無印良品、楽しい

たまに無印良品に行くと、これを考えた人って絶対天才! って思うようなものが売られていることがあるなあ・・。
感心を通り越して、感動すら覚える、みたいな。
(どんな商品か、って書くのめんどうだから略)

こんなモン、いらんわ、みたいなものだって売られているけどね。

昨日は、車で出勤していたので、帰り、ゆめタウン高松へ寄って。
マクドで月見バーガー食って、無印良品で買い物をしたぞ。
(なにを買ったかは秘密)
りょーたのお店のエリアも、リニュが完了しててきれいになってた。
2階の本屋へ寄って、帰ってきた。

本屋でさあ、雑誌コーナー、ナチュラル生活、みたいなのを提唱してる雑誌、多くないすか、最近。
ああゆう雑誌、確かに、読んでて気持ちいい。
こう、心が洗われるような気がすんだよなー。

でも、ああいう雑誌を買ったところで、ああいう雑誌に出ているような生活に近づけるわけではないよな、みたいな。
むしろ、意識の問題であって、雑誌とか買ってる場合ではないぞ、みたいな。


いきなり話は変わるけど、昨日の無印良品で、「洗濯板」が売られているのに感動した。
ゴムっぽい素材のもの、薄くて小さくて、携帯にも便利。
旅にも持ってける。
手洗いをよくする人は、持ってたほうが絶対いい!
ちょっとほしくなった。

あと、また話は変わるけど、僕が今、やかんを新調したいと思ってる、って、ここに書いたっけ?
無印良品は、サイズ違いのやかんが売られてて。
小さいサイズのとか、いいなあ、なんて思った。
一応、今んとこ、柳宗理(やなぎそうり)のものに買い換えるつもりでいるんですけど。
[PR]
by ishokuju | 2008-09-05 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< まだ暑い 「ギブス」 >>