ためらいトリビュート

とまどいトリビュート。


Amazonで、竹内まりやの『Mariya’s Songbook』と、大貫妙子トリビュートアルバム、ふたつ、同時に購入するつもりだった。
でも、今ンとこ、『Mariya’s Songbook』しか、買ってない。

購入を楽しみにしていた、大貫妙子のトリビュート。
とまどって、購入をためらっている。
曲目とか、詳細が、やっとわかって....。

2枚組、全21曲。
1枚目が、大貫さんの曲を、みんながあらたにカヴァした10曲。
2枚目が、過去の大貫さんのカヴァを集めた11曲。

てゆか、曲数、少なくね?
トリビュートアルバムなんだから、もっともっと、寄せ集めてもらいたかったかも。
(竹内まりやのほうが、ぎっしり34曲も入ってるから、余計にそう思ってしまう。
しかも、竹内まりやのほうより、1000円ほど高い。)

で、21曲のなかで、重複してる曲も多いの。
「色彩都市」が3パターンとか!
「都会」「突然の贈りもの」も重複してる。

で、個人的な意見。
1枚目の、奥田民生の「突然の贈りもの」は、聴きたくない!
1回くらいは聴いてみたい、とさえ思わない。
奥田民生のことは、嫌いではないのよ。
なんつうか、この名曲に、もう、別の余計な印象を与えたくない、というか。
そう思ってしまった時点で、このCDが、僕の中で遠いものになってしまったのかも。
てゆか、なぜに、この曲を奥田民生?!
(この曲を、今、カヴァしてほしいのは、竹内まりやかな。
一番最初に、この曲をカヴァしたのが竹内まりやだったし。
そんなオファー、なかったのかな。)

まあ、曲数は少ないけど、メンバーは豪華だよ。
過去のプロデューサーの、坂本龍一や小林武史も参加してる。
RCA三人娘の、竹内まりやとEPOの過去の曲もある。
それに、細野晴臣、高橋幸宏、ユーミン夫妻。
ここに、シュガーベイブのメンバーも加わればよかったのに。

いずれ、近い未来に、このアルバムを聴かれる機会がありますように。
[PR]
by ishokuju | 2013-12-19 04:35 | MUSIC | Comments(0)
<< 洗濯のルール 志穂美悦子さん >>