TIMEシャワーがやむとき

日曜、天気は不安定だった、港でいつものように自転車(電動アシストね)をレンタルして、美術館を目指す、走っている間、雨が降ったりやんだり。

美術館からの帰りだったかな、山道、雨の中を連れと自転車を飛ばす、TIMEシャワーに射たれて! なんて叫んだりして、テンション高め。
TIMEシャワーって、久保田利伸の歌のことね。

僕と連れは同い年なのだけれど、中2のとき、1989年、久保田利伸がベストアルバムを出した。
『the BADDEST』!
最悪、ってタイトルの。
中2の僕は、このCD、買ったよ。

CDのプラスティックのケースが、紙製の豪華な箱に入ってる。
これまた豪華なブックレットがついてて、あと、豪華なポストカードが3枚入ってた。
こういう、豪華パッケージのCDって、とても興奮した。
部屋で、CDラックに置くと、ほかよりでかくって、ちょっと浮く。

で、1曲目が、「TIMEシャワーに射たれて」。
どんな歌詞だったか、よくは覚えてはいないけれど、なんだか、晴れ間がありつつ、でも、雨がしたたってる、みたいな天候のとき、TIMEシャワー! なんて叫んでしまうんだけど・・(心の中で)。
あ、確か、歌詞には、まぶしい雨が~、っての、あったわ。

まあいいや。
で、あと、「流星のサドル」とか、入ってた。
子どものころ、この歌、よくカラオケで歌ったなあ。
なんか、思い出したら赤面しそう・・。

で、日曜は、連れと山道を自転車で飛ばしながら、「永遠の翼」を一緒に歌ったりした。
大空に羽ばたくもののように~、って歌詞だっけ。
このとき、タイトルなんかは、うろ覚えなんだけど。

なんつうか、中学のときに買ったCDって、わくわく感の記憶が残るね。
ましてや、特殊パッケージ、みたいな。
久しぶりに聴いてみたいの。
f0207134_5155792.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-07-04 05:15 | MUSIC | Comments(0)
<< 真夜中の阿波おどり 昨日の美術館は >>