南珈琲店にて・・

日曜日、アルファあなぶきホールで、関西学院グリークラブの公演を観たあと、街に歩いて戻った。
友人と会って、談笑する約束をしてた。

いつものスターバックスが満席だったので、南珈琲店に行くことに。
ここも、お客さんが多かった。

奥の、大きなテーブル席が空いて、僕と友人が座った。
テーブルの端には、ひとりのおばさんが座ってる。

さっき観てきた、合唱の演奏会のパンフを友達に見せたりしながらはなしてたら、テーブルの端のおばさんが、話しかけてきた。
確か、「声楽をやってるんですか?」だったと思う・・。

なんでも、彼女は、岡本知高(おかもと ともたか)の大ファンらしい。
ちらしとか持ってて、見せてくれた。
で、なんとなく、岡本知高のはなしを3人で始めたんだけど・・。
ここからが長かった。

彼女のひとり語りが始まった。
岡本知高の高知県での出生から始まり、声楽との出会い、海外へ、とか、ずっとずっとそのはなしが続いて。
いかに彼の歌がすばらしいか、公演がすばらしいか。
はなしが終わらない・・。

はなしながら、彼女、ずっとかばんをがさごそしてて、なにかと思ったら、小さな透明のクリアファイルみたいなのを出してきた。
ジップロックみたいな、ファスナーみたいなのがついてるやつ。
よく見ると、彼女の保険証が入ってるのが見えるんだけど・・。

そこから出してきたのは、知高と彼女の2ショット写真。
いつもは彼は、写真とかとるのはNGらしいから、これは貴重な写真なのだとか。
知高のサインも書かれてた。

・・みたいな感じのトークが、50分くらい続いた感じ。
僕のアイスキャフェオレは、とっくに飲み干され、氷がとけてる。
友達なんて、テーブルに隠れて、おばさんのはなしが長い、なんて、トゥイートしてやがるし!

長い長いはなしが終わって、気が済んだのか、おばさんは荷物をかばんにしまって、お店を出て行った。
僕と友人、ぐったり・・。
僕も友人も、音楽は好きだから、彼女の話の内容自体は楽しかったんだけどね・・、あまりに語られまくられて、パワーを失ってしまった。
きっと彼女は、いつも南珈琲店のあの席で、獲物が来るのを待ってるに違いない・・、知高のはなしをしまくるために・・。

でも、南珈琲店を出たあと、YAMAHAに寄ったんだけど、2人してまっさきに向かったのが、知高のCDコーナーだったりして。
ちょ! しっかり、あのおばさんに洗脳されつつある! みたいな。

知高の笑顔が、脳裏からはなれない・・。
f0207134_4362465.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-03-22 04:36 | MUSIC | Comments(0)
<< マテ茶をいただきました 30th Party >>