<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

わかるかな?

百会(ひゃくえ)、風池(ふうち)、天柱(てんちゅう)・・。
曲池(きょくち)、孔最(こうさい)、労宮(ろうきゅう)・・。
湧泉(ゆうせん)・・。



ねえ、みんな。これら、何の名前だか、わかるかな?
わかんない? わかる?

わかる?


わかんない?
だったら、もう、いい。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-30 00:00 | Comments(0)

縦より横

今日は、友人を港に送ったあと、書店に立ち寄った。
読みたいと思っていた本があったのだ・・。

それは、ぱーぷるの初めての本。
俗に言う、ケータイ小説、ぱーぷるって、瀬戸内寂聴のことなのよ。

86歳でケータイ小説デビュゥって。どうなのよっ。

ケータイ小説コーナーって、なんだか恥ずかしくって。
すごい、人目を気にする、じゃないけれど、知ってる人には見られたくないかも、って感じ。
なんか、やだー。

そんで、ぱーぷるの小説よりもプチ衝撃だったのが、大昔の有名な小説を、横組みにしたものが作られていたこと。

太宰治とか夏目漱石の小説が、左開きの、横書き小説になってるの。
こりゃあ、驚いたあ。
すごい新鮮。
ケータイ小説風にしているってえわけなの。


ところで、ケータイ小説が流行るのって、まあ、わかるんですけど、それを書籍化するのって、なんか不思議な感じだわ。

ケータイのいいところって、例えばベッドに入っちまってて、部屋も真っ暗にしてて、でも、手の中で文字が読める、ってところだと思うの。
それが、紙の本になってしまったら、ケータイ小説だろうが普通の小説だろうが、一緒じゃね? とか思うんですけど。
本を読むときって、必ず明るいところでなければならない、とか、本を持ち歩かなきゃなんない、とか、条件があって・・。
それと、変わりなくなっちゃうなあ、とか思ったんだけど。

ま、いっか。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-29 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

8年前の林檎とわたし

さっき、コウジとみのるとで、アンプレイスで飲んでいると、聖子のライヴに続いて、椎名林檎のライヴが始まった。

それは、今月出たばかりのDVDなんだけど、その公演は、2000年夏に行われたもの。
福岡県飯塚市で、たった1回のみ行われた、貴重な公演だって。
8年以上たって、初めてDVD発売されたんですって。


8年前って、何をしていたか、と、コウジに問われる。
毛じらみになったころかなあ、なんて、答える。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-28 00:00 | 苦笑 | Comments(0)

「砂の女」

「砂の女」を、もくもくと読んでおります。
安部公房(あべ こうぼう)って人の小説で、46年前に出たものです。
主人公は、31歳の、ちょっとさえない感じの男です。


今、読書テンションがあがっているので、読めるうちにたくさんの本を読んでおきたいです。
前は、同じ本を幾度も読み返していたので、今は、新しい本をたくさん読みたい。
幾度も読み返してた本、もう、ええいっ、って感じで、捨てちゃったしね。
新しい分野、開拓していかないと。

そのうち、誰かを好きになったりして、恋愛にうつつをぬかしてたりしたら、本どころじゃなくなりますからね。
読めるときに読んでおくのっ!


僕のオススメの本・・、なんだろう、こういう質問に、かっこいい回答ができたらいいんだけど・・。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-27 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

秋はもうここへ

寒いっ!!

午前2時45分、定時ちょうどで仕事を終え、会社の外に出る、超寒い!
ポロシャツ1枚だったのだけれど。

あー、もう長袖のシャツ、出さないとな。
なんだか切なーい、恋したーい。

キュン、って、胸が音を出した。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-26 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

ワールド記念ホール

ワールド記念ホールは、兵庫県神戸市にあるアリーナの名前。
正式名称は、“神戸ポートアイランドホール”なんだそうな。

遠くから見ると、こげ茶色で、当時、かぶと虫みたい、って思ったのを覚えてる。


当時・・。
ここ、一度行ったことがある、あれは20歳のときよ、1996年6月8日のこと。
このころ、僕、福岡県に住んでいて(福岡県にある大学に通っていた)、まあ、遠路はるばる、神戸にやって来た、という具合だ。
6月って・・、春休みでも夏休みでもないぞっ。そんな時期に。

この日の夜、ライヴを観たのだった、たった1回の公演のために、福岡県から兵庫県まで・・。
夜行バスだっけなあ・・。
ここまで昔だと、記憶があいまい、というか、記憶が断片的にしか残っていないんだよね。
断片的な記憶が、不思議な場面場面で、なんだか笑っちゃうわ。

とにかく、早朝に神戸に着いちゃって、ライヴが始まる時間まで、神戸とかをうろうろしてて。
今なら・・、誰かにMailしたり、全く知らない人と会ってみたり、・・できるのに。
1996年の20歳の僕は、そんなこと、できなかったわ。


20歳の6月8日の夜は、泣いたぜ。
公演のある曲のところで、さめざめと泣いたのだった。
涙で前が見られなかった。
なつかしい、当時、片想い中とか、そんな感じね、かなりたまっていたものがあったんだよねー・・。


そんで、なんでこんな神戸のことを書いているかというと理由があって、来年の3月、このワールド記念ホールに行くのであーる。
13年ぶりよ。
namie amuroの公演。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-25 00:00 | MUSIC | Comments(0)

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)っていうのは、漢方薬の名前ですよ。
今、飲んでいるの。

とびうめ内科で、処方されたの。
“自然と健康を科学する”、“バスクリン”なんかでおなじみ、ツムラのロゴ入りなの。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-24 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

クレープパーティ

クレープパーティへ出席するため、徳島県某所へ向かいました。
ハイテククレープマシンに感動、幾枚も製造。



さて、パーティ会場をあとにし、今、祖母んちにやってきた。
先月、亡くなった、ね。

両親が勤めてた会社の建物、すっかりなくなってる。
たまたま、葬式の日が取り壊しの日だったはず。
2ヶ月くらい前に、ここで洗車したばかりなのに。

そのまま、ぐちょぐちょの土の上を歩いたら、祖母の家の庭に回れるようになってて、庭とか、祖母が普通に出てきそうで...。
思わず涙がこぼれる。


ただいま午前3時45分、高松に戻ります。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-23 00:00 | 食べる! | Comments(0)

イニス、現る 2008,9,22

土曜は、仕事が終わってから、久しぶりによしクンのお店へディナーを食いに行ったのよ。
テーブル席が、新たにできてた。
そのあと、スターバックスで飲み物を買って映画館へ向かう、車の中では、哲也クンの北海道土産の白い恋人を食いまくる。
シアターの席について、映画が始まるまでに、ふたりで、白い恋人、完食。

映画のあとは、ブレイクスルーへ行った。

僕は、赤いチェックのシャツを着てたんだけど、コウジが、やたらとそのシャツをほめるのね。
だから、着てみたら? って、シャツを渡した。

ものすごく、そのシャツはコウジに似合ってたから、コウジに貸してあげることにした。
秋と冬の間、ずっと持ってていいよ、って言って。

そんとき、僕がはいてたG-STARのジーンズだって、哲也クンのものだし、哲也クンが使ってるディーゼルのリュックも、もともとはおいらのものだったし。
衣服を複数人でシェアするの、いいよね。


コウジ、その赤チェックのシャツがよほど気に入ったみたいで、手に持ってまじまじと見たりしてるから、それを見て、「『ブロークバックマウンテン』の最後みたい」って言っちゃったわ。

コウジは、映画を観てなかったから、哲也クンがそのDVDを貸してあげることになった。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-22 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

AYAUTAファック

昨日、香川県綾歌郡(かがわけん あやうたぐん)にできた、ナウな巨大ショッピングモールへ、初めて行きました。

車を降りたとき、車内にケータイを置き忘れてるのに気づいて。
無意識で“f××k!!”なんて言っちまった!
もう、昨夜の映画の影響よ、松雪泰子が憑依してるー、哲也クンにも笑われちまった。

神社ァクンとのいつもの文字会話では、冒頭でいきなり、SATSUGAIするぞ! なんて言ってしまったり。

あんっ、なんか、いまだに映画の世界から抜け出せずにいるー。
“そんなんじゃ、あたいは全然濡れないんだよーー!!”
[PR]
by ishokuju | 2008-09-21 00:00 | 興奮/驚き | Comments(0)