<   2007年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いくつかの物語

日曜日。
夜勤明け。
11時前に目が覚める。

突如、『北の国から '84夏』を観る。
'83冬より、さらに感動しちまう・・。
出演している子役、だんだん大きくなる。

13時から、松任谷由実のレイディオ番組を聴く。
山咲トオル、ゲスト。
そうとう興味深い内容だった。
彼は、好きなことは好きってもちろん言うけど、なんでもかんでもは好きとは言わない、そういう感じの人だ。
相手が松任谷由実だろうと、媚びてない感じ。
こういう人をもっとゲストに呼んでもらいたいと思う。

14時から、昨夜の読書の続き。
“シックスティナイン”。
15時半ごろ、読了。
ゆうべは職場で、“ロッテ ラミー チョコレート”とブラックの缶コーヒーとで、3分の2くらい読み進めてた。
猛烈なスピード。
15年くらい読み返してる小説。

この本とか、“ひざまずいて足をお舐め”とか、宮本輝とか、いろいろ、15年くらい(高校2年とかから)幾度も読み返してる本、幾冊かあるけど、もうこれって、読書っていうより、なんていうんだろう、本の内容で忘れかけてる部分をとどめておくために記憶を修復している、っていうか。
なんか、確認作業に近いものがある気がする。
なかなか新しい本に手が出せないなあ・・。

カーテンをあけて、ぽかぽかお日さまの中、『北の国から'84夏』と"シックスティナイン"の2つの物語の余韻にひたる。

16時、中央公園前で哲也クンをひらう。
先週、ジーファクで買い物しまくってたけど、それらの衣装を身につけている。

そもそも、夜から映画を観よう、ってことで会ってるんだけど、諸事情が、その予定をキャンセルさせた。
まあいいわ。
映画へいざなったのも、思いつきだし、今の僕は『北の国から』と“シックスティナイン”で頭がいっぱいだし。
ぐり~んはうす、へ、久しぶりに行って、飯食う。
なにかと、うだうだ長話、その後、サザエさんとかうちで観て、港へ送る。
車でテレサ・テンなどを聴く。
(♪あなたをこれ以上愛するなんて私にはできない、って、すごいこと言うねえ、とか言いながら。でもタイトルは「別れの予感」、ちゃんと歌詞をかみしめてみたい。テンが歌い終わったあと、なにげなく♪私には~できない~~、って僕が歌うと、それがテンにそっくりだったらしく、2人でゲラゲラ爆笑)

今週末、大阪、翌週、岡山、みたいな予定っぽい。
適当にやりすごそうっと。
[PR]
by ishokuju | 2007-10-22 00:00 | こんな週末 | Comments(0)

ありがとう

日曜に、「みゅーじん」って番組を初めて観たことは、こないだここに書いたのだけれど、その日、特集されてたのは手嶌葵(てしま あおい)ちゃんっていう、20歳の女の子。
歌手。
『ゲド戦記』っていう映画の歌を歌って、それがヒットして着目されてるみたい。

前に、「題名のない音楽会」に中孝介(あたり こうすけ)クンと一緒にゲストで出てるのを観た。
聴いてて眠くなってしまいそうな、そんな歌声。



で、この「みゅーじん」って番組で、彼女にカメラが密着して、楽屋裏なんかがうつる。
彼女を見てて、あることが気になって仕方がない。
ものすごく、彼女、肌がアトピーっぽいんだ。

いろんな土地でのライヴ映像とか、また別の日のインタヴュー風景とか、つぎつぎうつるんだけど、部屋でのインタヴューのシーンの彼女は、特に肌のトラブルが目立つ。


カメラが苦手です、って言ってる。
ほんとに苦手そう。
で、彼女の口からその言葉が出た。
「アトピーの人は誰でもそうなんじゃないでしょうか」。
見てて、ドキッとした。


ここで、永井大のナレーションが入るんだけど・・・。
なんて彼、言ったんだっけ。
そのナレーションが・・、優しい感じで、とてもよかったんだ。


・・・わりとアトピーとかって、放送で言うのってタブーっぽくない?
芸能人の整形とかと同じ感じで。


でも、この番組での、その部分の触れ方が、とてもよかった。
別に、その部分を放送しなくてもいいのに、あえて、彼女のアトピーであるっていう発言をカットせずにひらったこと。
で、そこにあれこれつっこむでもなく、軽~くそのことを流すように扱ったこと。
すごく、僕的には感じがよかった。
このシーンがなかったら、この日のこの番組が、こんなに印象に残らなかったと思うもん。


雑誌のインタヴューとかで、自分がアトピーだって言ってる芸能人は、何人か知ってる。
岡本夏生とかbirdとか、言ってるの、見たことある。

でも、肌の調子がかなり悪い状態でテレビに映ってる芸能人を見るのって、そうないことだよね。
ましてや、自分がアトピーだって放送で言うだなんて。


同じ、生まれつきアトピー持ちの僕としては、この番組を観て、なんか勇気のようなものをもらってしまったのでした。
[PR]
by ishokuju | 2007-10-18 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

永井大(ながい まさる)

日曜夜、なんとなくテレビを観てた、「みゅーじん」って番組を観る。
30分番組、毎回、ひとりのアーティストについて、ドキュメンタリーっぽく紹介する番組。
「情熱大陸」とか、そんな感じの。

この日は、手嶌葵(てしま あおい)ちゃんっていう、20歳の大柄な女の子を特集してた。


まあ、この手嶌葵ちゃんについてもいろいろ驚くことも多かったんだけれど(身長174cmって、でかすぎ)、今日は彼女のことを言いたいのではない。
この番組のナレーションのこと。


番組は、ドキュメンタリーぽく進行、楽屋にカメラ潜入、みたいなのとか。
それに、ナレーションがついてまわるんだけど、番組の途中、テロップで「ナレーション:永井大」、って画面に入ったの。


永井大??
永井大って、あの永井大?!

なぜ永井大にそんな反応しちまったかというと、その番組のナレーション、とても自然で、まあ誰かアナウンサーがしゃべってるんだろう、くらいにしか思ってなくって。
なんも気にしていなかったんだ。

それが、しゃべってるのがタレントだってわかって。
で、それをわかって彼のしゃべりを聞いていて、なんの違和感もなかった。

こう、「タレントのわりには、ナレーションがうまいなあ」じゃなく、アナウンサーのしゃべりと遜色(そんしょく)なく聞ける、と言うか。


彼って、ロッテのCMとドラマ「砂の器」くらいしか印象、というか記憶になくって、今、はっきり顔も思い出せぬほど、なんのインパクトもないタレントだったりする。
(以前、友人のアマンダも、徳島県に仕事に来てた彼を見て、「永井大はビックリするぐらいオーラの無い人でした。」って日記にしたためてたの、納得)

でも、今回、なんかちょっと見直しちゃったわ。

(で、「みゅーじん」のウエッブ・サイトを見てみたりして。ナレーションに初挑戦!!だって。)
[PR]
by ishokuju | 2007-10-15 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

Viva! 小林製薬!

先日、小林製薬 ハナノアを買ったことをお知らせいたしました。
鼻の穴を洗う、ハナノア。


さっそく、小林製薬フレンドのツヨシに報告。
彼とは、小林製薬の製品について、語り合う仲なんだ。


最近の小林製薬の新製品、「シビ楽(らっく)」だって。
『手足のしびれ・神経痛に「シビ楽」』!

しびれに着目することもさることながら、このネーミング。
最高だわね。



ツヨシが今考えている製品がある。

『寝不足・疲れた朝に「クマトリン」』!
目の下のクマをとってくれる薬だって。


早速、僕も提案したわ。

『寝不足・疲れた朝に「クマトリス」』!

CMキャラは、杉本彩あたりで。
[PR]
by ishokuju | 2007-10-11 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

ご注文のお品はすべておそろいですか

飯食いに行って、最後、デザートとか運んできた店員が、言う。
ご注文のお品はすべておそろいですか?



冷静に考えてみて、これって、おかしいと思うわ。
だって。注文を聞いたのも店員、運んできたもの店員。

すべてそろってるかどうか、どうしてそんなに堂々と聞くかしら・・。


「ご注文のお品、全部・・そろってますよね・・??」
って、自信なさげに聞いてきたなら、協力してあげようかなって思うけど。
おそろいですか? って、さも当然のように聞いてくる。



なんで、そろってるかどうかを、「客に確認させる」???
[PR]
by ishokuju | 2007-10-10 00:00 | 苦笑 | Comments(0)

ハナノア

小林製薬 ハナノア。
ついに買う。


前から気になっていたのだ。
鼻うがい、ってのをするものなのだ。


鼻から液を入れて、口からそれを出す。
体液に近い液体だから、鼻がつーんって痛くなることがないんだって。



買ってきて、早速やってみたわ。
「あーー」って声を出しながらするんだって。

変に上を向いたり、鼻から無理に液体を吸い込もうとすると、耳に液体が入ってしまったりするらしいから。危険。
説明書どおりにしたわよ。

でも・・、でも、うまくいかない。
どうしても、口から出てこない。

もう片方の鼻の穴から液が出てきたり。
てか、両方の鼻の穴からどぼーーーって出てきたり。


そのたびに、ひとり爆笑。
こんな光景、絶対に人に見せられない。

幾度かやってみたけど。
Umm...やりかたまちがってないと思うけど。
うまくいかぬ。


てか、そうこうしてるうちに、液、なくなっちまうよー。
うまく、口から出せるようにならないと。


花粉とか、風邪の菌とか、鼻の奥にひそんでるんだって。
「鼻うがい」、やったほうがいいって。
みなさんも、おためしあーれ。

一緒に、両方の鼻の穴から、液、どぼーーーって出そうぜ!
[PR]
by ishokuju | 2007-10-06 00:00 | 買う/捨てる | Comments(0)

ガッツとともに時をかける

連続ドラマ「北の国から」、全24話、21話まで見た。
あと3話!


ドラマ開始時の、みんなの年齢を調べてみたのよ。



倉本聰、46歳
さだまさし、29歳

田中邦衛、48歳
いしだあゆみ、33歳
ケイイチロウ、5歳

吉岡秀隆、11歳
中嶋朋子、10歳

竹下景子、28歳
地井武男、39歳
大滝秀治、56歳

岩城滉一、30歳
原田美枝子、22歳
松田美由紀、20歳

裕木奈江、11歳
宮沢りえ、8歳
内田有紀、5歳

ガッツ石松、32歳
伊丹十三、48歳
宮本信子、36歳
美保純、21歳
横山めぐみ、12歳


おやおや、岩城滉一やガッツ石松の年齢が、今のおいらと近い。
来月、おいらは誕生日で、ガッツと同い年に。

ガッツ石松は、21年後、「2002遺言」までも、このドラマに出続ける。
僕も21年かけて、このドラマを見てみようかな。
ガッツとともに、年をかさねて・・・、2028年まで。
[PR]
by ishokuju | 2007-10-05 00:00 | テレビや映画、本のこと | Comments(0)

なぜ捨てる

日曜、よしくんカップル主催のバーベキュウで、僕の高校のときの卒業アルバムが登場したのよ。


どういうことかと言うと、なんか、高校のときのはなしになったんだっけ。
誰と誰の出身高校が一緒で、みたいな話だったかな。

で、僕が、車に卒業アルバムがあるから見てみる? なんて言っちゃって。
トランクにつんでるアルバムを出してきたんだ。


なんで、そんなものを車につんであるかというと、捨てるつもりで、実家から持ち出したものなんだ。
幼稚園から大学までの卒業アルバムがトランクにあるの。

でも、まだ捨てていなくって、車に乗ったままになっている状態。


緑の深いキャンプ場で見る卒業アルバム、って、変な感じでした。
(1994年卒業、の文字を見て、1994年?!なんて驚いてるのは40代チーム。)

好きだった先生やかわいかった子やこっそり体操着のにおいをかいだ子なんかを指差しながら、ページをめくった。
まさかこんなところで公開することになるなんて。


なんでアルバムを車に乗せているのか、と問われ、捨てるつもりなのだ、と答える。

なぜ捨てるのか? と言われる。


なぜ捨てるのか、と問うのなら、僕だって問い返したい。
なぜ持ち続けるのか、と。


いらないから捨てるんですよ。
自分が死ぬとき、からっぽにして死ななきゃなんない。
いつかは卒業アルバムだって捨てねばならぬ、その「いつか」が、今、なだけです。
[PR]
by ishokuju | 2007-10-03 00:00 | 買う/捨てる | Comments(0)

いやな写真ですか

免許証の更新をして、写真、変に写っちゃって、がっかりー、みたいな話はよく聞きます。
5年間もこの写真と付き合わねばならないのー、みたいな。


でも、それって、そんながっかりすること??
だって、免許証を誰かに見せるときって、その写真の人物(本物)が、常にそこにいるわけじゃないですか。
どんな変な写りの写真でも、その写真の人物は、免許証のすぐそばに必ずいる。
今、現在のその人の顔がそこにある。



これが、たとえば、高校の卒業アルバムだったりしたら、悲惨だわね。
自分が変な顔に写ってしまっている、卒業アルバム。

学年が1500人だったとしたら、つまり、卒業生は1500人。
製造される卒業アルバム、1500冊。
その1500冊は、おのおのの家庭で、半永久的に残る。
おのおのの家庭で半永久的に残される、自分の変な顔。
これは悲惨だわよ。



でも、運転免許証は、この世に1枚しかない。
そして、5年間だけ。
そして、写真の人物の本物の顔が、絶対にそこにある。
[PR]
by ishokuju | 2007-10-02 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)