マンタの天ぷらとバス

瀬し香(ハゼでないキャフェのほう)に、こないだ、お友達と行った。

たくさんある本の中に、「マンタの天ぷら」、発見。
うわ、なつかしい!
この本、持ってたよ。
もう、20年も前の本。

僕(正隆さん)が、家内(ユーミン)を乗せ、ドライヴしてたときのはなし。
前の車が、マナーの悪い運転をして、思わず急ブレーキ。
助手席の家内が、頭をごつんとぶつけてしまうハプニング!
ついに僕はブチ切れて、信号待ちのとき、車を降りて、前の車に怒鳴り込む、はずが...、ってはなしがある。

そのエッセイの内容を友人に話したら、その友人が、今日乗ってたバスのことを話してくれた。
なんでも、バスの前に、ものすごい運転をするおばさんがいたらしく。
信号待ちで、なんと、運転手がバスを降りて、そのおばさんの車にクレームを言いにいったんだって!
えー!そのはなし、すごくね?
みたいな。

てゆか、ブチ切れて車を降りるはなしが、こんな同時に存在したことに驚いた夜だった。
瀬し香の昭和なスパゲッティはうまかった。




 

[PR]
by ishokuju | 2017-01-25 01:51 | こんな週末 | Comments(0)
<< 道 霧の森へ >>