びっくり、「鱸(すずき)とおこぜ」

お盆休みに、実家で、いろいろ、本を物色して、持ち出してた。

おとといだっけ、その中から、午後、阿川弘之の「鱸とおこぜ」を読んだの。
「現代小説選集」って短編集の最初が、「鱸とおこぜ」で。

そしたらね、夜に知ったんだけど、その日の「徹子の部屋」のゲスト、阿川佐和子だったんだって。
阿川弘之の娘。
ええー、びっくり。




 

[PR]
by ishokuju | 2016-08-26 16:02 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 『あえかなる部屋-内藤礼と、光たち』 生きててよかった 生きててよかった >>