さよならを言いに来た

9日の日曜のこと。
徳島県のお友達・エム ティと一緒に、香川県綾歌郡(あやうたぐん)へ向かったよ。

宇多津町(うたづちょう)にある、宇多津ヴィヴレに行ってきた。
ここ、今月いっぱいで、閉店しちまうの。
最後に、ここをたずねよう、と、以前から約束してたんだ。

大むかし、15年以上前だけれど、エム ティと、よく、この場所をたずねてたからね。
ふたりで、きちんと、さよならを伝えたかった。

伝えたかった、とか言って、店内では、それなりに、はしゃいだけれどもね。
だって、いろいろ、つっこみどころ、満載なんだもん。

メンズフロァで、若き日、黄色いショートパンツを買ったの、ふいに、思い出した。
あのときも、エム ティと一緒にいたはず。
なつかしいな。

エム ティは、黒い上着を記念に買ってた。
僕は、特にいいものを見つけられず、なにも買わず。

帰路、国分寺の“D”に寄って、ディナァ。
思い出話に花が咲いて、大笑いしたわ。
あんな人がいた・あの人はどこへ行った・あの人、名前なんだっけ、きりがなかった。

この日は、午前中、坂出天狗マラソンに出てたから、1日に二度、香川西部をせめたことになる。
思いきり香川を満喫。
f0207134_22123424.jpg

[PR]
by ishokuju | 2014-02-17 22:01 | こんな週末 | Comments(0)
<< 案の定、かおり よくかき食う客だ >>