<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

TOVIUME, love...☆

浅田飴なんて買っておりましたが、どうやら、風邪をひいているらしいのです。

とびうめ内科に行かないか。
久しぶりに、とびうめ体験。
お薬、もらってきました。


薬といえば・・。

生き物は、自分の体の中に、生きていくために必要な薬を生まれながらにして持っているんですって。
たとえば、胃液とかもそのひとつ。
病気やけが、そういうトラブルが体に起こっても、薬とかにたよらずに、時間がかかっても体が治すのを待つ、そういうのってカッコイイと思う。
って、なかなかそういうわけにも行かないけれど・・。

僕も、少し前から、どこまでシンプルになれるか、ってのに、挑戦しているところです。
今まで、たくさん、薬を持ちすぎてた。
モノを買うお金も、置いておくスペースもあるけど、あえてなにも持たないことにする。
ないモノは、がまんするか、他のもので代用するか、なんとかする。
いろんなところに顔を出してきたけれど、とりあえずひとつずつ片付けてるところ。
ここ数年かな、いろんなことに手を出して、広げて広げて、をくり返してて。
それはそれで楽しかったし、満足してたけど、ちょっとやめてみる。
周りの友人らに、驚かれたり心配されたりしてる。
僕自身は、案外普通というか、なにも変わってないんだけど。
まあ、友人らのその反応も、わからないではない。
とりあえず、今の自分の中身をすっきりさせたら、また、いろんなおもしろそうなところを味見して回るさ。


てゆうか、風邪をひいてるんだった。
寝るわ。
今日は、ここの日記が始まって、4年にして初めての誕生日。2月29日。
[PR]
by ishokuju | 2008-02-29 00:00 | Comments(0)

洗車をする

おいらの愛車、白いカローラ、1999年2月から乗ってる。
ちょうど9年。

今日、初めて、洗車した。
あと10日くらいしたらお別れだし。

ガソリンスタンドの、洗車マシーン。
ねえねえ、ドアミラーって、折りたためるんですね、車の中から。
初めて折りたたんだわ・・。



このカローラについては、後日、たっぷりふり返りたいと思います。
長い付き合いだったなあ・・。
[PR]
by ishokuju | 2008-02-28 00:00 | Comments(0)

浅田飴

のどが、痛くて痛くてたまらない。
出社前、ドラァグストアで、のど飴を買ったわ。


浅田飴。
初めて買ったわ・・。


のど飴コーナーをいろいろ見てた。
南天のど飴、ヴィックスドロップとか。
いろいろある。

ヴィックスドロップといえば、欽ドンのCMを思い出す。
子どものころ、月曜の夜だったかしら、欽ドンっていう番組をしてて。
その番組で、ヴィックスドロップのCMがあった気がする。
三角形のドロップ。

で、浅田飴。
これは、火曜サスペンス劇場のイメェヂ。

小学校の最後のころあたり、火サス(やん、略しちゃった)を毎週見てて。
ヴィデオにとってまで。
で、CMが流れてた。

仙道敦子(せんどう のぶこ)っているでしょう?
彼女が浅田飴パッションってやつのCMをやってたんだ。

当時、僕、角川映画とかにもはまってて、『湯殿山麓呪い村』なんて観てて。
6年生とかよ。
で、仙道敦子とか、好きだったわけ。

で、その浅田飴のCMソングの「パッション」ってシングルレコード、買ったわ・・。


浅田飴を買って、会社に着いて。
車の中で、浅田飴の画像をとる、それを、大阪府・徳島県・香川県の3人の友人に送りつける。

大阪府の友人からは、「CMのオカマみたいな師匠、誰だった?」という返信。
永六輔先生よ! と送り返す。
「シェキ・喉ょ・てぇんに あしゃだあみぇ」なんてMailを送ってくるものだから、車の中で吹き出す。

香川県の友人からは、「俺は喉に異物感が」なんて返信。
のどに餅をつまらす年寄りが多いから気をつけて、と送り返す。
那智黒、龍角散、くっさいのよ、全部好き、などと適当なMailのやりとり。

徳島県の友人とは、キスしてロンリネス、あなたののどに入りたい、あいつがトラブル、など、主に南野陽子(CMをしていた)のことに関するMailのやりとりをしてみる。



ていうかね。
ただのどが痛いだけか、と思ってたのだけれど・・。
Umm...、なんだか、風邪をひいてしまっているみたいだわ。
悪寒。



浅田飴、飴なのに・・、医薬品。
[PR]
by ishokuju | 2008-02-27 00:00 | Comments(0)

Sについて

そうそう、週末の岡山で、不思議な偶然が続いたんだった。
そのことを書くね。


仕事を終え、電車に乗って海を渡る、岡山に着いて、松山勢と飯を食った。
京ちゃん、ホウスケクン、ゆーまま、札幌市の34歳イケメン、某ドラァグクウィーンさん、という6人で。

で、この某ドラァグクウィーンさんが、なんと、僕の小学校の先輩だった!
僕、徳島県徳島市にあるSという町で生まれ、そして育ったんだけど。
彼はそこに住んでいたことがあって、同じ期間、数年、同じ小学校に通っていたの。

で、グリエラ(っていうイヴェがこの夜あった)に行って、その帰り、オーブに飲みに行った。
そこのスタッフの20代の子と話してたら、今、仕事の関係かなんかで、その僕の出身のS町に滞在しているっていうじゃない!


岡山なのに、徳島のS町の話題が、こんな2連発! みたいな。
そんな、雪の降る夜の驚き。
[PR]
by ishokuju | 2008-02-26 00:00 | Comments(0)

グッドな一日

豪雪の岡山から帰還、午前9時から6時間だけ仮眠。
15時、起床、16時、車屋へ。
タカヒロさんと待ち合わせ。

車、買う。
というか、車って、そう簡単に買えるものではない、一応、買う準備をした、という感じか。
ほんと、めんどうなこと、いろいろ。
今回、所有者が変わったりとか、まあいろいろよ。
だから、まだ買ってはいない。

僕は、ほんと、車に関して、無知すぎる。
車屋さんの営業さん(Aさん)は、普段タカヒロさん担当の人で、ほんと、僕が入り込む余地がないというか。
(ねえねえ、車乗ってて、1ヶ月にどれくらい走行してるかなんて、みんな知ってるの?
そんなこと、考えたこともなかったわ・・。
リッターで何キロ走る、とか。
車検? そんなのも、全部人任せだったし。わからん)
Aさんとタカヒロさんがふたりではなしをすすめて、僕は、たまにアイヅチをうつ、みたいな感じで。
車を手に入れる日が決まる。
ほんと、タカヒロさんには感謝。

外も暗くなり、3人でのはなしを終え、解散。
別れ際、Aさんに、ほんと車のこと無知すぎて恥ずかしいです、なんて言ってみる。
Aさん、僕も車のこと以外なにも知らないんですよ、わからないことがあったら何でも聞いてください、ですって・・。
そのやさしさに、ほだされそうになったわ・・。

その後、マクドナルドで軽食をとったり。
机を見たり(机を買いたいと思ってるの。今部屋にあるの、30幾年、僕が乳児のころからあるものだし、新しいのに新調したい)。
りょーたのお店でおはぎと豆大福を買ったり。

20時半、帰宅、車から降りようとしたら、みのるから電話。
昨夜の岡山イヴェのもようを聞かれ、息を弾ませ解説。
僕は明日から夜勤だし、みのるも昼から仕事ということで、会うことにする。

何をしようか、ということで、お風呂に行くことに。

前から、彼から聞かされてた場所なんだけど。
行って、ヴィックリ!

お風呂に関しては、くわしくは書かないわ。
これから、ここに通うわ。
ここの施設、グッドデザイン賞を受賞しているんですって。
Gマーク、ついてた!
ていうか、普段、グッドデザイン賞を受賞してる商品とか見て、『そんな賞を受賞してても、僕がグッドデザインと思うかどうか、わからねえょ!』とか、思っちまうほうなの。

でも、ここの温泉は、グッドデザイン賞を受賞しているだけではなく、本日、「ケイイチロウのグッド☆デザイン賞★」まで受賞しちゃいましたよ。


誰か、僕の新車の助手席に乗って、一緒にここのお風呂、行こう☆
洗ったげる。
[PR]
by ishokuju | 2008-02-25 00:00 | Comments(0)

あ、安部礼司

日曜日の午後のFMが、楽しい。

13時の松任谷由実から始まって、14時からの山下達郎、15時からはよくわからない番組で16時から福山雅治、17時から「あ、安部礼司」。

この17時からの「あ、安部礼司」が、特におもしろい。
誰か聴いている人、いないかしらん・・。

18時から、ミニマルジーティー(合ってるかな)ってグループの番組なんだけど。
このヴォーカルの女の子が超おもろい!!

昔、ジュディーアンドマリー時代のYUKIのオールナイトニッポン、リンドバーグ時代の渡瀬マキのオールナイトニッポンなんて、そうとう楽しみにして聴いてたけど、ノリがその感じ。
音楽にはそんな興味がなかったけど、トークがそうとうおもしろかったな。

で、話を元に戻すけど、18時半からはチャットモンチー(合ってるかな)の番組。
女子3人組のグループらしく、曲も知らないんだけど、3人中2人が、出身が徳島県らしい。
僕も徳島県が出身地なんで、なんとなく親近感。



そんな日曜の午後、って、毎週聴いているわけではないけれど、部屋をそうじしてたり、車に乗っていることが多いし、毎週、どの時間帯かは聴いてるなあ。

追伸:
福山雅治が、中島みゆきの「ファイト!」って曲をカヴァしてるの、聴いた。
中島みゆきをカヴァするのはいいけど、わざわざ「ファイト!」をカヴァしなくてもいいのに・・、なんて思った。
空気読め、の略で“KY”って、昔、流行ったけど、・・こういうときに言うのかしらん? なんて思った。
[PR]
by ishokuju | 2008-02-19 00:00 | Comments(0)

かぞえ唄

今日は、持ってる靴下とパンツの数を数えた。


靴下、17足。
パンツ、13枚。


靴下は、ひとつは今はいてて、洗濯した後のが9足、洗濯機にあるはいたあとのが7足。
パンツは、1枚は今はいてて、洗濯した後のが6枚、洗濯機にあるはいたあとのが6枚。

Umm...、つまり、十分すぎる数がある、というか、あふれるくらいあまっているってこと。
靴下、17足も持ってると思わなかった・・。

靴下は問題ありだ、というのも、たとえば、パンツでも靴でもジーンズでも、お気に入りのやつとそうでもないやつがあるけど、靴下は、どれもがお気に入りでも嫌いでもない。
特に愛着もない、同じようなレヴェルのやつが17足もあるということ。

靴下やパンツ、がんばれば、それぞれ2つあれば生活できるはず。
今日はいてたやつを、その日のうちに手洗いして乾かす・・・、ってそれは極端な話しだけど。
でも、靴下、さすがに多いかも。
皮肉にも指先に穴でもあれば減らせるが、みな、破けてない。


次、靴下を買うときは、高価なやつを買うわ。
だいたい、3足1000円だとか、そういうのを買うから、無駄に数が増えて、で、愛着も持てなくなるんだ。
ズボンのすそからチラ見せさせたくなるような、すてきなやつ。
[PR]
by ishokuju | 2008-02-05 00:05 | Comments(0)

見た目で決めます

「新しい車、買う」と、昨夜10時1分、父にMail、そのMailが、波紋を広げている。



昼、職場で弁当食ってたら、母から電話。
昼すぎ、父からMailの返信。


わりと、最近、車のことをよく考えてる。
町を行き交う車、気になる。

ヴォルヴォ、プジョー、フォルクスワーゲンの各ウエッブサイトをながめる、資料を請求する。

大貫妙子、また、松任谷正隆によって書かれた、車に関する随筆を読みふける。

想像する、僕が、まだ見ぬその車を洗車しているところを、運転しているところを、ミニストップ前で友人を待つところを。




◆◆特別付録◆◆

今、文庫本を売ったり捨てたりして、持ってるの18冊まで減らしました。
その18冊を公開!

1.太宰治「斜陽」(新潮文庫)
2.太宰治「人間失格」(新潮文庫)
3.田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」(角川文庫)
4.宮本輝「地の騒ぎを聴け」(新潮文庫)
5.内田春菊「キオミ」(角川文庫)
6.内田春菊「彼が泣いた夜」(角川文庫)
7.内田春菊「あたしのこと憶えてる?」(新潮文庫)
8.夏木マリ「カッコいい女!」(KKベストセラーズ)
9.高村光太郎「智恵子抄」(新潮文庫)
10.高村光太郎「智恵子抄」(新潮文庫)
11.舛田光洋「3日で運がよくなる「そうじ力」」(王様文庫)
12.瀬戸内寂聴 荒木経惟「寂聴×アラーキー-新世紀へのフォトーク-」(新潮文庫)
13.瀬戸内寂聴 瀬戸内晴美「わが性と生」(新潮文庫)
14.瀬戸内寂聴 山田詠美「小説家の内緒話」(中公文庫)
15.大貫妙子「散文散歩」(角川文庫)
16.大貫妙子「神様の目覚まし時計」(角川文庫)
17.松任谷由実「ルージュの伝言」(角川文庫)
18.アゴタ・クリストフ「悪童日記」(ハヤカワepi文庫)
[PR]
by ishokuju | 2008-02-04 00:00 | Comments(0)