30th Party

昨日も、友人4人でカラオケに行って、僕が1曲目に小泉今日子を歌うと、結局、4人連続で小泉今日子が歌われちゃったり。
やっぱ、小泉今日子って、スーパーアイドルだな、なんて、再確認。

そんな小泉今日子が、今日で、デビュー30年。
記念の日。
16歳のときデビュー。

僕は、彼女とは、学年で10年年下。
6歳で、このデビューの数日後に、小学校に入学してる。

アイドルって・・。
僕は、アイドルは好きだったけど、そんな、大好きになったアイドルっていないし、小泉今日子のことだって、大大大ファンだったかというと、そんなことはない。
レコードを幾枚か買ったことがあったり、映画を観てたり。

アイドルって、所詮、作り物で、所詮、虚像の世界のもので、って思ってる。
実体なんてない、というか。
キョンキョンって、アイドルがそんなであることを、平然とやってのけてるっていうか。
うまく言えないんだけど、ちょっと、やる気がなさげというか。
そんなところが好きだった。

あと、僕がアイドルでいちばんドキドキして興奮してしまってたのは、大企業のCMに抜擢されるときだった。
キョンキョンで、いちばん印象に残ってるのって、テレビコマーシャルだったかもしれないな。
三菱電機だったりJRだったり資生堂だったりキリンだったり・・。
クノールカップスープとか、長くキャラクターをつとめてるのも、多かった。
中学校のときしてた、かぜ薬のも好きだった。
ホンダのバイクのも好きだった。
次は、どんなことをやらかしてくれるの? って驚き。

つい最近、富士フィルムの化粧品のCMで、キョンキョンが松田聖子と共演! なんて、話題になった。
僕は、聖子との共演のことより、「え?! 資生堂との契約は終わったの?」ってショックのほうが大きかった。
大昔から、資生堂のCMにずっと出てたでしょう?
20年以上。
すごい好きだったから。

なんか、こんな長い間、ずっといつもいる、っていう、安定感、っていうか。
マニアックなはなしになるけど、レコード会社や所属事務所が、30年ずっと一緒とか。
迷走とか、紆余曲折とか、そういうのがないところも好き。
結婚、そして離婚、なんてのがあったけど、なんでか、タレントイメージが悪くなってないし。
少しずつ年をとっていってて、オバサンになっていってて、そんな自分を存分に発揮している。

僕の生活と女性アイドルを比べるのって、馬鹿馬鹿しいけど、なんか、こういう安定感って、すごくまねしたい。
芸能界がどんなところなのか知らないけど、キョンキョンって、すごくがまん強い人なのかな?
ぶれがないというか、ゆるぎないというか。

あ、ところで、今年の夏に、コンサートをするんだって。
東京、名古屋、大阪で。
今日、知った。
大阪公演、行く気まんまん。
f0207134_3594770.jpg

[PR]
by ishokuju | 2012-03-22 04:04 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 南珈琲店にて・・ 50th Party >>