助手席のユーコ<前編>

こないだ、シマの友人と、“D”へ、ランチを食いに行ったときのこと。


車をとめ、外に出ると、横に、赤い車がとまっておった。
ふと、中をのぞくと、助手席に、平井堅が!

平井堅の、出たばかりの最新アルバム『フェイキン ポップ』のCDが、助手席に置かれていたのだ。
あの、かわいいかわいい笑顔のジャケットのやつね。

今聴いているCDのケースを、助手席にほおり出している、っていうのではなく、助手席のリクライニング・シートに、ちゃあんと立てかけて置かれていて。
明らかに、駐車しているあいだ、車内をのぞかれることを意識してる!
よっぽど平井堅が好きなのかな、と、シマの友人と、ほっこりしてしまった。

CDを聴きながら、一緒に堅とドライヴしている気分にひたっているのだろうか、なんて。


今、僕の銀ポロの助手席には、ユーコを乗せてるわよ。
安藤優子・・・。

こないだ、彼女が表紙の婦人公論なんて買っちまったからよ。

(後編へつづく)
[PR]
by ishokuju | 2008-05-14 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 助手席のユーコ<後編> 200円の音の買いもの >>