助手席のユーコ<後編>

(前編からのつづき)

いや、別に、優子目当てで買ったのでは、決して、ない。
坂本冬美とジェロの対談が目当てでもないわ。

この号の特集、『捨てて始まる、新しい私』にひかれて、買ったものよ。


僕も、以前、そうじ力ブームにのっかって、部屋のありとあらゆるモノを捨てまくって。
で、ブームは去った。
去らざるをえなくなった。

だって、もう、捨てるものがなくなってきたんですもの。

部屋にあったテーブルまで捨てちゃって。
そうじがしやすいったら、ありゃあしない。

ゴールデン・ウィーク、大阪府の友人・ツヨシが久しぶりに部屋に遊びに来てたけど、来るの久しぶりで、部屋のすっきりし具合に、驚いてた。
引越ししてきたてみたい、って。
あの、大きい黒の革のソファも、もうなくなってるもんね。

(ソファを買うとき、一緒にお店に見に行ったのはツヨシだったなあ、そういえば)


そんで、婦人公論なんだけど、おもしろいんだよねー。
こういう女性誌、特に、年齢層高めのものは、やっぱりおもしろい。
[PR]
by ishokuju | 2008-05-15 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 女を買いに行きましょう 助手席のユーコ<前編> >>