いくつかの物語

日曜日。
夜勤明け。
11時前に目が覚める。

突如、『北の国から '84夏』を観る。
'83冬より、さらに感動しちまう・・。
出演している子役、だんだん大きくなる。

13時から、松任谷由実のレイディオ番組を聴く。
山咲トオル、ゲスト。
そうとう興味深い内容だった。
彼は、好きなことは好きってもちろん言うけど、なんでもかんでもは好きとは言わない、そういう感じの人だ。
相手が松任谷由実だろうと、媚びてない感じ。
こういう人をもっとゲストに呼んでもらいたいと思う。

14時から、昨夜の読書の続き。
“シックスティナイン”。
15時半ごろ、読了。
ゆうべは職場で、“ロッテ ラミー チョコレート”とブラックの缶コーヒーとで、3分の2くらい読み進めてた。
猛烈なスピード。
15年くらい読み返してる小説。

この本とか、“ひざまずいて足をお舐め”とか、宮本輝とか、いろいろ、15年くらい(高校2年とかから)幾度も読み返してる本、幾冊かあるけど、もうこれって、読書っていうより、なんていうんだろう、本の内容で忘れかけてる部分をとどめておくために記憶を修復している、っていうか。
なんか、確認作業に近いものがある気がする。
なかなか新しい本に手が出せないなあ・・。

カーテンをあけて、ぽかぽかお日さまの中、『北の国から'84夏』と"シックスティナイン"の2つの物語の余韻にひたる。

16時、中央公園前で哲也クンをひらう。
先週、ジーファクで買い物しまくってたけど、それらの衣装を身につけている。

そもそも、夜から映画を観よう、ってことで会ってるんだけど、諸事情が、その予定をキャンセルさせた。
まあいいわ。
映画へいざなったのも、思いつきだし、今の僕は『北の国から』と“シックスティナイン”で頭がいっぱいだし。
ぐり~んはうす、へ、久しぶりに行って、飯食う。
なにかと、うだうだ長話、その後、サザエさんとかうちで観て、港へ送る。
車でテレサ・テンなどを聴く。
(♪あなたをこれ以上愛するなんて私にはできない、って、すごいこと言うねえ、とか言いながら。でもタイトルは「別れの予感」、ちゃんと歌詞をかみしめてみたい。テンが歌い終わったあと、なにげなく♪私には~できない~~、って僕が歌うと、それがテンにそっくりだったらしく、2人でゲラゲラ爆笑)

今週末、大阪、翌週、岡山、みたいな予定っぽい。
適当にやりすごそうっと。
[PR]
by ishokuju | 2007-10-22 00:00 | こんな週末 | Comments(0)
<< ケータイを持つ ありがとう >>