絶叫の夜

土曜日、夜。
岡山県からやってきていた友人ふたり(ひとりは初対面)と、会った。

一鶴(いっかく)で飯を食って、アンプレイスへ飲みに行った。
そこで、みのると合流。

岡山のふたりとみのる、4人で、ブレイクスルーへ移動。
例のごとく、飲み食い。

夜もふけ、そろそろ解散しようかということになる。
最後、みのると、「最後の春休み」を歌うことにする。
大昔の、松任谷由実の歌のカヴァ。

学校も春休みに入っているんだけど、忘れたものを取りに学校へ行く、という内容のもの。
好きだった人の机で、うっとり、頬ずえをついてみたり。


で、歌が始まったんだけど、ふたりとも、キーが全然合わない。
歌いづらい!

結局、ふたりとも気がふれたように、椎名林檎ばりの金切り声で歌いきる。
爆笑。
この歌の主人公は、絶対、最後の春休みに、校舎に放火してる。
尾崎豊も真っ青ね。

眠気も一気に吹き飛んだわ。
[PR]
by ishokuju | 2008-04-21 00:00 | こんな週末 | Comments(0)
<< インド料理/中央公園/ドトール... 岡山からやって来たふたり >>