちんぽを出してたのとか覚えてるなあ。


■■ブログやトゥイッターで、カルピスの牛乳割りが好き、なんて言ったら、はやくも社会現象になってるみたい(おおげさ)。もんクンも試したみたいで、画像を送ってくれた。気に入ってくれたみたい。


■■シャワーのあとは、綿棒で耳の水分をぬぐうけど。2本の綿棒で、両方の耳、同時にやったら、バランスがとれて、妙に気持ちいいことが判明。


■■カルピスの牛乳割り、きなこ牛乳、ときたら、やっぱ次は、病人の血液混入牛乳かな(映画『告白』)。昨日『告白』を一緒に観た友達からMail、「今日はいい天気だね。昨日の重い内容を忘れさせてくれるくらい眩しい景色だわん」だって。


■■てことで、『告白』から、まだちょっと立ち直ってないけど、いつか、ちゃんとリヴェンジしたいかも。
[PR]
by ishokuju | 2010-06-15 05:01 | Comments(0)

ふらふら告白

『告白』?




Ah...、なんとか、最後まで観てきたよ・・。
気持ち悪かった・・。


途中、気分が悪くなって(コンヴィニで土下座するあたりから)、頭から血の気がひいていってしまって。
座っているのに、立ちくらみみたいになった。
かばんを手にして、とりあえず劇場の外に出ようとしたんだけど、横の席が空席だったから、体を横たえて瞳をとじてたら、ちょっと、ましになった。
なんとか、最後まで観られた。
(両端にお客さんがいたら、思わず、嘔吐してたかも。)



モノクロ映画に近いくらい、色彩のない映像。
血も、赤くなくて黒い感じ。
流血とか残酷とか、特に苦手ではないし、体調不良でも睡眠不足でもないのに、Umm...、まさか、目の前が真っ暗になりかけるなんて・・。





『告白』、最高!!
[PR]
by ishokuju | 2010-06-14 00:40 | Comments(0)

痛快! 病院坂!!

今日は、18時ちょうどに部屋を出て、ランニングをしたよ。
18時ともなると、明るいけれど、風、涼しい。
病院坂をめざしてみることにした。


病院坂とは、僕が勝手に命名してるだけだけど、高松市民病院に向かう坂道のこと。
去年の夏、友人がここに入院してたから。
よく、この坂、登った。
僕の献身的なお見舞いの日々・・、というのは嘘で、病室の友人のところに集まってくるお菓子目当てで通ってたところがあって、連日のお見舞いの日々は、僕をすっかり、太らせてしまったのだった。



病院坂を登って、病院を超えて坂を登ってみたけど、そのまま、峰山(みねやま)の頂上に向かうだけ、みたいなので、引き返した。


坂をおりてすぐのところに、石清尾八幡宮(いわせおはちまんぐう)があるから、吸い寄せられるように、入った。
広い境内(っていうの?)、人、ほとんどいなくって。
静謐としてる・・。
人で、ごったがえしてるときしか入ったことがないから、なんか、心が洗われる感じ。
水をすくって手を清めて(あれ、なんて名前だっけ)、で、お賽銭なんてやってみたりして。
パワースポット、って言葉が、最近、流行してるけど、ええ、パワーをもらいましたとも。


ほんと、パワーをもらったせいか、急に、走る足取り、軽くなって。驚き。
と思ってたけど、それは、さっきまでは病院坂を走ってて、で、今は道路が平坦になった、ってだけのことだった・・。
石清尾八幡宮の裏っかわ、池みたいなのがあって。
亀とか、いっぱい。
ここらへんの道、なんか、好きかも。
また、走りにこようっと。


“サンクリスタル高松”(高松市立図書館がこの中にある)の前を通って、なんとなく、裏道っぽい通りを通って。
19時ちょうど、高松駅の前まで出てきた。
Umm...、どこをめざそう。
結構、腹、へってきた。
1000円札を持ってきててよかった・・。


ルイ・ヴィトン前まで来て、迷ったあげく、紀伊国屋書店(きのくにやしょてん)に入ることに。
こんな、走る格好だから、ちょっと恥ずかしかったけど。ま、いっか。

『告白』特設コーナーがあった。
たか子のクラスの集合写真の、スクラッチカードがあった。
担任のたか子以外、全員の生徒の顔が、スクラッチ処理で隠されてる。
で、人殺しをした生徒を当てる、というもの。
人殺しだと思う生徒の顔のスクラッチを、コインなんかで削って、当たれば、映画料金値引き! みたいな。
すべての生徒の顔面が、スクラッチで隠されたその用紙も、かなりインパクトがあるけれど。
やること、過激だよねー。
ああ、明日、『告白』、楽しみー。


空腹も限界、てことで、こないだ商店街にできた、吉野屋に入って、飯、食った。
ここの吉野家、黒を基調とした、シックでラグジュアリーな外観(内装は、あくまで吉野家)。
そのわけは、この建物、吉野家が入る前までは、“銀座ジュエリー マキ”だったんだよね。
マキの次が吉野家かよ! って、誰もがつっこみを入れたはずだわ。


腹ごしらえ後、また、とっとこ、走って帰宅。
今日、すっげ、距離、走ったな。
[PR]
by ishokuju | 2010-06-13 03:55 | ちょっと聞いて | Comments(0)

週末告白

『告白』?



だったら、今週末、観に行く予定。
中島哲也(なかしま てつや)監督の最新作ね。


哲也監督の映画を劇場で観るのは、『嫌われ松子の一生』以来だな。
木村カエラ、超Cute!


中学校が舞台の映画なのに、R15+なんだってー。
えー、それって、『バトル・ロワイアル』みたい。
『告白』、どんな残虐シーンがあるんだろうか・・、ワクワク。



今日は、夜勤の休憩、ワーナーマイカル高松まで、お散歩した(職場のとなり町)。
で、映画の時間とか、調べてきた。
はやく、週末にならないかな~。
f0207134_4352542.jpg

[PR]
by ishokuju | 2010-06-10 04:35 | ちょっと聞いて | Comments(0)

はるな愛に関する奇妙な記憶

いまや、すっかり人気タレントになった、はるな愛。
なんか、いかにも性格がよさそうで、僕はわりと好きです。


いつの間にか、テレビとかに出まくり状態になってたけど、いつ、彼女のことを知ったんだろう・・。
知ったきっかけとかは、どうしても思い出せない。


そんで、大昔に、はるな愛に関する、奇妙な経験をしたことがあるので(おおげさ)、今日は、そのことを書こうと思います。

** ** ** **

あれは、今から12年とちょっと前、1998年4月のこと。
僕、今も続けてる、香川県での生活を始めた(その原因は就職)。

谷口ビルっていう、ボロいアパートメントで生活を始めたんだけど(そこには5年間住んだ)、そこの1階に、うどん屋さんがあった。
僕の部屋の真下だったんだけど。

部屋に越してきてすぐに、1度だけ、そのうどん屋に入って、食事をしたことがある。
2回目がなかったということは、まあまあ、だったのかな。忘れた。

なんてことはない、小さなうどん屋だったけど、ただひとつ、おかしなところがあって。
店内に、1枚、大きなポスターがはられていたこと。
それが、はるな愛のポスターだったの。

そのとき、12年前の22歳の僕は、はるな愛のポスターがはってあるなあ、って、思った。
でも、あとからあとから、なんか不思議な気分になってきて。
なぜに、うどん屋に、はるな愛なんだろう・・。
あと、あのポスターは、なんのポスターだったんだろう・・。
はるな愛のプロモーション用・・?

12年前に、僕がはるな愛を知ってた、ってのも、なんか意外。
それまでの、大学の4年間は、九州にいたりしたし。
彼女、関西系のイメェヂだけど、すでに、全国区のテレビに出ていたのかな。

なんか、このときのことを思い出すと、モヤモヤと漠然とした奇妙な感覚にとらわれて、なんか、気味が悪くなってくる・・。
いったい、あのうどん屋、なにものなの・・、って。

今は、うどん屋、いなくなって、別の店が入ってる。
うどん屋をふくめた、すべてが、幻だったのだろうか・・、って、そんなことは、たぶん、ない。
[PR]
by ishokuju | 2010-06-09 04:55 | Comments(0)