17才

今朝書いた、「人魚」の続きだけれど、森高千里の「17才」なんかも、歌詞中に17才って言葉は出てこないね。
(これも、大昔の歌のカヴァだ。)
タイトルで、主人公の姿が浮かび上がるという、ずるいしくみ。
タイトルが「14才」だったら、この歌、早熟でかなりドキっとするし、「25歳」だったら、なんか気持ち悪いかも。

あ、そんで、奈美恵ちゃんの「人魚」のCDジャケットの文字も、なんか独特な書体なの。

さて、これから連れの家へ向かいます。
明日は、旅に出るの。
[PR]
by ishokuju | 2012-07-14 18:47 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< さと子と直子とカレー 人魚 >>