竹内まりやのライヴ(その6)

ライヴがはねたあと、4人でJR広島駅前にタクシー移動。
もうひとり、広島県を旅していた、大阪府の友人も合流。
5人で、お好み焼きをいただいた。
僕の、38歳最後の食事。

そのあと、チンチンで移動して、飲みに出て。
そのお店で、ひとつ歳をとった。

というわけで、このライヴは、最高の誕生日プレゼントだった。
竹内まりやのライヴが、とてもよかったのはもちろんなんだけど、それより、

『こんなにも、激しく心を奪われた』

経験というのが、なんだか久しぶりだったような気がして。
その自分の状態を、持て余している感じ。
10日くらいたつのに、まだ引きずってる・・。

あと、僕はユーミンのファンだから、ユーミンのライヴとの比較を聞かれたりした。
ライヴの(アーティストもだけど)性質が、あまりに違いすぎるので、それは比べることはできないんだけど。
言えることは、お客さんは、竹内まりやの方が絶対にいい! ってことかな。
年齢層は、ほぼ一緒だと思うんだけど。
そうとう前のめり、かなりノリがよかったもんな。



て感じです。

ケンタッキーフライドチキン Presents
souvenir 2014
mariya takeuchi live
supported by JAPAN FM NETWORK

広島グリーンアリーナ、11月23日公演の報告でした。
[PR]
by ishokuju | 2014-12-03 00:28 | MUSIC | Comments(0)
<< 大木カレー もう一度、『ヴァラエティ』! >>