格闘の夜

こないだねー・・。
超ショッキングな出来事があったんだ・・。


それは、部屋に、ごきぶりが出たんだ。
かなりショックだった。

今の部屋に住みだして、5年。
初めてだった。

ここ、新築なのに・・、なんて言っても、ああ、もう5年も住んでいるんだった。
住んでると、新築、なんて意識が、そのまま残っちゃいますな。

その日は、朝に使った食器、流しのところに、水を張ったまま置いていた、それが原因かしらん・・。
会社から帰ってくると、流しのところに、ごきぶりがいた。

僕は、虫が、超超・きらい。
ごきぶりは、最もきらい。

殺虫スプレィがあるの、ごきぶりめがけ、噴射した。
1缶の半分くらい、使ったわ・・。
そして、無事、殺した。


だが、それから・・・。
そこから、僕、なにもできない。

死んだごきぶりでさえ、どうすることもできないのだ。

ティシューでくるんで、トイレにでも流せば、なんて、あなたはお思いでしょう。
でも、それが、できない。

できない・・できない・・、そのまま、2時間くらい、経過した。
途中、疲れて、オナニィとかして、気分転換したりも、した。

だいたい、コンタクトを入れたままで、ごきぶりがクリァに見えすぎる、ってことで、裸眼になってみたり。
でも・・、ごきぶりに近づけない・・。


そんで、・・僕ったら・・。
なんと、コヲヂにMailした。
もし、高松にいたら、部屋に来てもらって、ごきぶりを始末してもらおうかと・・。

いや、ごきぶりの始末のためだけに、友人を部屋に呼ぶ、なんて、失礼だって、わかってるのよ。
でも、もう、だめだと思ったの。
コヲヂしかいない・・・・・。

でも、コヲヂはつかまらなかった。
困った・・・。

苦しみに苦しみぬいて、ぞうきんを使い、ごきぶりをつかみ、玄関から外に放り投げることにした。
勇気がいった、でも、実行した。

どれくらい時間がたったかしら・・・・。


すべてが終わってから、コヲヂに、謝罪の電話をした。
本当にごめんなさい。
なんて。
[PR]
by ishokuju | 2008-05-23 00:00 | Comments(0)
<< 「哀しみを下さい」 NHK、受信料 >>