カテゴリ:MUSIC( 218 )

松任谷由実ニューアルバム

5月24日、松任谷由実が新しいアルバムを出す。

彼女のアルバムを初めて買ったのは、6年生のとき。
発売日にアルバムを予約して買うことを、僕は中1のときから続けている。


発売日は、昼勤の週だ。
昼休みに会社を出て、ショップに買いに行こうか、それとも、退社してから買いに行こうか。
それによって、予約する店も変わるなあ・・。


それに、もちろん、今回のアルバムは、まず最初に車でプレイさせる。
18年間、アルバムを買ってきて、初めての試み。
CDを買って、車に戻って、すぐにCDのヴィニールを破る自分を想像できる。
どの道を走りながら聴こうか、考える。


6年生の終わりに、初めて買ったアルバムは、カセットテープだった。
3000円近い、高価な買い物。
1曲目は、タイプライターの音から始まる曲。
今聴いても、ドキドキするイントロ・・。

中1のときのアルバムは、CDを買っていいのかレコードを買っていいのか、迷った。
CDってどういうものなのか、よくわからなかった。プレイヤー、持ってないし・・。
レコードを買ってみた。

中2のときのアルバムは、学校の帰りにショップに寄った。
特典でブックレットとか、あと、くじを引いて消しゴムとかもらえた。
銀色のドレスを着て、銃を構えてるポスターをずっとながめていた。


CDの発売の時期は、それらの出来事をすごく思い出す。
今、そのときのショップ、もうない。
なんか、思い出すと涙が出そう。
僕の青春そのもの、って気がする。

僕、もう30歳よ。でも、13歳のときと、なにも変わっていなくって、ちょっと驚く。
ユーミンが変わっていないことにも驚かずにいられない。
そして、僕の年齢が、ユーミンを好きになったときの彼女の年齢に近づいていること!


とにかく、発売が楽しみ。
先月も今月も、楽しいことがちょっと多すぎる。なんか不安なくらいに。
[PR]
by ishokuju | 2006-05-11 00:00 | MUSIC | Comments(0)

言ってごらん

誰?



9月2日、土曜日。
宇多田ヒカルのライヴ、僕と一緒に観たいの、誰?
広島グリーンアリーナ公演。

誰なの?
言ってごらんなさい。
f0207134_20442697.jpg

[PR]
by ishokuju | 2006-04-20 00:00 | MUSIC | Comments(0)

パット・メセニー

気温の高い日が続くようです。


だなんて。気候のはなしなんてしてみたりして。
こういうときに、気が、ゆるみ。
風邪なんてひいてしまわないように気をつけないと。

で、週末には、また気温が下がるみたい。


雨が久しぶりに降りました。
車ではパット・メセニーのCDを聴いています。

高校生のときに買ったもの。
学生時代、このパット・メセニーや、あと、ダウンタウン、山下達郎、チューリップとかを1本のテープに収めて、博多の街を散歩しながら聞いていたのを思い出します。


(今はそれを、車に乗りながら聴いている・・。
仕事の行き帰りの途中に・・。)


あと、パット・メセニーを聴いていると、『松任谷由実のオールナイトニッポン』っていう深夜レイディオ番組を思い出すんですけどね。
(昔、そういう番組があったんですよ・・。)


それでは、ごきげんよう。
f0207134_1442149.jpg

[PR]
by ishokuju | 2006-02-16 00:00 | MUSIC | Comments(0)

『裸であいましょう』

『裸であいましょう』を買ったわ。
中古、980円だったかな。

かの香織のアルバムよ。
1995年発売の。
大好きな曲が何曲か入ってるの。

このアルバムの中の数曲、僕が持ってるカセットテープに入ってて。
で、かの香織のことを知ってて。

このアルバム、いつか聴いてみたいなあ、って思ってたんだけど。
10年もたっちゃった。

「午前2時のエンジェル」とか「夏よ風よ」とか。
f0207134_11434424.jpg

[PR]
by ishokuju | 2005-04-02 00:00 | MUSIC | Comments(0)

カセットテープの魅力

カセットテープを作るの、楽しい。


いつも、だいたい60分テープなんです。

60分テープ、片面、30分と30秒くらい入るのだけれど。
時間を計算して、きっちりいれたり、するの。

(計算機を片手に。
この時間計算、僕、うまいんです)


でも、絶対きっちり入れるわけでもないのよ。

わざと無音の時間をつくるのも、好き。


A面を聴いていて、最後の曲が終わる。
フェイド・アウトとともに、他の音(運転中なら、車の音とか)が耳に入ってくる。
余韻にひたる・・。


・・・忘れたころに、「ガチャ」の音。
で、B面が始まるの。

このA面の終わりからB面にいく、流れ。
これが、ドラマティックなのよ!

これ、カセットテープならではのものよ。


あと、CDみたいに、ぽんぽん頭出しができない、不便さ。
絶対、頭から最後まで聴かなければいけないでしょう?

どの曲も、等分に聴いている、って気分になって。
音楽を大切に聴けているなあ、って気分になって。


あの、カセットテープのサイズも好き。
独特の存在感。
で、そこにあるだけで、絵になる。

手にすると、かちゃかちゃ音がなるのも好き。
かわいい・いとおしい。


ノーマル・テープの、やわらかい、音、も好き。
最近のCDって、音がきれいだけれど、でも音がきつい。
音圧の強さが、聴いていて疲れる。
「Ah...カセットにとりたーい」って気分になるの。


なんか、語りだしたら止まらないのだけれど。
カセットテープが好き好き好きなんです。
f0207134_11425662.jpg

[PR]
by ishokuju | 2005-03-02 00:00 | MUSIC | Comments(0)

さみしかった初めてのライヴ

1995年1月31日。

この日は、僕が初めて松任谷由実のライヴを観た日です。
とてもとても、大切な記念日です。


そして、この日から、ちょうど10年がたってしまいました。


10年前。
僕は、福岡県にある大学に通う、学生でした。
19歳。

ライヴの会場は、福岡国際センター。
初めて見るユーミンのライヴは、感動、唖然、衝撃、いろんなのが混ざったものを僕に与えました。


このライヴ、僕は、ひとりで観たんです。
一緒にライヴを観るユーミンファンの友達は、このころいなかったのです。
ユーミンファンの友達どころか、普通の友達も、そんなにいなかったのです。

チケットを買うときも、ひとりでぴあに並んで。
ひとりでライヴを観て。


ライヴを観た感動を、口に出して話をできる相手が、いなかったんです。
とても、さみしかった。

10年前の初ライヴ、ライヴが終わって外に出ると、雪が降っていました。
会場のロビーの中にまで、雪が吹き込んでいて。

買ったパンフが雪に触れぬよう、コートの中にパンフを入れて、しっかり抱いて会場をあとにしました。


今、僕には、一緒にユーミンのライヴに行く友達がいて、とてもうれしい。
一緒に騒げる友達がいて。
でも、ライヴを見終わった後は、いつも、あの雪のなかをひとりで帰った初ライヴのことを思い出してしまいます。
もう、あんなさみしい思いはしたくないなあ、って。
f0207134_1141057.jpg

[PR]
by ishokuju | 2005-02-01 00:00 | MUSIC | Comments(0)

不協和音

今日、夜勤中、先輩がマッキントッシュで浜崎あゆみをがんがんかけてて。
僕もまけじと、竹内まりやのCDをかけて対抗した。

あゆみとまりやの不協和音がすごくて、笑いが止まらなくなった。

そしたら、あゆみサイドのマッキントッシュが突然おちた。
「まりやの勝ち!」とか言ってみたり。

6時まで仕事してました。

さて、今日は祝日。
でも、昼過ぎまでは寝ます。
起きて、なにをしようかしら・・。
f0207134_11381829.jpg

[PR]
by ishokuju | 2004-12-19 00:00 | MUSIC | Comments(0)

カズオのこと

雨の降る中、ローソンでお買い物。
コンサートチケット。

『新春ビッグステージ2005
舟木一夫 “赤い詰襟”コンサートツアー』

来年1月12日、大阪フェスティヴァルホール。
S席、6800円。

僕は、昔から舟木一夫の大ファンで、できる限り、彼の公演は観ているんです。

なんて。嘘よ。
母に頼まれてたのよ。

最近、すごい気分が憂鬱だったのは、これのせいかしら・・?
なんか、だいぶ前から母からの電話で、このチケットの購入を頼まれていて。
ローソンのロッピーの操作がわからぬようでね。

僕、携帯の裏っかわに、一夫のチケット購入を忘れぬように、ふせん紙を貼っていたんだから!

ああ、でも買うことができてよかった。重荷が取れたわ。

でも、徳島県の実家に戻って、母にチケットを渡さないと・・。
これまた憂鬱。

“赤い詰襟”って。なによ。

そうそう、一夫ついでに・・。

僕が10年半前まで通っていた高校では、体育祭で、3年生のフォークダンスの入場の曲が、「高校三年生」と決まっていました。
毎年恒例だったみたい。一夫の代表曲ね。
f0207134_113584.jpg

[PR]
by ishokuju | 2004-10-27 00:00 | MUSIC | Comments(0)