榊原郁恵「なごり雪」

ドラマ「北の国から」のはなしですよ。

今、連れと、「北の国から」を、最初から観ているところ。
僕は、すでに全部観ているから、2度目。
連れは、初めてで、まったく知識がない状態で観ている。
いしだあゆみが死ぬことも知らないし、いちいち展開に驚いてる。
こないだ、田中邦衛が丸太小屋を作った。
僕は、のちの展開を知ってるから、「Ah...、丸太小屋・・」って、ため息をついちまう。

連続ドラマ24話を観終え、こないだ、「北の国から'83冬」を観た。
スペシャルドラマの1作目。
劇中、おおみそか、純と蛍が、ラジカセ(むかし、お母さんが買ってくれたやつ)で、NHK紅白歌合戦をラジオで聴くシーンがあった。

曲は「なごり雪」なんだけど、歌っているのは榊原郁恵。
で、むかしの紅白の曲目を調べてみたりして。
そしたら、あれ? 1983年の紅白に、「なごり雪」はなくって。

「北の国から'83冬」は、1983年3月の放送で、描かれてるのは、1982年年末から1983年の正月のあいだの出来事なのであった、みたいな。
なーんだ、ややこしい。
1982年の紅白に、「なごり雪」はちゃんとあった。

紅白といえば、この2年前、1980年の紅白も、印象的に描かれてた。
純の友達が、うちに紅白観に来いよ、って、純と蛍を誘ってくれてた。
純と蛍の家には、テレビがないから。

友達の家に行って中に入ろうとするんだけど、中に入れないふたり。
というのも、その友達は、家庭の事情でお母さんが遠方に住んでるんだけど、この日、お母さんが帰ってきてて、ふたりではしゃぎまくってたんだよね・・。
入るに入れず、友達の家をあとにするふたり・・。
そのあいだ、八代亜紀「雨の慕情」がずっとかかってるんだよねーーーーーー。

あー、「北の国から」のはなしになったら、興奮してくるーー。
この週末、「北の国から'84夏」を観る予定ーー。
[PR]
by ishokuju | 2013-01-23 20:52 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< iPhoneアプリ、開発! 夏のお金 >>