「哀しみを下さい」

松任谷由実の「哀しみを下さい」っていう歌がすごい好きで、この曲だけを、アイポッドに入れて、繰り返し聴いてる。

さみだれ、って言葉が歌詞に出てくるんだけど、漢字で書くと「五月雨」、あら、今の季節の歌なのかしらん?
奇遇。

なんか、こんなに、ある1曲ばかりを、繰り返し聴いたのって、久しぶりだな。


この曲、『アケイシャ』っていう、アルバムに収録されている。
2001年の初夏に発売された。

2001年の5月、GW、大阪の、確かバナナホールだったと思うけれど、イヴェに遊びに行ってた。
ねるとんがあって、まあ、一応、受付でもらった番号を、みんな体につけてた。

特に、いいなあ、って思う人もいず。
でも、まあ、って感じで、目の前にいた、なんとなく、いい感じの人の番号を書いて出したのだった。

その日の明け方、堂山の通りで、とりあえずひと目だけ、その人に会った。
カードを出した者です~、って感じで。

その人の名前は、“R”。

僕は、高松に戻り、“R”と、なんとなくMailを続けた。
歌手とか、誰が好き? って、“R”にたずねた。

「ユーミンが一番好きやけど、椎名林檎やMisiaも聴くよ」
って返信。
ユーミンが好きっていうのを、恥ずかしくて隠したいような答え方だった。
(このMailって、今も忘れられない)

Wow! ユーミンが好きなんだ!
そこで、ふたりは、急に意気投合した。

すぐに、また、大阪に行って・・。
“R”の部屋に泊まって、結ばれた。
なんとなく、付き合いだした、みたいな雰囲気だったな。

(このときの大阪は、初めての大貫妙子のライヴを観る、っていうのが一番の目的だったのに、“R”に会うことがすっかりメインになってしまったのだった)

大阪で、“R”としゃべりながら街を歩いたりしたこと、よく覚えてる。
今度のユーミンのアルバム、アルバムタイトルは『アケイシャ』、でも、タイトル曲は、同じつづりだけど「アカシア」、なんて、得意気に言い合ってた。

『アケイシャ』のなかでは、“R”は、「哀しみを下さい」と「ミッドナイト ラン」が好きだって言ってたな・・。

6月、社員旅行でハワイへ飛んだ。
ステイしたホテル、MDで、このアルバムの「サマー ジャンクション」「幸せになるために」なんかを、幾度もリピートさせた。
大阪の“R”へ、あらかじめ作っていたオリジナルMDをハワイからエアメイルで出したりした。
“R”へお土産も買った。

日本にいない間、毎日1通でいいから、Mailを出してね、なんてお願いをしたなあ。

帰国して、すぐに大阪に向かって、“R”にハワイ土産を渡した。
そのときのうれしそうな顔は本当の笑顔で、忘れられない。
そのころ、すでに、ふたりの間の空気は冷えてきていた。
いや、僕は冷えていない、“R”が、もうその気がない、って感じだった。
ハワイに行く前から、それに気づいていたっけ・・。

7月に入って、また大阪に行った。
仕事が忙しいとかで、会えなかった・・。
事情を知ってるツヨシが、一緒にいてくれた。
僕が大阪に来ているのに、仕事で会えない、それに対して「ごめんな」のひとことのMailですまされてしまった・・・。
つまり、もう終わってしまったのだ。

ツヨシと、『ハムナプトラ2』って映画を観た。
全然楽しくなかった。

この夏は、その失恋で、沈んでいた・・んだっけ。
ひとりで出かけた屋島で、横にいたふたり組みから声をかけられた。
これが、大介との出会い。

愛媛の大介と友達になって、この夏のユーミンの「アケイシャ ツアー」を一緒に観たりした。
大阪城ホール。
“R”も、きっと同じ会場にいるんだなあ、と思った。

大介の人生は、あの夏の日に、屋島で僕と知り合ったことで、変わった。
あんな、なんでもない出会いが、人の生き方を変えてしまうことがあるだなんて・・。
僕が、大介から「産みの親」と呼ばれるのには、こういう理由があるのだ。

今、大介は、東京で暮らしている。

“R”には、もうあれ以来、連絡をしていない・・・・。
というのはウソで、昨日もMailした。

サザン、活動休止だって~、って。
“R”は、サザンも大好きだから。
[PR]
by ishokuju | 2008-05-24 00:00 | MUSIC | Comments(0)
<< 寄贈・・ 格闘の夜 >>