「異人たちとの夏」

昨夜は、20時にはテレビを消して、ベッドに入り、「異人たちとの夏」を読み進めた。
物語に没頭したなあ。
こんなの久しぶり。
なんか、最近、読み始めてしまったんだから、意地でも読破しないと、みたいな義務感で本を読んでいることが多かったから。
「異人たちとの夏」は、読んでいる間、時間を忘れているし、いつまでも終わってほしくないなあ、って気分。

朝は、4時過ぎに目が覚めた。
ベッドの中でうだうだ、気持ちのいい時間を過ごし、5時に起床。
朝食をとるため、外に出る。
だいたい、暑くなくなったから、こんな気持ちがいいのだと思う。
暑くも寒くもない、ずっとこんな気候だといいのに。
空は、ASAYAKE、うろこ雲、そういや、うろこ雲って秋の季語ってえのを、去年知った。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-16 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 毛布 新しい友達 >>