植木等の声

植木等が亡くなった。

植木等って、僕にとって、特別好きでも嫌いでもない、わりと、こう言っちゃなんですけれども、どうでもいい芸能人でした。


会社の帰り、アイポッドで、普段あんま聴かない曲をプレイさせる。
植木等のおしゃべりが入っている曲を入れているので。

彼が79歳のときにリリースされたCDで、ほかに、谷啓とか松任谷由実とかが参加しているもの。
CDを買ったけれども、シングルだから部屋では聴かないし、アイポッドに入れてるけど、やはりそんな聴かない曲だったりするわけよ。


いつもの帰り道、いつものチャリンコ手ばなし運転で、この曲を聴く。
曲の間奏部分、植木等の声、なんか、ちょっとショックだったわけ。
この声の人物はもう死んでいるんだな、と。
わりと最近の曲だしね。
ちょっとした衝撃を受けた。
悲しい、なんてのとは全く違う、悪い言い方をすれば、ちょっとこわい、っていうのが近いかな。
死んでるけど、魂はまだ残ってて、イヤフォンから耳に入ってきそう、みたいな・・。



というか、僕、死んだ人のCDって持ってないんじゃないかしらん・・。
考えてみたけど、たぶん、持ってない。
CDを買ったアーティストで、初めて死んだ人かもしんない。


----------------


このCDを買ったの、大阪のマルビルのタワーレコード。
その夜、ショウコと鯨との3人で飯を食ったの、思い出した。
[PR]
by ishokuju | 2007-03-30 00:00 | MUSIC | Comments(0)
<< 地下のクラブ 4月1日、吹雪 >>