今年最後のサンソンを聴きながら

さっきまで、山下達郎サンデー・ソングブックを聴いてたよ。
今年、最後の放送。

先週と今週、年末恒例、夫婦放談。
竹内まりやさんが、ゲスト。
ま、先週は、徳島でマラソンがあって、聴かれなかったんだけど。

今年のことを、いろいろ回想しながら、おしゃべり。
リリースしたCDとか。
あと、山下達郎は、全国ツァーをしてたから、そのこととかね。

リスナーから、ライヴに関する、ほっこりする内容のはがきが読まれたり。
で、僕も思い出したことがあるん!

今回のツァー、9月の、岡山県公演(倉敷市民会館)に、行ったんだけどね。
チケットが、余計に2枚、ペアチケットがとれてしまってて。

友達に、いらないか、声をかけてた。
そしたら、ある友達が、ご両親にチケットをプレゼントする、ってことになった。
お母様が、喜寿になるとかで、そのお祝いもかねて。

無事、ライヴも終わって。
あとから、友達から、連絡が来た。

お母様が、ライヴにひどく感動してたって。
ずっと、そのことを言ってたみたい。
公演時間も長いし、高齢の人、大丈夫かなあって、心配もあったんだけど。

僕も、別に、ご両親のためにチケットをとったわけではないんだけども。
それを聞いて、うれしくなった。
たぶん、会場で、最高齢のお客じゃない?
そんなお客さんをも感動させる、達郎もすごいな、って。

てゆか、このことこそ、はがきに書いて、ラジオに送るんだったな。
放送で読まれたい、というより、達郎本人に知らせたかったかも、だ。
[PR]
by ishokuju | 2013-12-29 16:08 | MUSIC | Comments(0)
<< 年賀状より速く 最後の晩餐、最初の朝食 >>