カテゴリ:MUSIC( 223 )

私信(タカシ氏。以外は読まないでください)

私信:【嵐山】タカシ氏。へ。
CDできました。
会ったとき、交換しましょう。

昔のユーミンの曲で、選曲しました。
全32曲。
1枚のディスクに曲をつめこむのはあんまり好きではないのだけれど。
だから、今回のCDのコンセプト、っていうのは、あんまりないです。
ただ好きな曲を集めただけ、って感じになってしまいました。
(いつもは流れやコンセプトを考えて、曲目少なめで1枚にまとめるんだけど)
32曲中、由実の年齢、10代が1曲、20代が29曲、30代が2曲、って感じ。
若めでしょ??



“Yuming!! ESPER”!!

[Disk-1]
01.Miss Lonely
02.川景色
03.破れた恋の繕し方教えます
04.ハートブレイク
05.私のロンサム・タウン
06.カンナ8号線
07.大連慕情
08.青い船で
09.結婚ルーレット
10.Kissin' Christmas(クリスマスだからじゃない)
11.オールマイティ
12.私を忘れる頃
13.ハートはもうつぶやかない
14.時のないホテル
15.ためらい
16.ESPER

[Disk-2]
01.さまよいの果て波は寄せる
02.りんごのにおいと風の国
03.魔法の鏡
04.ベルベット・イースター(kEiicHirO 2007 rEmiX)
05.よそゆき顔で
06.悲しいほどお天気
07.帰愁
08.キャサリン
09.あの日にかえりたい
10.罪と罰
11.何もなかったように
12.航海日誌
13.あなただけのもの
14.翳りゆく部屋
15.12月の雨
[Special Track(初回限定)]
16.風の中の栗毛
[PR]
by ishokuju | 2007-02-09 00:00 | MUSIC | Comments(0)

木綿のハンカチーフ

椎名林檎ちゃんの「木綿のハンカチーフ」って曲が、だあい好き。
アイポッドでよく聴いてますよ。


こないだ、山手線なんかでこの曲を聴いてて。
なんか、歌の世界にはまりこんでしまった。

この歌は、悲しいラヴソング。
田舎でつきあってたカップルがいたのだけれど、男の方が、就職だかなんだかで、都会へと旅立ってしまう、って歌なんです。

ふたりのかけあい。
男は彼女のことを「恋人よ」って呼んで、女のほうは「あなた」って呼んで。
でも、距離や過ぎる時間は、ふたりの関係をあやうくしちゃう。


ちなみに、作詞作曲は椎名林檎ちゃんではないんです。
カヴァなの。
大昔の歌で、別の人が歌ってたみたい。


ケイイチロウだってカヴァしちゃう。
[PR]
by ishokuju | 2006-10-31 00:00 | MUSIC | Comments(0)

「記憶」

昨日、T.F.クンの車、アイポッドからの音楽が流れる。
その曲が流れたとたん、思わずうっとり。
これなんて曲??


それは、中孝介(あたり こうすけ)クンの「記憶-Last Forever-」って曲だった。
中(あたり)クンが、中国語の女性とデュエットしているもの。

それが、ほんと、うっとりしてしまうような、いい曲だったの。
曲が終わって、次の曲になったけど、「もっかい聴きたい」って僕に言わせたほど。


このね、中国語の女性の声が、とおっても僕をうっとりとさせたのよ。
あと、中国語の発音って、とおってもきれいですね。

今まで、中国語をしゃべりたいとか、中国語をしゃべらねばならない状況とか、そういうことってなかったけど。
なんだか、この曲を歌うために、中国語のフレーズを練習したいわ、なんて思ってしまいました。




誰?
僕とデュエットしたいと思った人は。
[PR]
by ishokuju | 2006-10-16 00:00 | MUSIC | Comments(0)

「もう愛は始まらない」

大阪の堂山町ってところにある、エクスプロージョンっていうクラブ。
ここができて10年ですって。


僕が初めてここの階段をおりたのが8年くらい前になるのかな。
ずっと昔からあるのかと思ってたけど。
そうでもないのね。

昔は、カウンターがお店の中心にあったんだよな。
なつかしい。
まだまだ僕も若かったころだ。


大昔(20年以上前)の松任谷由実の歌に、「もう愛は始まらない」っていうのがあって。
この歌、こういう、クラブのことを歌ってる。

クラブを海の底にたとえたりして。
うまいね。

エクスプロージョンが、まさしくこの歌のイメージ。
天井なんてものすごい低くて。
なんか、水槽に入れられてるような感じじゃない?あそこって。


轟音の音楽、そんななか、顔を寄せ合って大声で話しをしてる、って場面がこの歌に出てくる。
誰かのカップルのことを噂してるんだけど。
そういうの、よくわかるわ。


先週に続いて、今週末もクラブに遊びに行く。
昔に比べてペースは落ちたけど、やはりこういうの楽しい。

僕も年をとってるから、まあ、ノリは違ってきてるかも。
さらに年をかさねたら、どんなふうに変わっていくかしら。


僕の友達にはいろおんな年齢の人がいる。
いろおんな年齢の人とつきあうのは、やっぱり楽しいよ。


よくわからないことを言ってしまってごめんなさい。
[PR]
by ishokuju | 2006-10-05 00:00 | MUSIC | Comments(0)

ちょうど5年前は・・

この間、『嫌われ松子の一生』って映画を観ました。

その映画、舞台は2001年夏の東京。
ちょうど5年前だね。

(なんで5年前なんだろう・・原作がそうなのかな??
東京にある、ある河川敷で、主演の中谷美紀が他殺体で発見されるところから映画が始まります。)

5年前の中谷美紀は河川敷で死んでたけど、じゃあ、あなたは??
あなたは・・、そのとき、何してた??




僕?
僕だったら、ユーミンのライヴを観てました~!

このころのユーミンは、『アケイシャ』っていうへんてこなタイトルのアルバムをリリースしたときで。
で、そのアルバムと連動した全国ツアーをしていたのでした。

スポンサーは「資生堂」よ!!
「資生堂ベネフィーク プレゼンツ」よ!!!
ベネフィークって! 渋すぎ!!!!


この公演、大阪府大阪市と広島県広島市で観たわ。
3公演観たわ。

スポンサーは「オバハンブランド ベネフィーク」だけれども、でも、内容はアゲアゲでした。
特に、初めての広島公演、超盛り上がりまくりでした。



あらららら。自分のはなしばかりしてる。
で、5年前のあなたは、なにしてました??
[PR]
by ishokuju | 2006-06-30 00:00 | MUSIC | Comments(0)

松任谷由実ニューアルバム

5月24日、松任谷由実が新しいアルバムを出す。

彼女のアルバムを初めて買ったのは、6年生のとき。
発売日にアルバムを予約して買うことを、僕は中1のときから続けている。


発売日は、昼勤の週だ。
昼休みに会社を出て、ショップに買いに行こうか、それとも、退社してから買いに行こうか。
それによって、予約する店も変わるなあ・・。


それに、もちろん、今回のアルバムは、まず最初に車でプレイさせる。
18年間、アルバムを買ってきて、初めての試み。
CDを買って、車に戻って、すぐにCDのヴィニールを破る自分を想像できる。
どの道を走りながら聴こうか、考える。


6年生の終わりに、初めて買ったアルバムは、カセットテープだった。
3000円近い、高価な買い物。
1曲目は、タイプライターの音から始まる曲。
今聴いても、ドキドキするイントロ・・。

中1のときのアルバムは、CDを買っていいのかレコードを買っていいのか、迷った。
CDってどういうものなのか、よくわからなかった。プレイヤー、持ってないし・・。
レコードを買ってみた。

中2のときのアルバムは、学校の帰りにショップに寄った。
特典でブックレットとか、あと、くじを引いて消しゴムとかもらえた。
銀色のドレスを着て、銃を構えてるポスターをずっとながめていた。


CDの発売の時期は、それらの出来事をすごく思い出す。
今、そのときのショップ、もうない。
なんか、思い出すと涙が出そう。
僕の青春そのもの、って気がする。

僕、もう30歳よ。でも、13歳のときと、なにも変わっていなくって、ちょっと驚く。
ユーミンが変わっていないことにも驚かずにいられない。
そして、僕の年齢が、ユーミンを好きになったときの彼女の年齢に近づいていること!


とにかく、発売が楽しみ。
先月も今月も、楽しいことがちょっと多すぎる。なんか不安なくらいに。
[PR]
by ishokuju | 2006-05-11 00:00 | MUSIC | Comments(0)

言ってごらん

誰?



9月2日、土曜日。
宇多田ヒカルのライヴ、僕と一緒に観たいの、誰?
広島グリーンアリーナ公演。

誰なの?
言ってごらんなさい。
f0207134_20442697.jpg

[PR]
by ishokuju | 2006-04-20 00:00 | MUSIC | Comments(0)

パット・メセニー

気温の高い日が続くようです。


だなんて。気候のはなしなんてしてみたりして。
こういうときに、気が、ゆるみ。
風邪なんてひいてしまわないように気をつけないと。

で、週末には、また気温が下がるみたい。


雨が久しぶりに降りました。
車ではパット・メセニーのCDを聴いています。

高校生のときに買ったもの。
学生時代、このパット・メセニーや、あと、ダウンタウン、山下達郎、チューリップとかを1本のテープに収めて、博多の街を散歩しながら聞いていたのを思い出します。


(今はそれを、車に乗りながら聴いている・・。
仕事の行き帰りの途中に・・。)


あと、パット・メセニーを聴いていると、『松任谷由実のオールナイトニッポン』っていう深夜レイディオ番組を思い出すんですけどね。
(昔、そういう番組があったんですよ・・。)


それでは、ごきげんよう。
f0207134_1442149.jpg

[PR]
by ishokuju | 2006-02-16 00:00 | MUSIC | Comments(0)

『裸であいましょう』

『裸であいましょう』を買ったわ。
中古、980円だったかな。

かの香織のアルバムよ。
1995年発売の。
大好きな曲が何曲か入ってるの。

このアルバムの中の数曲、僕が持ってるカセットテープに入ってて。
で、かの香織のことを知ってて。

このアルバム、いつか聴いてみたいなあ、って思ってたんだけど。
10年もたっちゃった。

「午前2時のエンジェル」とか「夏よ風よ」とか。
f0207134_11434424.jpg

[PR]
by ishokuju | 2005-04-02 00:00 | MUSIC | Comments(0)

カセットテープの魅力

カセットテープを作るの、楽しい。


いつも、だいたい60分テープなんです。

60分テープ、片面、30分と30秒くらい入るのだけれど。
時間を計算して、きっちりいれたり、するの。

(計算機を片手に。
この時間計算、僕、うまいんです)


でも、絶対きっちり入れるわけでもないのよ。

わざと無音の時間をつくるのも、好き。


A面を聴いていて、最後の曲が終わる。
フェイド・アウトとともに、他の音(運転中なら、車の音とか)が耳に入ってくる。
余韻にひたる・・。


・・・忘れたころに、「ガチャ」の音。
で、B面が始まるの。

このA面の終わりからB面にいく、流れ。
これが、ドラマティックなのよ!

これ、カセットテープならではのものよ。


あと、CDみたいに、ぽんぽん頭出しができない、不便さ。
絶対、頭から最後まで聴かなければいけないでしょう?

どの曲も、等分に聴いている、って気分になって。
音楽を大切に聴けているなあ、って気分になって。


あの、カセットテープのサイズも好き。
独特の存在感。
で、そこにあるだけで、絵になる。

手にすると、かちゃかちゃ音がなるのも好き。
かわいい・いとおしい。


ノーマル・テープの、やわらかい、音、も好き。
最近のCDって、音がきれいだけれど、でも音がきつい。
音圧の強さが、聴いていて疲れる。
「Ah...カセットにとりたーい」って気分になるの。


なんか、語りだしたら止まらないのだけれど。
カセットテープが好き好き好きなんです。
f0207134_11425662.jpg

[PR]
by ishokuju | 2005-03-02 00:00 | MUSIC | Comments(0)