「なんとなく」がいいのに・・(ドラマの再放送)

夕方、「きらきらひかる」の再放送を見る。
最終回。
松雪泰子が死にかけるところで、また涙を流す。
(涙もろい・・)


ドラマの最後のほう、テロップが入って、目を疑う。
明日からの再放送、「この世の果て」が始まります、だって。
Woo...Wow!!!!


「この世の果て」は、おいらが、大大大好きなドラマなのだ。
1994年1~3月、放送。

ねえねえ、数あるドラマの中で、なぜに、このドラマが再放送されるんだろうか。
主演は、いまや引退した鈴木保奈美よ?
それに、この時期のドラマは、内容が過激なものが多くて、結構ひやひやするんだけども・・。


あぁ・・、夕方の再放送ドラマなんて、「なんとなく」見るものなのに・・。
明日から、予約しちまいそうだよ・・。
めったに見られないドラマだからね。
ま、2週間くらい、短期集中で「この世の果て」の世界にどっぷり浸ろうっと。


(「きらきらひかる」と「この世の果て」は、どちらも、僕の生活の節目にやってたドラマです。
「この世の果て」が終わった1994年3月に、それまで生まれ育った徳島を離れてるし、「きらきらひかる」が終わった1998年3月に、それまで学生生活を過ごした福岡を離れてる。


大阪のツヨシに、「この世の果て」が始まることを伝えた。
好きなドラマだから、始まるのがうれしい、って。
ツヨシは、「親愛なる者へ」が見たい、って。
昔から言ってる。
でも、出演者の権利(?)の関係で、どうしても再放送もソフト化もされないんだと。
つまり、中島みゆきのせいらしい。
そのことで、ツヨシは中島みゆきをうらんでるみたい。

ツヨシとは同級生、こういう、ミドルティーンのころのはなしをできるのがうれしい。)
[PR]
by ishokuju | 2008-10-24 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 『メゾン・ド・ヒミコ』 50円が憎い >>