ひとりの土曜の夜

目覚めたときは、とっくに夜で、暗かった。


近所のマクドナルドで軽食を食う。
今週のマクドのケータイ・クーポン、ビッグマックが200円、サンデーが150円っていうのがあったから、その2つをオーダー。

レジで、前にはジャージ、金髪みたいな、だらっとしたヤンキー風の6人組が。
たいてい、こういう連中は店内で大声でわめいたりすることが多いけど、彼らは全員手話で話しているので、無音だった。

新聞を読みながら、ビッグマックを食う。
テレビ欄、今夜の土曜ワイド劇場に、島田陽子が出ている!
陽子!
彼女、名前、もとの漢字に戻したんだ・・。
テレビ欄を写真にとって、哲也に送って報告する。

テレビ欄の下に、メグミルクの広告、それは、ツヨシに送る。
トキオの城島がうつっているもの。
最近、日清オイリオのCMで彼が女装してて、ツヨシとは、ちょっとした城島ブームなのだ。

ビッグマック、サンデーまで食って、新聞を見てぼーっとして、席を立つ。
壁の向こうで、さっきのヤンキー風手話グループは盛り上がってる。
どんなにさわいでても、音声がない。

マクドを出て、21時過ぎ、そのままうっかり、ドライヴをしてしまう。
コーヒーとか買ったりして、気づけば1時間、ドライヴ。

こないだ買った、五木寛之の本の影響で、ちょっとだけ荒い運転をしてみる。
荒い、ったって、角を曲がるときに、あんまり減速せずにブォーンと曲がる、とか、普段出さないような、時速65キロを出してみるとか、そんなレヴェルだけど・・。

(夜勤の週は、18時から仕事なんだけど、最近、17時くらいに職場に着いて、コーヒー飲みながら車の中で本を読んでる。
こういうの、夏じゃ暑いし冬は寒くて暗いし、この季節しかできないこと)

ドライヴを終え、帰宅、スマステイション(?)っていう番組を見て、そのあと、『ジョゼと虎と魚たち』のDVDを観る。



私信:哲也へ
島田陽子、犯人じゃなかったみたいよ。
弁護士だか裁判官だか、そんなお堅い役どころ。
[PR]
by ishokuju | 2008-04-13 00:00 | ちょっと聞いて | Comments(0)
<< 陽子と僕の20年 バトルロワイアル、その他のDVD >>