神戸の「月夜のタンゴ」

Ah…、寒かった。


神戸の港、14時発のジャンボフェリーに乗船。
山下達郎のサンデー•ソングブックが始まる時間なので、1時間、甲板で聴いてた。
さっき、明石海峡大橋の下をくぐったよ。
放送が終わって、ぬくぬくの船内に入った、というわけ。


竹内まりやの提供曲集•『Mariya’s Songbook』特集、第二週!
今日は、90年代以降、広末涼子、牧瀬里穂、松たか子、高畑充希とか、かかったよ。
広末涼子のマジ恋のカップリング(両A面になるのかな)の「とまどい」は、とても好きな曲。
海を見ながら、せつない気分に。

番組最後は、予想通り、森光子、かかった。
竹内まりや作詞•山下達郎作曲。
85歳のときのシングル、「月夜のタンゴ」。

この曲を聴くのは、2回目。
初めて聴いたのも、この番組だった。
で、すごい偶然なんだけど、前回も、神戸でその放送を聴いてた。

前に聴いたのは、去年の11月25日の放送。
なんでそんなのを覚えているかって、このときの放送、神戸マラソンを走ってる最中に聴いたからなんよねー。


朝9時に出発して、14時からサンソンを聴いて。
って、とんだけ時間かけて走ってるの、ってはなしだけど。
もう、神戸大橋は渡って、ポートアイランドを走ってた。
そしたら、最後に森光子が。


洋楽ばっかのサンソンで、いきなりだから、ちょっとびっくりした。
この直前に、森光子が亡くなって、追悼として、選曲されたのだった。

光子の歌声に力をもらって(?!)、その数分後に、無事、神戸マラソンを完走したのだった。
f0207134_15363457.jpg

[PR]
by ishokuju | 2013-12-08 15:35 | MUSIC | Comments(0)
<< 三宅裕司の正体 海を走る -ポックラ編- >>