店の名はグレコ

誰しも、“カフェテリア グレコ”の前を通るたび、あの独特な雰囲気、気になってしかたがないんじゃないかしら・・。
僕だって、この10年と少しのあいだ、気になって気になって気になって、そして、いつも素通りしてた。
それが、昨日よ、ひょん(Hyon!)なことから、ついに、グレコに潜入してしまったのだった。



昨日は、珍しく、商店街をふらふら歩いてて。
食事のあと、コーヒーでも、ってことになったのだけれど、意外と、商店街のキャフェって、知らないなあ、ってことになって。
スターバックス、ドトールコーヒーみたいなチェーン店をのぞいて、知ってるのって、南珈琲店とくつわ堂2階の喫茶室くらいのものなのよ。

ああ、グレコがある、って気づいて・・。
ついについに、その扉を開いちまったというわけさ・・。


店の中に入ると、やはり興奮しちゃって、もちろんこういうことは、まずアイさんにMailで報告。

『今?
 カフェグレコに初めて来てる!
 田町の』(原文のまま)


アイさんから返信。

『グレコ!
 商店街の遺産のひとつだわ

 あたい?

 喫茶ふたみに来ているわ

 きょう
 サンクリスタルに
 いとうせいこう来てたらしい

 今年も終りね』(原文のまま)




グレコ店内では、連れと、幾枚も写真を撮った。
ケータイで、そして、心のフィルムにも焼いて。

創業30年、みたいな看板が表にかかげられてるけれども、その看板だって、いつからかかげているのかしらん、みたいな。
でも、お客さんは多い、長く続くのにはちゃあんと理由があるんですね。


数あるキャフェの中で、・・グレコ、また好きなキャフェができてしまいました。
たとえ、もう2度と行くことがない、としても。


(グレコのあとはね、百貨店の催し物会場でやってる北海道展に行ったぞっ)
[PR]
by ishokuju | 2008-11-09 00:00 | こんな週末 | Comments(0)
<< しゃぶしゃぶを食いに行った 吉行和子とハイティーン・ケイイチロウ >>