<   2009年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

流せなかった想い

僕が、ずっとずっと、気になってて、すっきりしないことがあるんだ。



ずっとずっとって、どれくらいずっとかというと、もう、12年ちかくも、よ!



先に言っておく。
ほんとうに、しょうもないこと。
だから・なに? って思われるの、覚悟してる。
でも、言わせて。
人に言うこともできないし。
ここに、そっと書かせて・・・。


えっとね、うちの職場のトイレのことなんだ。
個室。

INAXのシャワートイレがついてるんだけど。
(あ、ちなみに、ウォシュレット、じゃないよ。
ウォシュレットって、TOTOの商品名って知ってた?)

その、便座のふたに、シールがはられてて、シャワートイレのご使用上の注意、とか、プリントされてるんだ。
「警告」「注意」、とかね。



そんで、「警告」のところ、一番上に、こう書かれてる。



『・水に付けたり、水をかけないでください。』



これ・・!
僕を12年ちかく、苦しめてるの、これなの!!


もっかい、言うよ。

『・水に付けたり、水をかけないでください。』





・・・、なんか、この日本語、いやじゃない?
僕だけか?



僕なら、こう言う。
『・水に付けたり、水をかけたり、しないでください。』って。
そのほうが、自然じゃない?
美しい日本語、みたいな??



今から、約12年前、22歳の僕、フレッシュマンだ、ウンコがしたくなって、初めて、この個室に入ったんだと思う。
で、この、便座のふたのシールを見てしまったのだ。
そのとき、始まったのだ・・・、このもやもやは・・。


この12年のあいだ、幾度、ここでウンコをしたかしら。
どんな大きなウンコをして、爽快になったとしても、『水をかけないでください。』のせいで、気分が少しだけ、かげった。


あの、便座のふたのシール、いっそ、はがしてやろうかしらん。
あー、でも、初めてこの感情を吐き出すことができて、ちょっとすっきりした。


ウンコみたいな感情。流すわ。
[PR]
by ishokuju | 2009-11-28 04:39 | Comments(0)

きな子のこと

きな子、って、知ってる?



きな子って、犬の名前ですよ。
香川県丸亀市(まるがめし)にある、丸亀警察犬訓練所、ってところで、訓練をしている犬なんだ。



きな子の専門は、臭気選別。
事件現場の、遺留品のにおいと犯人のにおいを結び付ける、っていう、まあ、ドラマとかでもよく見かける、重要な仕事よね。



そんで、彼女の肩書きは、「ズッコケ! 見習い警察犬」。
なんと、警察犬の試験に、4回だか5回だか、落ち続けてる、いわば、おちこぼれ警察犬なんだ。


あるとき、県警主催の公開訓練会、みたいなのがあったらしい。
で、きな子のあまりにもダメっぷりな訓練風景が、みんなの注目を集めたんだって。
その、懸命に訓練にはげむ姿が、テレビで放映されたりしたことから、結果、大人気者になってしまったという。



たとえば、香川の警察が出してる、振り込めさぎ注意! のちらしやポスターにも、服を着たきな子が登場しちゃう。
(そこには、「安全・安心まちづくり教育隊特別隊員」なんて肩書きが。)

あと、ドッグセラピーみたいなので、あちこち、老人ホームをたずねたりだとか。
なにかの、公式なイヴェントに、ゲストで呼ばれたりとか、ね。
まあ、いわば、アイドルみたいな感じになってる。


臭気選別を専門とする、警察犬をめざしてるはず・・、なんだけど。
おちこぼれであるがゆえ、この人気。
おちこぼれであるがゆえ、ビジネスがなりたっている、という。
(ギャランティが発生しているかどうかは、知らないけれど。)


これで、警察犬の試験に合格しちゃったりしたら、もう、アイドル活動も終りかな・・。
本物の警察犬になっちゃったら、今のきな子の「価値」は、皮肉にも、なくなってしまうものな。



試験、がんばってほしいような、今のままで、いてほしいような。
これからも、ますます、きな子から、目が離せない!
[PR]
by ishokuju | 2009-11-27 15:48 | ちょっと聞いて | Comments(0)

飴とスニーカーの頃

勤労感謝の日の神戸は、いろいろ買い物したんだ。
DIESELのお店で、スニーカーを買った。


5足くらいのなかから、かなり迷った。
形は2種、色と形で悩みまくり。
はいて、鏡でうつして。
で、青いのに、決定した。


僕が、スニーカーを選ぶのに付き合ってくれたのは、女の店員さん。
で、レジで会計をしてたら、どちらからいらしたんですか、みたいな、わりとどうでもいいことを聞かれたり、した。

香川、って答えたら、うどんですよね~、みたいな。
2~3回、行ったことあります、だって。
うそつけっ! なんて、思った。


こんぴらさん、行きました! って、女の店員さん。
ふぅん、あっそう、って感じで聞いてたんだけど。

そしたら、彼女、あの、割る飴みたいなやつ、買いました! なんて言うの。
あら、やだ・・。
その飴、僕も、今年の正月、こんぴらさんで買ったわ・・。


それは、こんぴらさんの参道で売られてる、飴なんだ。
横15cmたて8cmくらいかな、きれいな型にはめてできた、とても薄いべっこう飴なんだけど。
それを、専用のミニかなづちみたいなので、小さく割って、いただく、ってやつなんだ。
見た目がかなりかわいいから、僕も、実家用に買った気がする。


てゆうか、さっき、香川に2~3回行ったことがある、って言う彼女に、「うそつけっ!」なんて思った自分に反省。
だってー、営業トークだと思ったんだもん。
ごめんなさい・・。



みたいな気持ちで、DIESELをあとにしたのだった。
f0207134_76542.jpg

[PR]
by ishokuju | 2009-11-26 07:06 | 苦笑 | Comments(0)

キーケースと子どもたち

僕が愛用しているキーケースは、ポールスミスのもの。
こげ茶色の革製で、まわりを赤い糸でステッチがしてあって、内側は、ピンクの布がはられている。
(こういう色使いって、ポールスミスっぽいな、って、今になって、思う。)



愛用、なんて、きれいな言い方だけれど、まあ、それしかないから仕方なく使ってる、って感じで。
もう、ぼろぼろ。
内側のピンクの布のところなんて、破けてきてて、ひどい状態。
まあ、人に見せるようなものでもないから、気にせず、使い続けてたけれども。



このキーケースは、25歳のときに、ハワイで買ったもの。
2001年6月。
すげー、8年以上、使ってたんだ。
毎日毎日、部屋を出るとき、帰宅したとき、このキーケースをさわっていたことになる。
そりゃあ、ぼろぼろになるわな。

ハワイで、シャツとかアクセサリーとか、いろんなもの、買ったけど。
今、残ってるの、このキーケースだけ。
写真も全部、捨てたし、なにも残ってない。



(このときのハワイ、2001年6月某日、夜、大阪府にある空港から飛んだ。
機内で読んだ夕刊で、今朝、今、自分がいる大阪で、とんでもない事件が起こったことを知った。
池田市、児童殺傷事件。
2004年9月15日の日記も、あわせて読んでください。)




おととい、勤労感謝の日、兵庫県神戸市を一人旅した、そんで、長い間、使っていた、キーケース、買い換えました。
イルビゾンテのお店で買ったのだけれども、とても、へんてこなの。

鈴のような形、中に、帯のようなのがついてて、先にリングがついてて。
そこに、鍵をつける。
パチっ、って普段はとめてるんだけど、使うときははずして、鍵が重みでおりてくる・・・。

・・・、Umm...、文字では言い表しにくい・・。
また、今度、見したげるね。



帰りのフェリーにて、鍵、お引越し!
新しいキーケースに、つけかえたよ。



ポールスミスのキーケースは、フェリーのごみ箱に捨てた。
[PR]
by ishokuju | 2009-11-25 05:07 | 買う/捨てる | Comments(0)

『アクセル』と『サイドブレーキ』

僕が、好きで好きで好きで、しかたない人の本があって、幾度も、くりかえし、読む。


ある随筆に、アクセルとサイドブレーキのことが書かれている。

『アクセルを踏むより、サイドブレーキをはなすことのほうが大事なのに、めいっぱいサイドブレーキをひきながらアクセルを踏むから壊れてしまう』、って。
これ、車のはなしじゃなくって、人のことを言っているんだよ。



たとえば・・・・。
体がプヨプヨだから、よし、筋トレするぞ! と決意、いきなりターザンを買ってプロテインを摂取して、体をきたえはじめた。
これが、アクセルを踏みこんでる状態。

ほんとは、まず生活を見直して、食べるものを考えたり、軽い運動を取り入れたりして、ぜい肉を減らすことから始めないといけない。
これが、サイドブレーキをゆるめている状態。


部屋にモノがあるれてるからって、収納の家具を買うのが、アクセルを踏んでる状態かな。
結局、部屋が狭くなってしまう。

思い切って、モノを減らす、これがサイドブレーキをはなすことだと思う。


身近な人で、どうしても、気の合わない人がいる。
明らかに敵対心を感じる・・、とか。
どうやって、相手にギャフンと言わせられるか、あるいは、無視していられるかを考えている・・。

これが、アクセルを踏んでいる状態だとしたら、じゃあ、サイドブレーキってなんだろう・・。

あいさつをしてみる、とか、その人のいいところを見つけてみる、とか、笑顔で話しかけてみる、とかかなあ・・。
そうやってたら、その苦手な人との関係も、改善されるんじゃないかしら。




というふうに、いつも、『アクセル』と『サイドブレーキ』を、心の中で思うようになった。
なにか、いらいらしたり、壁にぶち当たったときは、たいてい、『アクセル』を踏み込んでることが多い。
そういうとき、『サイドブレーキ』の存在を、忘れかけてる・・!

今のこの状態、サイドブレーキってなに? って、考える。
案外、すぐにそれがわかったりするんだけど・・。
それは、恥ずかしいことだったり、勇気が必要だったり、自分のダメな部分を認めてしまうことだったり、する・・・。




サイドブレーキをゆるめる素直さと、アクセルを踏み込むかっこよさ、両方を持ち続けたい、って思います。
[PR]
by ishokuju | 2009-11-21 20:48 | ちょっと聞いて | Comments(0)

「時のないホテル」のトリック

今年の4月、松任谷由実が、新しいCDをリリースした。
そんで、それに連動させて、全国コンサート ツァーをスタートさせた。

■■ ■■ ■■

ユーミンのライヴというと、ステージにプールがあったり、空中ブランコをやってたり、って、そんなのを連想するかもだけど。
今回のツァーは、ホールツァー。
ステージは、こじんまりとしてて、で、全国のホールを、わりと細かくまわる、って感じのものだった。


ということは、客席数が少ない、ということ。
ただでさえ、チケットがとりにくいのに、今回のツァーは、よけいに難しかった。

おいらは、2回、今回のツァーを観たんだけど。
1回目のは、どうしてもとれなくって、同行者が、インターネットを利用して買った、ちょっと割高で入手したチケットで、観た。
2回目は、CDを買ったときに、それに封入されてた紙に書かれた専用番号みたいなので、申し込むシステムのもので。
で、申し込んで、運よく、当たった。(当たった、って、チケットを買う権利を得た、ってことよ。


僕の友達なんかは、この、CD封入のチケットのやつ、はずれてた。
CD購入者でさえ、権利を与えないなんて・・。)


とまあ、なんとかチケットを手にし、2度、観られた、ってわけよ。

■■ ■■ ■■

そんで、なんで、今、こんなライヴのことを書いているかっていうと。
その、春から始めたツァーが、今月、終了したの。
長い!!
おつかれさま!!

ユーミンのレイディオを聴いてると、おつかれさま、ってMailがいっぱい届いてた。
そんで、やはり、ライヴの「あの」シーンのこと、みんな、質問してた。



今回のライヴで、びっくりな演出の曲があったんだ。
「時のないホテル」って歌のとき。

この歌、サスペンス調というか、パニック感というか、シリアスというか、ライヴでやると、結構、迫力がある曲。
歌の最後、ステージ上の大きな時計の中に、ユーミンが閉じ込められちゃう。

ここから出して! って感じで、シルウェットのユーミンが、時計の中でもがくんだけど、出られなくって。
そのまま時計は、吊り上げられて、上昇してしまうんだ。
そんで、ステージは、真っ暗に・・。


そしたら、次の瞬間、客席の中から、ユーミンが現れて、ステージへ向けて歌いながらゆっくりと歩き出す、というもの・・・。
ユーミンの瞬間移動にも驚くけど、それが、客席の中から現れるものだから、まあ、よけいびっくりよね。



そんで、リスナーから、あれはどうなっていたのか、ってMailが来てた、ってわけよー。
たねを教えてください、って。


そのユーミンの答えは・・。
これからも、ライヴで、あれと同じトリックをやるかもしれない、でも、わたしももうこの年齢だから、今回のが最後のツァーかもしれない、トリックを教えるのとツァーをもうやめてしまうのと、どっちがいい? みたいな感じだった。
まあ、うまくかわしてる、というか、はぐらかしてるというか。

■■ ■■ ■■

コンサートツァーをもうしない、なんてことはないとしても、今回みたいな、細かいところを回る、長期間のツァーは、ほんと、もう最後かもしれないなあ。
大都市の、1万人とか入る、アリーナクラスの会場でやったほうが、楽かも、だもん。
もう、初老だもんな、ユーミンも。


僕が今まで観た彼女の公演は、ほとんどが大規模なアリーナ公演だったし。
今回のは、貴重なホール公演だったんだなあ、って、改めて思う。
f0207134_2014495.jpg

[PR]
by ishokuju | 2009-11-21 20:01 | ため息が出る | Comments(0)

曲がれ! スプーン

曲がれ、スプーン・・!



わが家にある、スプーン、本数、数えた、6本もあった。
驚き。

4本は、18歳の春、ひとり暮らしを始めたとき、準備したもの、2本は、10年前につきあっていた恋人からのプレゼントだ。
6本って!
多い。
なんで、今まで、ここに気がつかなかったんだろ。


てことで、捨てる。
2本、残して、4本捨てようと思ったんだけど、新しいの、買うことにする。
全部、捨てる。

コップみたいに、割れたりするものじゃないから、こういうの、永遠に残るものだよね。


どっか、旅先で、スプーン、買うことにする。
生まれてから2度目、そして、人生で最後の、スプーン購入かもしれないな。

うちのやかんとおそろいの、柳宗理(やなぎ そうり)のにしよっと。

** ** ** **

コンヴィニで、アイスを買うと、スプーンをつけてくれる。
グリコ パナップを買ったときに、ちゃあんと、グリコ パナップ用の、長いスプーンをつけてくれると、うれしい。

かと言って、明治スーパーカップを買ったのに、グリコ パナップのスプーンをつけられたって、うれしくない。

たまーに、ハーゲンダッツを買うと、ハーゲンダッツ用のスプーンがついてくる。
白いプラスティック製の。
ロゴ入りの。
あれ、あの高級感、うれしい・・。

かと言って、ロッテ爽を買ったのに、ハーゲンダッツ用のスプーンをつけられたって、うれしくない。



アイス用の、木のスプーン、紙に包まれてるやつ、あれ、自分で勝手にとるところもある。
木のスプーンの紙の袋、つながってて、ミシン目でちぎるしくみ。
ていねいにちぎらないと。
横のスプーンの紙のとこが、破けて。
スプーン、見えちゃったりして。
[PR]
by ishokuju | 2009-11-21 01:04 | 買う/捨てる | Comments(0)

黙ると危険

先週、日曜は、紅葉狩りをしました。
土曜の夜、現地入り。


土曜の夜は、ファミリー レストランで、3時間くらい談笑。
なんか、結構、盛り上がって、楽しかった。

オマツクンなんて、会うの、2回目なんだけど、僕と同じで、人見知りとかしない人みたいで。
しゃべりまくって、なんだか、時間がたつのがあっという間だった。
そのわりには、なにを話したのか、あんま、覚えていないのだけれども・・。

で、ドリンクバーみたいなので、コーヒー、幾杯もおかわり。
6杯とか7杯とか、飲んだかも。
自称・カフェイン中毒だし。

でも、これが、よくなかった。


寝る前の、コーヒーの過剰摂取のせいかしらん。
その夜、眠れなくなったの。
そのまま、日曜の朝を迎えた。


寝不足が原因で、車に酔っちゃった。
酔い止めの薬、キメてたんだけど、効果なし。
ロープウェイの列に並ぶのだけで、だめ。
で、ロープウェイに乗る直前で、列から外れた。




歩いて山を登ろう、ってことになった。
しばらくは、野生の猿なんて見ながら、歩いていたけれど・・。
ついに、山道のはしっこに、座り込んじゃった。
歩いていられなくなった・・。

座り込んでるときに、写真をとられたのがあるんだけど。
まぁ。
その僕の表情ったら、むかし、教科書で見た、ものうげな太宰治そっくりなの!
(って、思いっきり、僕、表情作ってるけど)


このまま、山を登っても、山頂でもっと具合が悪くなっては困る。
ということで、下山を決意。
あああ、だめだめだあああ・・・。


元気なときは、しゃべりまくってるんだけど、具合が悪くなると、黙りこくる。
まるで、極端に躁鬱が激しい人、みたいになってる・・・。
僕が、しゃべらなくなると、大丈夫? って、聞いてくれる。

すごい、気を遣わせてしまって。
同行者には申し訳ない気分・・・。



みたいな、なんだか、最悪な紅葉狩りだった。
ていうか、狩り、できてないし。


帰りの船で爆睡して、高松におりたったときが、一番、体が軽くて元気だった。
今から、もっかい、紅葉狩りに行きたい、って、思ったもん。
[PR]
by ishokuju | 2009-11-21 00:49 | Comments(0)

おしっこの練習

昨日。
午前中、職場から電話、福岡のホテルに、予約をキャンセル、バス会社に、夜行バスをキャンセル。
正午、社外へ出る、BEAMSへ。
愛媛県のBEAMSで買っていたパンツを、香川の店舗に送ってもらってたので。



こないだの愛媛旅行。
タミィとMailしてて、全日空ホテルの地下に、DIESELのお店がある、との情報を得る。
愛媛のくせに。なんちて。

全日空地下に行ってみたが、店舗、見当たらぬ、うろうろしてたら、1階で、DIESELの袋を持った女性を発見。
晶(北斗晶似のその女性)にお店の場所をたずねると、2階、とのこと。
ありがとう、というと、晶もにっこり。

DIESEL店内、うろうろ、かわいいパンツを発見、試着、ミリヤ(加藤ミリヤ似の店員)、それに似合う靴とか、いろいろ、持ってきてくれる。
Umm...、買う、かも。
値段も25000円とかだし。

これ、とりあえず、キープかも、とミリヤに告げ、いったん、DIESELを出ると、前にBEAMSがあった。
頭をリセットするため、入ってみる。

そんで、一番最初に手に取った、へんてこなパンツを試着、いきなり購入決定、すそ、なおしてもらう。
香川県から来ている者であることを説明、そんで、高松のお店に送ってもらうことにした、送料無料。

Ah...、DIESELのあれ、忘れられぬが、ま、いつか、DIESELのお店で、あれと再会できたら、気持ちが変わってなかったら、買う。



みたいないきさつの、愛媛県のBEAMSのパンツなわけよ。
説明、長っ。
昼休み、自転車でBEAMSへ向かう、寒っ!

てゆか、高松のBEAMSのお店って、なんの魅力も感じないのに、よその地域のお店って、ちがって見えるから、不思議ね。
BEAMSで買い物って、超久しぶりにしたわ。

オレンヂの紙袋に、パンツを入れられ、BEAMSをあとにする、あまりに寒いので、はなまるうどん(第1号店)で、おうどんとおでんを食う。
明日から、ズボン下をはくことを決意する。

夜、仕事を終え、帰宅、あ! BEAMSの紙袋、職場に置いてきた!




今日。
ズボン下をしこんで、出社。

昼休み、職場の暗がり、さっそく、ニュゥ パンツに、はきかえる。
ズボン下の上から。
愛媛県の試着室以来の再会。
やっぱ、いいかもっ。

へんてこなのよ、すごく。
おしりの上のとこに、革のベルトがついてて、きつさを調節する。
ベルトを通す穴は、ない。

前は、パチっ、パチっ、ってとめるかんじで、最後、フックでとめるの。
へんてこなのよ。
この説明、わかんねぇよな・・・・。


午後、仕事してて、おしっこに行くと、Wow! とまどい・・。
おニュゥであること、思い出す、ちょっと、てまどる。
放尿後、ズボン下をあげ、おニュゥ パンツをはくのに、あたふた。

こりゃあ、おしっこの練習、せねばだ。

これから、しばしば、この、へんてこなおニュゥ パンツ、はくと思うので、要チェックだよ。
おしりの上の革のベルトと、前のフックが特徴。

脱いだり、はいたり、スムースにできるようにならなきゃ。

(脱がされたり、も、されたい)
[PR]
by ishokuju | 2009-11-21 00:48 | Comments(0)

“Missing”

前に、【t】が、中島美嘉の曲をCDにトーストしてくれて。
最近、よく聴いてる。
2枚組み。



【t】のトーストするCDは、テーマがとても好き。
2枚組みのカテゴライズが最高。

荻野目洋子の『YOKO 鬱』『YOKO 躁』
安室奈美恵の『浪江 PLEASE 攻』『浪江 PLEASE 守』

なんかが有名よね。
「鬱と躁」、「攻と守」なんて、いろんなアーティストで選曲してみたい、って思うわ。



で、今回の中島美嘉の2枚組みなんだけど。
タイトル、『MIKA 良曲』『MIKA 佳曲』、なの。
佳曲って・・!

** ** ** **

佳曲のディスクの1曲目が、“Missing”。
久保田利伸のカヴァ。
もー、これがすごくよくってねー・・。


久保田利伸の“Missing”って、まあ、名曲なのは当然だけど、いまさら、っていうか。
子どものころは、彼のベストでよく聴いてたけど。
特に、今、聴いても、新たな感動は得られない曲だと思うの。


ところが、だ。
中島美嘉のヴァージョンを聴いて、けっこう、ガツン、ときてしまった。
アレンジも、なにもこったことはしてないし、歌唱も、ごく普通に、さらっと歌ってるんだけどね。

「この曲へのあらたな解釈」みたいな、いやみったらしい感じは、まったくない。
でも、「曲にあらたな命を吹きこんでる」って感じは、とてもする!


♪ときめくだけの恋は 何度もあるけれど
 こんなに切ないのは きっと初めてなのさ



・・・・まあ、正直なはなし、この曲を聴いて、泣きそうになったんだ。
CDを聴いて泣くなんて、こんなの、最近じゃめずらしいことで。
ライヴでは、よく嗚咽してるおいらだけどね。




だいたい、女性アーティストが歌う、「僕」が主人公の歌、ってぇのに弱いんだよね。
古いところでいうと、「夜明けのMEW」とかさ。
ほかに、「僕」が出てくる歌って、あるかしら??
f0207134_0461794.jpg

[PR]
by ishokuju | 2009-11-18 00:48 | ため息が出る | Comments(0)