「タワー・サイド・メモリー」

今?
花ホテル。
神戸にある、さびれたホテルに、久しぶりにスティしてる。



ユーミンのライヴ、神戸公演に行ってきたよ。
だいぶ前に、高知のゆりみんがチケットをゲットしてくれてたやつ。
今回が、初めてのユーミンライヴっていう、香川の友達を連れて。

こくさいホールって、初めて行ったけど、こじんまりとした、いいホール。
2階席の最前列という、恵まれた席だった。


今回のツァーのステージは3度目で、曲目とかは知ってたんだけど、6月以来3か月ぶりだし、席もいいしで、かなり楽しめた。


神戸でユーミンのライヴを観るのは、1996年6月以来、15年ぶり。
前回同様、神戸のご当地ソングの「タワー・サイド・メモリー」を最後に歌ってくれた。


今から30年前、1981年に、神戸でポートピアって博覧会があったらしい。
僕は、まだ5歳とかで、お土産をもらった、とか、そんなかすかな記憶。
「タワー・サイド・メモリー」は、その年の曲。
舞台は神戸で、歌詞にポートピアが出てきたりする。

15年前に聴いた「タワー・サイド・メモリー」は、客にマイクを向けたりするノリのいい感じだったんだけど、今日のアレンジは、ぐっと渋くて、一気に涙がこぼれた。
オリジナルが、今年の恋を思い出してる歌だとすれば...、今日聴いたのは、ほんとに30年前の出来事を思い出しながら、うわごとみたく口ずさんでるような。
ほんと、遠いむかしの失恋を、ぼんやり思い出してるような感じだった。
生々しい傷の痛みじゃなくて、その痛みを懐かしんでる。

この歌に出てくる「あの娘」が20歳だったなら、今、50歳かあ、そんな時の流れをじっくり感じさせるアレンジだったのよ。
そして、そんなアレンジに、今のユーミンの声がすごく似合う。



先週も、別のライヴを観るために神戸にいた。
で、初めて、ポートタワーに行ったんだよ。
今まで、遠くからしか見たことがなかったから、タワーサイドに行ってみたくて。
歌詞では、タワーサイドからポートライナーが走ってるのを見てたりする。
先週、行っておいてよかった!



なんか、言葉にすればするほど、今日の感動から遠のいちゃいそうになるんだけど、でも、なんとか、鮮明なうちに文章にできてよかった。
ぶっちゃけ、今思い出しても、涙ぐみそうになる。
もうオリジナルの「タワー・サイド・メモリー」が聴けなくなりそう。



ゆうべは、早々と爆睡しちまって、こんな早朝に起きてる。
早朝散歩でもしようかしら...、新神戸駅の方か、タワーサイドの方か。



さびれたホテルから。
[PR]
by ishokuju | 2011-09-19 04:48
<< 台風と海沿いのホール ミリヤちゃんの声 >>