久しぶりのおじさん

日曜、久しぶりに、めいとおい(姉が産んだふたりの子)に会った。
めいは、今月、小学校に入学、おいは、1才3ヶ月。

おいに会うのは、ちょうど1年ぶり。
めいは、それ以上ぶり。

前回、おいは、産まれたてで、頭蓋骨がまだ固まっていない、とか、そんなときだった。
それが、今回は、ちゃんとした人間になってて、もう歩き回ってる。
言葉のようなものをたまに言ったりするのも、かわいいし、見ていてあきない。

めいは、すっかりお姉さんきどり。
どうしても、みんなが弟のほうを注目しがちなので、なんとかして、自分のほうを見てほしいって、がんばってるのが見え見え。
たまに、弟を高く抱っこしたりしてるけど、抱っこしたいんじゃなくて、それって、みんなの気をひきたいだけよね?

めいは、体がとても大きい。
なんと、4年生くらいの体格なんだとか。
今月入学した新1年生、男女合わせて、いちばん身長が大きいんだって!
学年全員で、よ!
たしかに、まだ6才なのに、もう、ひざの上に乗せる、なんてのは、ちょっとしずらい体格なのであった。

とくしまマラソンのあと、実家に寄って夕食をいただいたんだけど、そこに、姉とふたりの子どもがやって来た、って感じ。
自分の孫と接している両親を見るのも、なんとも不思議な気分。

次は、1年後といわず、もっとひんぱんに、この子たちと会うようにしよう、って思った。
f0207134_16163893.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-04-26 16:16 | こんな週末 | Comments(0)
<< 悲劇、猛アッピール 灰色の震え >>