<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

未使用の折りたたみ傘が出てきた。
あー、こんなの、持ってたんだ・・。
処分することにする。
友達にあげようかな。



3年半、持ってたことになる、この折りたたみ傘。
3年半、使わなかったんだから、処分してもいいよね。
仮に、来週、あー、折りたたみ傘が使いたい、って場面に遭遇したとしても・・、きっと後悔しない。
(この傘以前にも、折りたたみ傘を使う習慣じたい、ない。)



この傘は、2006年4月から、持ってる。
このとき、広島県のmameクンとふたりで、東京都渋谷区で、ライヴを見たんだ。
松任谷由実の。

広島県のmameクンと、四国の僕が、東京都でライヴを観る、というのも、今、思えば、不思議な感じ。
まあ、このころは、広島県の人と交際してたりして、なにかと、広島とは縁があったんだ。

渋谷区の代々木っていうところに、ライヴ会場があって、代々木から歩いてすぐのところに、原宿があって。
JR原宿駅の前のお店で、mameクンは、シャツを買った。
で、そのお店のグッズみたいな感じで、傘がプレゼントされたんだ。
それを、なぜか、僕がもらった、みたいな感じ。



mameクンと泊まったホテル、ボロかったなー。
新宿プリンスホテル、ってとこにスティしたんだけど。
今までいろんなホテルに泊まったけれど、1位か2位、ボロさで言うと。
廊下の電気は消えてるし、床、真っ黒だし。

ホテルの前のマクドで買い物して、部屋で食ったりした。
楽しかったな。

jと会って、3人で飯食った気がする。

ライヴ会場のでかさと、人の多さに驚く。
東京の人は、いつもこんな会場でしかライヴを観られないのか・・。

帰りは夜行バス、ケータイの電池がなくなりかけてて。
で、バスに乗る直前、公衆電話から、当時、好きだった人に電話をしたな・・。
公衆電話って、今の若い子は使ったことがないだろうからわからないだろうけど、すごいドラマティックよね。
エメラルドグリーンの電話に、赤いデジタル表示。



いきなり要約するけど、このころの僕は、すごい幸せだったんだと思う。
このときの僕が感じているより、僕が気づかないところで、もっと、恵まれていたな、と思う。
恋愛に関して、だけじゃなく、いろんなことで、よ。


そして、今、僕が思うのは、幸せは、大きいより小さいほうがいいな、ってこと。
大きな幸せは、やっぱ、不安になるよ。
地味で、目立たない、小さな幸せが、たまに、ぽこぽこ、って発生してくれれば、それでいい。
恋愛に関して、だけじゃなく、いろんなことで、よ。



折りたたみ傘の話題から、えらいテーマがでかくなったな。
f0207134_15554186.jpg

[PR]
by ishokuju | 2009-10-31 15:55 | 買う/捨てる | Comments(0)

愛について

最近、僕が、アイポッドで聴いて、しんみりしている曲を紹介します、矢野顕子の「愛について」っていう曲です。



むかし、アッコさんの結婚式に出たとき、引き出物(っていうんだっけ)の中に入ったCD、あれ、たまに聴きます。
今回、それを、初めて、全部アイポッドに入れてみました。

CDのデザインは、だんなさん、中の文章は、アッコさんが書いてる。
お互いに、曲をセレクトしたみたい。
2003年10月4日、の日付がある。
あの結婚式から、もう6年かぁ・・。



で、そのCDのなかの1曲が、「愛について」。
矢野顕子は、好きなアーティストで、けっこう、聴いてたなあ・・。
今は、彼女のCDは1枚も持ってないから、たまに、こんな風に、ピンポイントで曲を聴くと、けっこう、胸にぐさっとささったり、します。



夜道を、子と母が、自転車に乗って、家に帰ってる、っていう情景を歌ったもの。
子に父はなく、母に夫はいない、って歌われているから、ふたり家族のようです。

父のいない子は、愛について考え続けてて、夫のいない母も、愛について考え続けてて。
愛について考えることで、ふたりは、結ばれている・・・。




結婚式で配るCDに、この曲を入れた、っていうのが、すごく意義があるというか、なんか重みがあって、それをふまえたうえで、この曲を聴くと、よけい、涙が出そうになります。

いい曲だよー、今度、アイポッドで聴かしたげるね。






・・・・、そんで、いきなり、話題、変えていい??
えっと、3年前に付き合ってた人がいるんだけど、こう、熱愛期って、お互いが、好きな曲をCDにトーストして、交換したりしてたわけよ。
で、僕、この「愛について」を、CDに収録させてたわ。
しかも、僕の肉筆による、歌詞が書かれた便せんを、CDに添付させたりして・・。
ぎゃー、いやなこと思い出したわ・・。
[PR]
by ishokuju | 2009-10-30 07:43 | ため息が出る | Comments(0)

好きより嫌い

初めて会う人と、話しをしていたとする。



好きな芸能人は誰か、好きな歌手は誰か、好きなファッションは、なんて、質問、相手のことを、いろいろ知ろうとする。



でも、ほんとうは、好きなものを聞くより、嫌いなものを聞いたほうが、その人のことがよく見えるんじゃないかな、って思う。



嫌いな有名人、嫌いな場所、嫌いな店...。
運よく、嫌いなものが合致したとき、ふたりの距離は、ぐっと縮まるはず。



ただ、会話で、いきなり嫌いなものを問うのは、ひねくれている、とは思う。
あと、自分が嫌いなものが、相手が好きなものだったりしたら、気まずい、とは思う。



自分が、いいなぁ、って思っている相手には、いきなり、嫌いなものは、問いかけない方がいい、ってことだな。
わりと、どうでもいい相手に、この質問をぶつけてみよう。
意外と、うちとけて、仲良くなれたりして。



好きなものが同じなのもいいけど、嫌いなものが同じ人の方が、長く一緒にいるには楽かな、って思う。
[PR]
by ishokuju | 2009-10-30 00:03

寝起きのお好み焼き

今日は、今から寝て、起きたら、お好み焼きだ。
“道とん堀”。
二度目。

(前回、“道とん堀”初体験のときは、おしぼりのヴィニール袋を、熱い鉄板に落としちまうハプニングがあったんだった。
今日は、注意せねば。)



お好み焼きは、4日ぶりだ。
土曜、“百十(ももじゅう)”って店に、連れてってもらった。
もう日も暮れてて、歩いて行った。
今、自分がどこらへんにいるのか、わかってなかったんだけど。
大阪市の最南端、堺市との境界あたりにいると知り、ちょっとびっくり。

お好み焼き、食うの、超久しぶりだったんだけど、おいしかったー。
ちがうのをたのんで、半分ずつ、食った。



今日は、なんのお好み焼き、食おうかしら。
14時半、待ち合わせだから、早く寝よっと。
[PR]
by ishokuju | 2009-10-28 06:36 | Comments(0)

マフラー購入

おととい、マフラーを購入したよ。



ホテルのアウトが11時、たもつクンとの待ち合わせが14時、3時間も時間つぶせるかなあ、って思ってたんだけど、買い物してたら、あっという間だった。
ドトールコーヒーで軽食後、阪急メンズ館に向かった。



マフラーを買うべきか、ストールを買うべきか、が、今回の買い物の焦点。
いろんな店に入って、話を聞くと、やはり、ストールというのは、見た目のおしゃれが目的みたいな感じ、みたい。
こないだ、みのるが、ストールを買ってて、かっこいいなあ、って思ってたんだけど。


僕の生活スタイルは、自転車で通勤、あくまで防寒が目的、みたいなことを店員さんにアッピールして、いろいろ探すことにした。

で、あちこち見て、ふたつの店舗にしぼった。
5階と地下1階。
2回くらい往復して。

5階の店のストール、3色全部首に巻いてためして(ストールも捨てがたい・・)、また地下1階におりて探して。
リックサックに、上着を入れてたので、それを着て商品を首に巻いて、いろいろイメェヂしたり。



地下1階の僕が気に入ったのが、フォーティファイヴ アールのもの。
ストールとマフラー、柄がいーっぱいあって。
見てて楽しいけど、ほんと、迷った。
そんで、マフラー、購入。
ま、待ち合わせの時間もせまってたし。



早く、寒くならないかな。
冬仕様で、行動したいなっ。
f0207134_16532194.jpg

[PR]
by ishokuju | 2009-10-27 16:53 | 買う/捨てる | Comments(0)

電話かけてこないで

いつも、意味もなく、電話をかけてくる人がいるんだ。今日も、日曜の午前中だってのに、かかってきた。

電話は、半年ぶりだったり、1年ぶりだったり、2年ぶりだったり、する。
僕は、はなすことなんて、なにもない。



今日、意味のない会話を終えたあと、かけなおした。
もう、電話、かけてこないで、って、やっと言った。
今、好きな人がいるから、って、うそをついた。



わかった、って言って、ブチって電話を切られた。
お願いだから、ケータイから、僕のメモリーを消してしまって、って思う。




今から、散歩だ。
気分を変えて歩くぞ。
[PR]
by ishokuju | 2009-10-25 13:54

読書感想文

子どものころ、夏休みとか、読書感想文、書かされた、あれ、すごいいやだった。
いやじゃない人、いるかしら。



ああいうの、やめればいいのに、読書ばなれをすすめているようにしか思えないな。



本を読み終え、ものすごく『なにか』を感じた。
でも、その『なにか』って、言葉にするの、すごく困難なことじゃないだろうか。


原稿用紙を前にして、さあ、文章を書かねばならない。
強く感じてた『なにか』があるんだけど、文字にできない。
結局、物語のあらすじを書いたり、陳腐な表現しか書けなかったり。



感じたことを文章にするのって、ものすごく、才能とか訓練とか時間とか、必要だと思う。
今、思うと、原稿用紙って、一度書くと、訂正もしづらいもの。



せっかく感じた心の中の『なにか』を、そんな原稿用紙のつまらない文章にしてしまうの、すごい残酷なことのように思えるな...。

なんでもかんでも、言葉にして伝える必要は、ないと思う。
[PR]
by ishokuju | 2009-10-25 02:30

智恵子抄(ちえこしょう)

高村光太郎(たかむら こうたろう)の「智恵子抄(ちえこしょう)」、同じ文庫本、2冊、持ってる。
新潮文庫の。



同じ本だけれど、出た時期が違う、ひとつはカヴァもついた、新しいもの、もうひとつは、カヴァもなく、セピアカラーに色あせている。
新しいほうは2000年5月30日に出た、111刷、定価税別400円。
古いほうは1957年2月15日に出た、6刷、定価60円。

新しいほうは、書店で新品で買ったもの、古いのは、実家の父の書斎から、勝手にくすねてきたもの。



父の書斎から、なんていうと、父が読書家みたいな言い方だけど。
僕が知る限り、父が読書しているところって、見たこと、ない。


で、高村光太郎って、1956年に死んでる。
今、手もとにある「智恵子抄」は1957年に出たもの。
このとき、彼が死んだことで、ちょっとした高村光太郎ブームになって、で、父もそれに便乗して、「智恵子抄」、買ったのだったりして・・、なんて、いやらしい推測をしてみり、する。

といっても、このとき、父は、まだ12歳か。
今度、「智恵子抄」を買ったいきさつ、たずねてみよう・・。



古い時代の詩集だから、かなづかいとか、今とは違うところがあったりして。
読みづらい。
でも、この詩集、濃密な愛というか、静謐(せいひつ)というか、うまく言えないけど、独特な世界感、智恵子というのは、高村光太郎の妻で、智恵子は最後に病気で死ぬんだ。




「樹下の二人」は、中学だったか高校だったか、国語の教科書に載ってたな。

『あれが阿多多羅山
 あの光るのが阿武隈川。』

あと、「あなたはだんだんきれいになる」は、以前、江角マキコが、好きな詩だってテレビで言ってた。

『をんなが附属品をだんだん棄てると
 どうしてこんなにきれいになるのか』




・・・・みなさんは、好きな詩集って、なにかありますか?
[PR]
by ishokuju | 2009-10-22 04:00 | ため息が出る | Comments(0)

あの素晴しい平田満

加藤和彦っていう人が亡くなって、そのニュゥスばかりしてたな。
よく知らないけれど、有名な人だったみたいで。
今年の春に出た、松任谷由実のニュゥ アルバムに、ユーミンと加藤和彦のデュエット曲が収録されていて。
今、アイポッドにもその曲が入っているけれど、その歌ってる人が亡くなったのかと思うと、ちょっと悲しいような不気味なような。




そんで、その加藤和彦のニュゥスのたびに、「あの素晴しい愛をもう一度」とか、かかりまくる。
大昔の、加藤和彦の代表曲、ってことみたいだけど・・。
僕は、この曲は、映画『ラブ&ポップ』の主題歌、って印象が強い。


『ラブ&ポップ』って、村上龍の小説の映画化で、1998年の映画。
女子高生の援助交際を題材にしたもの。

なんか、この映画と、主題歌の「あの素晴しい愛をもう一度」は、なんか印象深い。
僕は、1998年3月に、福岡県の大学を卒業したんだけど。
大学卒業間際とか、警固(けご/福岡の天神のとなり街)のガストとかで友人と談笑してたら、店内の大型ヴィジョンで、この『ラブ&ポップ』の映画宣伝が、頻繁に流れてて。
「あの素晴しい愛をもう一度」に、なんだか、過剰反応してた。


映画の主演の、三輪明日美(みわ あすみ)って女の子がカヴァしてるんだけどね。
なんか、歌とか、異様なくらい下手なんだけど、それが、この映画の雰囲気と妙に合ってて。
不気味なの。
なんか、とにかく、気になってしかたがなかった、その映画宣伝が。
だって、援交の映画の主題歌が、この歌って。絶対、狙ってるでしょ。



4人の女子高生が主人公で、今思うと、そのうちのひとりは、仲間由紀恵ちゃんだったりするんだけど。
あとになって、ヴィデオで観たけど、もう、ほんっと変な映画だったなあ。
好き。
確か、R-18だったはず。




強烈な登場人物がいたな。
平田満。
援助交際の客の役。

女子高生に、ぶどうを一粒、口に含ませてかんでもらって、それを口から出したやつを収集してる、みたいな、中年男性の役。
こういうの、村上龍っぽーい。
でも、映像化すると、なんか、怖ーい。

あー、もっかい、映画、観たくなってきたなあ。



最後、エンドロールのところは、4人の女子高生が、街中の川の中を、並んでバシャバシャ、ずっと歩いている、って感じで、で、「あの素晴しい愛をもう一度」がかかる、って終わりかたじゃなかったかな、確か。
[PR]
by ishokuju | 2009-10-20 03:45 | ちょっと聞いて | Comments(0)

■15日(木曜)午後

自転車で商店街へ向かう、ZARAとかGAPとか、行った、今日は、買うものはすでに決まっているんだ。
GAPの、ある上着を買うことは、決定してて。
色もサイズも。
即、購入。
からし色のシャツ1枚も買った。
最近、気合入れて、衣類の数を減らしてるから、こうやって、少しずつ新しい細胞も加えていく、とする。

お茶しようか、ってことで、ルイ ヴィトン前、トリカフェに初めて入った、スウィーツとコーヒーをいただく。


■16日(金曜)午後

てんさんに髪を切られ、帰り際、特製CDをいただく、やん、レーベル面に僕の名前入り! うれしい。
人からもらった、トーストされたCDばかりが手もとに残る、うれしいね、こういうの。
お店で買ったCDは、いさぎよく、売ったり友達にあげたりするから、今、ほんと、持ってるの少ない。

糸、買った。
何色もセットになってるやつ。
持ってるシャツとか、ちょっと、アレンジしていこうって思って。
他に、明治クリームキャラメル2箱も買う。
知ってる? おいしいの。
明治ヨーグルトキャラメルは姉妹品。

まいどおおきに食堂で飯を食って、出社。
この日の夜のうちに、明治クリームキャラメル2箱を一気に食う。




■私信:クジラーニャへ
糸とキャラメルはダイソーで買っちゃった。
そんで、GAP・・。ごめんなさーぃ。

今日からのうそラジ聴いてみて。
久しぶりのスタジオからで、なんか落ち着いてておもしろいよ。
そんで、今週着てるの、ユニクロのもので、由実、大絶賛してるよ~。
うっふふふふ。
f0207134_5508.jpg

[PR]
by ishokuju | 2009-10-18 05:05 | 買う/捨てる | Comments(0)