想い出のサン・ロレンツォ

GWの福岡旅行、天神のタワー レコードでCDを買ったよ。

地元でも、amazonででも、普通に買うことのできるCDなのだけれど、そこをあえて旅先で買う。
だって、せっかく車での旅だし。
旅先で買ったCDを、その帰り道の車で開封して、運転しながら初めて再生させたりするの、いいと思わない?
のちのち、そのCDを聴くたび、そのときの光景を思い出したり、ね。

買ったのは、パット・メセニー・グループの大昔のやつ。
安かった、1800円。
先々月に出たばっかの、音質を向上させたシリーズのもの。

1800円なんかだと、過去のアルバム、ほんとは一度に10枚くらい大人買いできるんだけど、それはしないよ!
1枚1枚、時間をあけて集めていきたい。
楽しみを長続きさせたいしね。

パット・メセニー・グループは、子どものころ聴いていたラジオ番組で楽曲が使われてて、それでよく耳にしてた。
中学生とかだから、こんな地味な音楽のアーティスト名も知ることはなかった。
でも、みずみずしい多感な時期の頭の中に、深くしみ込んでたんだよね。

今回買ったCDは6曲入ってるけど、そのうちの2曲が、知ってる曲だった。
うわ・・! この曲・・、知っとる・・! みたいな、デ ジャ ヴュみたいな。
パット・メセニー・グループの曲のいくつかは、僕をなんともいえない懐かしい気分にさせる。

今回買ったのは、パット・メセニー・グループのデビューアルバム『想い出のサン・ロレンツォ』。
1978年リリース。
てゆか、なんつう邦題なん?!

本当のタイトルは、『パット・メセニー・グループ』なんだけどね・・。
このアルバムの1曲目が「San Lorenzo」ってタイトルなんだけど、それに「想い出のサン・ロレンツォ」という邦題がつけられ、ついでに、アルバムタイトルまでもが、それになってる、みたいな?

なんで、「想い出の」なんだろう・・。
f0207134_5155116.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-05-10 05:17 | MUSIC | Comments(0)
<< Wの悲劇 DIESELでお買い物 >>