つららの今

「北の国から」、連続ドラマの半分、12話まで観た。
いちど全部見てるのに、やっぱり胸が熱くなるし、涙が止まらない。
先に進むのがおしいような、はやく観てしまいたいような、ふたつの気分。

つららって名前の登場人物が出てくる。
二十歳くらいの女の子で、松田美由紀が演じてる。
いい子なんだけど、幸が薄くて、つらい思いをしてて、彼女のことが気になってしかたない。

そんなつららが、つらさのあまり、失踪。
今、警察に捜索願いも出されてる。
つらら....、どうなるんだろう?!って連れと話してるんだけど、そんな感じで12話まできている。

で、いきなりはなしは変わるけど、こないだ、「ユーミンのスーパーウーマン」のゲストが、草間彌生だった。
ルイ ヴィトンの彌生コラボのパーティに、ユーミン登場。

ユーミンの右にいるのはレスリー キーで、左にいるのは....、松田美由紀だ!
ああそっか、レスリーの写真集で松田美由紀のあったもんね。

てゆか、30年前の松田美由紀の消息を気にしているときに、いきなり現在の美由紀が出てきて、その偶然にクラクラしちゃった。
しかも、ドラマはかなりしみったれた世界で、パーティのはあまりにゴージャスな世界で、30年の時をかけつつ、ふたりの美由紀のギャップにとまどいましたとさ。
[PR]
by ishokuju | 2012-10-04 12:14 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 『崖の上のポニョ』! オーパス >>