赤ちゃん取り違え

今日は、両親の結婚記念日で、母に、今、電話してた。

いつも、結婚記念日に、電話することなど、ないのだけれど。
今日は、話したいことがあって。

60年前の赤ちゃん取り違えの事件!
あのニュゥスが、ショックすぎて、最近、ひきずってて....。
ここは、母と、このこと、話そうって思って。

あの事件、どう思う?
遺産とか、どうなるん?
って、母も僕に聞かれても困るだろうけど。
とりあえず、母に聞いてもらって、少し、落ち着いたかな。

ふたつの家族の両方の両親は、このことを知らずに、もう亡くなってる、とか。
裕福な家庭で育った、取り違えられた男性の今の心境は、報道されないのかな、とか。
やっぱり、考え出したら、きりがないなぁ。
初めて会う、実の弟たちと、今は、たまに飲みにいってるのだとか。
そういうものなのかな。
血がつながってたら、そんなものなのかな?

あんまり考え込まないように、と、母は困惑しながら言った。
インフルエンザの接種を受けるよう、言われた。
紅白歌合戦のはがきが、父あてに、そのうち、届くはずだ、と母に伝えて、電話を切った。
[PR]
by ishokuju | 2013-12-01 16:18 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 『かぐや姫の物語』 初めての椎名林檎ライヴ >>