<   2008年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

歯科と眼科と「週末」

今朝は、部屋を出ると、目の前に巨大な虹、なんか、きれいというより、気味が悪い感じだった。
虹って、晴天と雨天の中間にできるものだし、空の色も不思議な感じであった。

今日は、車で出勤、K.D.L.(ケイイチロウ・ディスク・ライブラリー)からは、吉田美奈子『扉の冬』をチョイス、車内でプレィさせた。

** ** ** **

こんな、めったに聴かないCDを選んだのには理由がある、あれは先週の日曜のこと。
「スウィート ディスカヴァリィ」(午後1時からの松任谷由実のFM番組)、今回のテーマは、デビューアルバム、だったの。
ユーミンがデビューアルバムを出してからちょうど35年、ってことで、こんなテーマになったみたい。

1曲目が、ユーミンのデビューアルバムから1曲、その次に、吉田美奈子がかかったの。
吉田美奈子のデビューアルバム『扉の冬』から、「週末」がかかった。

それ以降は、ホイットニー ヒューストンとかジャミロクワイとか、海外アーティストばかりだったから、吉田美奈子がセレクトされてたのが、なんだか目立ってた。

** ** ** **

今日、車で出勤したのには理由があって、昼休みに歯科に行くため。
昨日から、急に痛くなるんだもの。
診てもらうと、どうも、親知らずが原因みたいだわ。
中央病院で、抜いてもらうことになる。
めんどう。

** ** ** **

夕方、仕事が終わったあとは、商店街へ向かう、やっと、コンタクトレンズを買ったよ。
長かった、2週間に及ぶ、メガネ男子生活、終了。
20歳から、コンタクトを使っているけれど、こんなに長い間、コンタクトを装着しなかったの、初めてだと思います。
メガネ、僕は合わない、ほんとにしんどかった。

僕はハードだから、買う前に眼科の診察が必要。
お医者さんに聞いてみると、ハードとソフトだと、ソフトを使ってる人の方が多いらしい。
でも、僕は、体質的に、ハードが合ってるって。
これ、13年前にも眼科医に言われた。
てことで、ハード続行です。

** ** ** **

今日は、一日車に乗っていて、『扉の冬』、2回聴いたよ。
短いアルバムだからね。

このCDは、昔、マルビルの地下のタワレコで買ったものなんだ。
大阪滞在中に、このCDを見つけて。
紙ジャケ仕様で、コレクターズ通しナンバーなんて入っているものなの。

買うべきかどうか迷って。
最初、yayaにMailしたもん、これって買ったほうがいい? って。

名盤なのっ。聴きたい人いたら、貸したげるのっ。


いやあ、それにしても、一日で歯科と眼科に行ったぜ、保険証、出しまくり。

** ** ** **

人知れず街を離れる私は
遠去かるハイウェイ 振り返るところ

あなたの心に崩れる私は
近い週末を 見ようとしていた

流れ 流されて 置き去りにしてた
あの時の愛へ もう一度戻りたい

もうすぐ夜が去り冷たいこの風と
消えてゆくライトに 身をまかせていたい

(吉田美奈子「週末」)
[PR]
by ishokuju | 2008-11-30 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

Nさん

Nさんは、僕の、会社の先輩だよ。
1年先輩。
女。
部署は違うから、そんなに接触することはないんだけれど。


僕が会社に入って、香川県で生活を始めた、そんで、アパートメントを借りて生活を始めたわけだけど。
Nさんは、同じアパートメントの同じフロアに、1年前から、すでに住んでたんだ。
それから、5年間、同じ屋根の下(?)、過ごした。
で、偶然にも、5年後、同時期に、そのアパートメントを、出た。


引越しをして、僕は今の部屋に住んでいるんだけれど、なんと、Nさん、これまた偶然にも、僕の近所に住んでいるみたいなんだ。
今月から、僕の住んでいるところの住所が、区画整理で番地が変わるんだけれど。
Nさんも、同じエリアに住んでるみたいで、住所が変わるみたい。
最近、そのことで、仕事以外のことでは珍しく、彼女と少し話したり、した。


Nさんって、僕は中嶋朋子に少し似てるかな、なんて、思ってた。
このあいだ、別の先輩と話してて、彼がこんなことを言った。

「Nさんて、清水国明に似てないか? 清水国明にしか見えんわ」

それ以来、僕の中から中嶋朋子は消えうせ、Nさんは国明になった。
[PR]
by ishokuju | 2008-11-29 00:00 | Comments(0)

ゆめタウンとアキコと痛み

ゆめタウン高松のこと、まだまだ、知らない部分、多いんだなあ、と、実感。


ゆめタウン高松に、コンタクトレンズのお店だとか、洋服のお直しのお店だとかあるの、知らなかった。
いつも、なんとなく行って、一回りして、っていうのが多かったから。

2階の、本屋の横にCDショップがあるけど、その向かいに、洋服のお直しのお店があるの。
みんな知ってた?
あんな奥のほうまで、行ったことなかった・・。

コンタクトレンズのお店なんて、入り口が、外なの。
そりゃあ、気づかないよなあ。
建物の中を歩いてるだけでは、絶対に気づかないはずよ。
ゆめタウンの地図を見てて、どこからコンタクトの店に入るのか、わからなかったもの。


ゆめタウンのコンタクトのお店で、新しいコンタクトを買おうかと思ってて。
まあ、諸事情があって、ここで買わないことになったんだけど。
でも、それがきっかけで、ゆめタウンの深部? を知ることができたわ。

これまた諸事情があって、2日連続で、ゆめタウン高松に行ってた。
昨日は、お皿を買った。
正方形のお皿が欲しかったんだけど、見事、いいサイズのお皿を発見、購入。
今日は、りょーたのとこで、いつものように、豆大福&おはぎ、購入。

■■ ■■ ■■

ゆめタウン高松の2階のCDショップには、『アキコ』、なかった。
『アキコ』って、矢野顕子ニュゥ アルバムね。

『アキコ』って。
これまた、すごいタイトルよね。
今、こんなタイトルをアルバムにつけるだなんて、なんか、わくわくしちまうわ。

これが、松任谷由実だったら、『ユミ』。まあ、以前、『ユーミッズ』なんてタイトルのアルバムがあったがな。
中島みゆきだったら、『ミユキ』。まあ、以前、『中島みゆき』なんてタイトルのアルバムがあったがな。
一青窈だったら、『ヨウ』、大杉漣だったら、『レン』、日吉ミミだったら、『ミミ』、菅井きんだったら、『キン』。

■■ ■■ ■■

今日、昼から、突如、歯が痛くなった。
歯が痛くなる経験って、あんまりなくて、あせった。
先輩に、鎮痛剤、もらった。
薬飲むの、嫌い、でも、やむを得ず、2錠飲まねばならぬところを1錠服用、ましになったよ。
明日、昼、歯科に行くことに。
歯の痛みって、なんかいやだね、歯がいかに人体に大切か、って、なんかわかる感じ。
[PR]
by ishokuju | 2008-11-28 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

下山と痛み

今週の月曜、哲也クンと下山してて。



山道を降りるの、足にすごい無理な力が入るし。
こりゃあ、絶対筋肉痛になるな、なんて言ってた。

小泉今日子は、アイドル時代、背が小さいから、ずっとハイヒールをはかされてて、そのせいで、ふくらはぎに筋肉がついてしまったらしい、なんて話を思い出して、哲也クンに話す。

雨で、地面も滑りやすくなってる。
落ち葉も多いしね。

(案の定、翌日から、太もも、ふくらはぎ、ものすごい筋肉痛に)



下山も落ち着いてきたころ、午後12時37分、ケータイが鳴る。
母からの電話。
えー、こんな場所、電波通じるんだ、なんて驚きつつ、電話に出る。


今、昼休み? などと、とぼけたことを言ってる、今日は世間は振り替え休日だ、と母に伝える。
今年の夏から、母は無職になっているので(たぶん)、休みの感覚がわからなくなっているのかしら?

誕生日おめでとう、と言われ、ありがとう、と答える、今はどこにいるのか、との問いに、小豆島にいる、と答える。

静かな山の中、哲也クンに、母との会話をすべて聞かれる、母の声、つつぬけ。
礼服はもう買ったのか、いやまだ買ってない、なんてね。


明るくて元気で、素敵なお母様、なんて、あとから哲也クンに言われた。
いやあ、僕に関しては、気分は暗いはずよ、なんて答える。
[PR]
by ishokuju | 2008-11-27 00:00 | Travel | Comments(0)

都道府県別 ニュゥ イヤー

僕は、33年前、日本に生まれて、それ以降、ほとんどの時間を日本国内で過ごした。



大晦日から元旦へ、年越しの瞬間だけを考えてみる、今まで33回、年越しの瞬間を迎えているが、どれも、日本でしか過ごしたことがない。


年越しの瞬間を過ごした場所を、都道府県で、考えてみる。

初めての年越し、0歳、1976年になるときは、もちろん、地元の徳島県。
それ以降、1995年まで、徳島県で新年を迎えている。

1996年、1997年、1998年、この3年は、福岡県で。
学生時代よ。
年賀状の仕分けのバイトなんてしてたから、福岡中央郵便局内で、立ったまま、いつのまにか新年を迎えてた、なんてこともあったよ。
(なつかしいな)

1998年4月から、香川県生活に突入。
それからは、データが残っていない。
徳島県と香川県、半分ずつくらいだと思う。

唯一、寝込んでた年越し、なんてのもあったな。
30歳のとき、31回目の年越し。
2005年年末、松任谷由実が初めて紅白歌合戦に出場したときよ、あんときは、しんどかった。


33回目の最新の年越し、今年、2008年になったときは、東京都にいた。
新宿で哲也クンと飲んでて。
新年になった瞬間、店のスタッフが、客に「死ねばいいのに」ってつぶやいて。
みんなで、そうとう笑った。


そんで、今年の年末、34回目の年越しだけれど、どうやら、兵庫県に登場しそうですよ。
わくわく。
[PR]
by ishokuju | 2008-11-26 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

涙の義務

ドラマとか、ヴィデオとか観てて、感動、思わず涙、そういうの、よくある。
あーー、すっげー泣いたー! 的な感動、Mailで友人に伝えたりとか、する。


友人tにもMailするが、それだけでは許されない。
見せてみ? と返信される。


つまり、泣いたのであれば、どれだけ泣いたのか、泣き顔を画像にとって送ってこい、ということなのだ。

先週の「風ガ」(「風のガーデン」ね)、究極泣けるシーンがあって。
僕も、観てて、めがねがずれ落ちるくらい号泣した。
友人tも、やはり、そのシーン、そうとう、泣いたようだ。

彼からの「風ガ」泣けた、とのMailには、やはり、泣き顔画像が添付されている。
彼の泣き顔画像は、見慣れてはいるが、吹き出さずにはいられない・・。


友人tは、映画『眉山』のファンだけれど、見返すたびに泣いてて、そのつど、泣き顔画像を送ってくる。
おいらのケータイに、友人tの泣き顔画像、たまっていく。
(OKテイクのあと、NGテイクなんかも送ってくれたり、する)


ていうか、「風ガ」もまだ放送残ってるし、これからもあのドラマには泣かされそう。
僕も、泣き顔をうまく自分撮りできるようにしないと。
ツヨシ・・、じゃなくて友人tに負けたくない。
[PR]
by ishokuju | 2008-11-25 00:00 | Comments(0)

さよならアイランド

高松に今から戻ります。
19時30分、出港。


昨日から食いっぱなしだ、さすがに、体が重たい感じだ。

紅葉がりは、圧巻だった。


まだまだ、やり残したことはたくさんある。
リヴェンジせねば...、アイランド。
[PR]
by ishokuju | 2008-11-24 00:00 | Travel | Comments(0)

最後の航行

今?

船が動き出したとこ。
18時15分。

ケンケンと太郎が見送ってくれた。
ずっと手をふってくれた

サンポートの“D”で、満腹食ったぜ。



着岸までなにしよう。
[PR]
by ishokuju | 2008-11-23 00:00 | Travel | Comments(0)

17歳とかげ

先週今週と、仕事、むーちゃくちゃ忙しくって。
残業とか、してた。


それが、今日は、反動かしら、突如、ひまな一日に。
まぁ、たまには、こんな日もないとな。


休憩時間、古本屋に寄り、文庫本を3冊選び、買ったよ。
3冊とも、新潮文庫だぜ...。


湯本香樹実(ゆもとかずみ)『夏の庭-ザ・フレンズ-』
吉本ばなな『とかげ』
山田太一『飛ぶ夢をしばらく見ない』。



『とかげ』は、昔、買ったことがある。
ハードカヴァで新刊で。

平成5年4月に出た、って書いてある。
高校3年になったときだよ。
読者カードとか、書いて送った覚えあり、だわよ。
[PR]
by ishokuju | 2008-11-22 00:00 | 買う/捨てる | Comments(0)

KANKAKEIへ連れてって 連れてって

“私をKANKAKEIへ連れてって”。



紅葉狩り、行くぞ。
KANKAKEI!
久しぶりだな、行くの。

最近、紅葉って、栗林公園(りつりんこうえん)でばかり見てたから、ほかんとこで見るの、新鮮かも。

なんでも、ロープウェイなんかにも乗るかも?!
楽しみ。



錦繍(きんしゅう)。
[PR]
by ishokuju | 2008-11-21 00:00 | Travel | Comments(0)