<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

蝋燭風呂

去年年末、誕生日プレゼントにもらった、キャンドル6個セットがある。


部屋でキャンドルをともしたりするの、あんまり好きではない、って話を、こないだ部屋に遊びに来たK.M.に話した。
部屋で何かが燃えている、って状態が、落ち着かない、と。


K.M.は、お風呂でやってみたら、と提案。
入浴中にともしてみては、と。
あら、素敵かも。




てことで、日曜夜、6個のキャンドル、浴室でともす。
ゆれる炎、素敵。
長湯。
[PR]
by ishokuju | 2007-02-26 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)

国体 -THIS IS POP-

先週末、実家に帰っていた。
高校まで僕が過ごしていた部屋があるのだが、そこは物置状態になっている。
ベッドがあるので、そこで寝る。

机なんかもある。
机の上にある、とあるものをケータイで写真にとる。
それは、『すだちくん』のキーホルダーだ。


すだちくん、というのは、緑色の生き物で、徳島県のイメェヂキャラクター。
1993年に、香川県と徳島県であった「東四国国体」のときに生まれたキャラクター。

あれから14年たつけど、今も徳島が誇るヒーローだ。


1993年は、僕が高校3年のとき、僕の高校は、体育館が剣道の試合会場になった。

----------------

今年の元旦、夜、博多でとあるイヴェに参加。
2人、声をかけたりかけられたりして、メアド交換をした。
そのふたりとは、翌日、時間をずらして個人的に会った。

夜、そのうちのひとり、Yと飯を食った。
彼は聾者で、僕と同い年。

僕の出身は徳島県なんだよ、なんてYに言うと、徳島に行ったことがあるよ、なんて言う。
高校のとき、国体で行った、だって。


「それって、東四国国体?」なんて、思わず聞いてしまう。
すだちくん、っていたでしょう?
そんな会話を、住吉のロイホでしてたんだ・・。

----------------

すだちくんのキーホルダー画像を、Yに送った。
懐かしいな~、だって。
キーホルダーがあったの? 置いておいたほうがいい、ほんとうにかわいかった、だって。

なんか、そんなことを言われると、すだちくん以上に僕までうれしくなった。

----------------

高校3年、秋、国体は徳島は鳴門市にある競技場で主な競技が行われていたんだけど、最後、ここで荻野目洋子の無料ライヴがあった。
徳島市から、友人とはるばるそれを観に行った。

ライヴは、席の前のほうは、車椅子の人とかのスペースで、あんまり近くからは観られなかったけど、すごい盛り上がった。
「コーヒー・ルンバ」とか「ディス・イズ・ポップ」、「ねぇ」、そんなころ。



今、ものすごく懐かしい気分になってる。
このときの荻野目洋子ライヴ、無料送迎バスで鳴門まで向かったの、今思い出した。
自転車で向かったのかと思ってたけど。違った。

昔の思い出をこうやって文字にしていってると、忘れていたことが急に思い出されることってある・・。
バスの中で、工藤静香の歌を大声で歌ってたヤンキー女がいたこととか、急に思い出した。


このときの鳴門の競技場、閉会式とかそんなのじゃなかったっけ。
大勢の幼稚園児のショウを競技場で観たよ・・。
このときの幼稚園児も、今は高校生だったりするわけだ。


なんか、今日、この日記を思いつきで書いてよかった。
すだちくんキーホルダーのことをメインで書くつもりが、荻野目洋子ライヴというか、鳴門競技場のことで頭がいっぱいになってしまった。
このとき、一緒に荻野目洋子を観た友人はもう他界してて、こんな思い出話をもうできないから。


内容がめちゃくちゃでごめんなさい。
思いつくままで書いてしまいました。
[PR]
by ishokuju | 2007-02-21 00:00 | あの日 | Comments(0)

私信(タカシ氏。以外は読まないでください)

私信:【嵐山】タカシ氏。へ。
CDできました。
会ったとき、交換しましょう。

昔のユーミンの曲で、選曲しました。
全32曲。
1枚のディスクに曲をつめこむのはあんまり好きではないのだけれど。
だから、今回のCDのコンセプト、っていうのは、あんまりないです。
ただ好きな曲を集めただけ、って感じになってしまいました。
(いつもは流れやコンセプトを考えて、曲目少なめで1枚にまとめるんだけど)
32曲中、由実の年齢、10代が1曲、20代が29曲、30代が2曲、って感じ。
若めでしょ??



“Yuming!! ESPER”!!

[Disk-1]
01.Miss Lonely
02.川景色
03.破れた恋の繕し方教えます
04.ハートブレイク
05.私のロンサム・タウン
06.カンナ8号線
07.大連慕情
08.青い船で
09.結婚ルーレット
10.Kissin' Christmas(クリスマスだからじゃない)
11.オールマイティ
12.私を忘れる頃
13.ハートはもうつぶやかない
14.時のないホテル
15.ためらい
16.ESPER

[Disk-2]
01.さまよいの果て波は寄せる
02.りんごのにおいと風の国
03.魔法の鏡
04.ベルベット・イースター(kEiicHirO 2007 rEmiX)
05.よそゆき顔で
06.悲しいほどお天気
07.帰愁
08.キャサリン
09.あの日にかえりたい
10.罪と罰
11.何もなかったように
12.航海日誌
13.あなただけのもの
14.翳りゆく部屋
15.12月の雨
[Special Track(初回限定)]
16.風の中の栗毛
[PR]
by ishokuju | 2007-02-09 00:00 | MUSIC | Comments(0)

先週土曜日。



夜、港へTetsuyaクンを迎えに行く。
ヨシカズをTetsuyaクンに紹介、3人で“D”で飯を食う。
その後、仕事を終えたシンチャンをホテルに迎えにいって、4人で次元へ。
シンチャンをヨシカズとTetsuyaクンに紹介、カウンターで4人並んで乾杯。


カウンターで話してるとき、ヨシカズのケータイを見ていて、驚いたことがあったんだ。
それは、彼の着信履歴を見て。
着信履歴がずらーっと並んでいたこと。

先月、彼と知り合ってケータイのアドレスとかを交換したとき、僕の番号も教えた。
でも、あとで考えてみて、それって意味ないなあ、なんて思った。
耳が聞こえないのに、番号を教えたって、会話することもないのに、って。
彼にとって、ケータイは、Mailしたり写真をとったりするもので、番号ってあってないようなものなんだなあ、なんて思った。

ところが、着信履歴が並んでいる。
思わず聞いたよ。なんで履歴があるの??って。

それは、テレビ電話でのやりとりなのであった!
なるほど、って思った。
画面を見ながら、手話で会話するっていうじゃない。

なんて話をしてたら、彼のケータイ、ヴァイブレーション、電話を着信。
タイムリー。
会話が始まった。

ケータイの画面に向かって手話をはじめた。
(ヨシカズの手話を見るのは、先月のサザエ以来)
ケータイの画面の中、相手の人も手話をしてる。
相手の人、後ろの景色が流れている。
タクシーの後部座席にいるらしい。

ときどき、ケータイが転げ落ちて、画面が真っ暗になる。
「彼、どこに電話置いてるの?」って聞くと、ひざの上にケータイを置いて、両手で手話をしてるんだって。
すごい、おもしろい!
僕も横から割り込んで、相手の人に手を振ってみたりする。


僕とヨシカズが、そんなやりとりをしている横で、シンチャンとTetsuyaクンはおしゃべりしてる。
おしゃべり、っていうか・・。
Tetsuyaクンがやられてる。
初対面のシンチャンにいじめられてる。
見ていて・・・・かなり笑える!

よく、「ダンディな」なんて言葉で形容されるTetsuyaクンが、「しいたげられてる」。
かなりおかしい。

シンチャンって、ほんと、子どもみたい、てか、悪ガキがそのまま大人になってしまったような人。
無邪気。

なんの悪気もなく、Tetsuyaクンをいじめてる。
Tetsuyaクンもいじめられながら反撃してる。けど、さらにシンチャンにやられてる。

気があってるのかどうなのかわからぬが、でも盛り上がってる風なので、まあよかったかな。
こんな流れになるとは想像もしなかったけど。




25時、次元を出て、解散。
[PR]
by ishokuju | 2007-02-06 00:00 | こんな週末 | Comments(0)